航空機部品共同受注グループ
ウイングウィン岡山
財団法人 岡山県産業振興財団
2011年10月
1.ウイングウィン岡山の概要
グループ名
: ウイングウィン岡山
設立
: 2004年10月28日
参加企業
: 岡山県内で高度な技術力を所有し、
航空機部品の開発・生産で
顧客に貢献できる34企業
事務局
: (財)岡山県産業振興財団内
TEL 086-286-9670
ホームページ
http://www.optic.or.jp
2.なぜ航空機か
(1)今後20年の航空機需要予測(2005年予測)
今後20年で25000機の需要(約2兆ドル)
1.超 小 型 機
: 17%( 4290機)
2.小型機(1列通路) : 59%(14770機)
3.中型機(2列通路) : 21%( 5150機)
4.大 型 機
:
3%(
790機)
(2)B767・B777の日本メーカー分担図
業務占有率:15%
業務占有率:21%
(3)B787の日本メーカー分担図
業務占有率:35%
川崎重工
富士重工
三菱重工
ボーイング社
日本
ボート/アレニア
その他
35%
35%
26%
4%
B787
ボーイング社提供
(4)三菱重工・国産旅客機計画
MRJ
三菱重工 MRJ(三菱リージョナルジェット)資料より
4.ウイングウィン岡山の連携体制
県内保有技術トップクラスの中小企業による独自技術分担
精密
切削
企業
大物
切削
企業
熱処理
企業
表面処理
企業
アルミ
ダイカスト
企業
材料開
発企業
組立
企業
航空機
ユニット部品
国内外大手航空機部品メーカー
治具
製作
企業
5.ウイングウィン岡山の連携体制(現状)
D社
航空機用
治具
航空機
機体部品
エンジン部品
A社受注
B社受注
C社受注
F社
G社
H社
I社
航空機
J社
K社
L社
M社
問題点:航空機部品に対応可能な表面処理、熱処理関連企業が岡山県内には、ない。広域連携が必要
である。(Nad Cap等所有企業)
6.取り組み(具体的な事業内容)
1.技術交流会の開催
航空機部品関連の専門家、大学教授等を交えた技術研修
2.航空機メーカーでの現場技術研修会の実施
国内外航空機部品メーカー等
3.航空機部品に対応可能な加工技術力の向上のための分科会活動の実施
PMA市場分科会・精密加工分科会・治具製作分科会・研究開発分科会
4.新市場開拓の推進
技術シーズの発掘と企業PRを行うための販路開拓
5.他県の航空機関連支援機関との広域的連携の促進
他県航空機産業を支援している機関との連携
6.航空機専門展示商談会の実施
航空機部品に特化した全国でも例のない岡山県航空機加工技術展示商談会の実施
7.参加企業ガイドブック、CD-ROM等による技術のPR
国内外大手航空機部品メーカーへの県内航空機関連技術のPRの推進
8.業界紙、専門誌への掲載によるPR
航空機業界紙・専門誌(海外含む)への掲載による航空機関連技術のPR
9.その他事業
県内航空機産業の創出に貢献できる各種事業
7.今後の展開
1.航空機体部品・エンジン部品・装備品の加工部品の受注獲得
高精度・高性能・高付加価値部品の提供、提案営業の強化、JISQ9100の認証取得の推進
2.航空機用治工具設計・製作及び周辺機材の受注獲得
航空機用部品組立装置、各種治具の設計・製作、金型及び維持整備用機材
3.航空機搭載部品・装備品の開発部品の提供
航空機部品に関する独自技術を生かした開発部品の提案
機体・エンジン会社
装備品メーカー
エアラインなど
との協力関係構築
4.PMA部品市場への進出
・エンジン関連修理部品 ・ラインメンテナンス関連
・装備品修理関連 ・機体の重装備関連 ・改造関連
5.大手航空機メーカーの求める一貫受注体制の構築
・川崎重工業(株)等への共同受注体制の提案営業
6.将来のターゲット分野
・大型3軸/5軸NC高精度・高効率機械加工設備・加工技術
・難削材の切削設備・加工技術 ・複合材の加工設備・加工技術
ターゲット絞込み
8.今後の航空機産業への取り組み
① 他地域との差別化(優位性)
② 航空機部品の国内外の販路開拓の推進
③ 航空機品質規格JISQ9100の取得の支援
④ 航空宇宙生産技術中核人材の育成
⑤ 航空機加工技術の他産業への波及
⑥ 航空機部品の研究開発の推進(PMA部品等)
⑦ 長期ビジョンの策定
ダウンロード

wing-win(紹介資料)