多国籍企業論:April 29, 2013
多国籍企業の新たな特質と
メタナショナル戦略
21世紀型企業の競争優位 2
1
グローバリゼーションと競争優位性
多国籍企業の国際的競争優位性(国際競争力)
の源泉?

本社国籍の従業員だけが、また特定の民族だけがい
くら頑張っても生き残れない時代 (2)
グローバリゼーションによる競争環境の国際化


グローバルな人的資源の活用システム
= 多様な国籍・文化を背景とする従業員の
「多文化マネジメント・システム」の構築
2
多国籍企業と
メタナショナル(Meta-National)戦略
- Management Style in 21st Century -
3
メタナショナル戦略と競争力
メタナショナル化と異文化マネジメント
1
2
スポーツ・ビジネスにみる
国際競争優位とMeta-National化
国際競争優位性と
異文化マネジメント能力
4
Foreign MLB Players
(Major League Players Born outside of the US)


1993 : 15.8%
1998 : 20.3%

2001 : 25.3%
2004 : 27.3%

2008 :

2010 : 27.7%

2012 : 36.8%

28.7%
2007
Play Off : 8 Teams
Players: 200
Foreign Players: 66
= 33%
Nationalities: 13
5
Major League Players by
Nationalities (2012年4月現在)









USA
Re.Dominica
Venezuela
Puerto Rico
Cuba
Canada
Mexico
Japan
Australia
485
68
49
32
28
25
18
16
14








Panama
Columbia
Nicaragua
Taiwan
CURACAO
Korea
Nether Ladns
Italy
10
6
5
4
4
1
1
1
282/767=36.8%
Minor League
Foreign Players (Born outside the US)




2005 : 45.1%
2008 : 46.2%
2009: 47.8%
2012:
46.5%
外国籍選手比率(2012年)=
(3,382名) / マイナー計(7,278名)
7
MLB (Major League Baseball)

New York ヤンキーズは
なぜ強い?
8
1998年
N.Y. Yankees
投手成績
9
D. Cone
W 20
D. Wells
18
A. Petite
16
H. Irabu
13
O. Hernandes
12
R. Mendoza
10
R. Lloyd
3
M. Libera
3
L 7
4
11
9
4
2
0
36 セーブ
10
D. Cone
USA
D. Wells
USA
A. Petite
USA
H. Irabu
Japan
O. Hernandes
Cuba
R. Mendoza
Cuba
R. Lloyd
Australia
M. Libera
J.Posada
Panama
Puerto Rico
11

Management Style in 21st Century
異文化マネジメント
イングランド・プレミアリーグのケースより
12
イングランド・プレミアリーグとは?
プレミアシップ(20チーム)
Division1(24チーム)
Division2 (24チーム)
Total 92チーム
Division3 (24チーム)
・1888年設立。世界最初のプロサッカーリーグ
・世界最高峰サッカーリーグの一つ
13
・ プレミアリーグの人材の多国籍化
・ 1995年 のボスマン判決後
EU内外国人選手登録規制の撤廃
・ 優秀な外国人選手、監督の流入
・ リーグのレベル向上、活性化
14
・外国籍選手の流入
・出身国籍の多様化
1チーム平均選手国籍数:
9.8カ国
2000~2001年
2009年5月現在:
1チーム平均 選手国籍数
12.8カ国
1チーム平均 外国籍選手 17.9名
15
国籍数 51 (2009年5月現在)
アイルランド
アルゼンチン
イスラエル
イタリア
England
ウェールズ
ウルグアイ
オーストラリア
オランダ
ガーナ
カナダ
カメルーン
グルジア
グレナダ
クロアチア
コートジボワール
コンゴ
ジャマイカ
スイス
スウェーデン
スコットランド
スペイン
スロバキア
セネガル
セルビア
チェコ
チリ
デンマーク
ドイツ
トーゴ
トルコ
ナイジェリア
New Zealand
ノルウェー
パラグアイ
ハンガリー
フィンランド
ブラジル
フランス
ブルガリア
ポーランド
ポルトガル
ホンジュラス
マリ
南アフリカ
メキシコ
モロッコ
ロシア
韓国
USA
北アイルランド
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/index.htmlより作成
16
May,2005最終順位
1
Chelsea(PORTUGAL)
74.07
2
Arsenal(FRANCE)
80.65
3
Manchester United(SCOTLAND)
55.26
4
Everton(SCOTLAND)
40.0
5
Liverpool(SPAIN)
72.97
6
Bolton Wanderes(ENG)
66.66
7
Middlesbrough(ENG)
34.38
8
Manchester City(ENG)
55.17
9
Tottenham Hotspur(HOLLAND)
57.58
10
Aston Villa(IRELAND)
47.83
11
Charlton Athletic(ENG)
39.39
12
Birmingham City(ENG)
37.03
13
Fulham(WALES)
51.42
14
Newcastle United(SCOTLAND)
38.09
15
Blackburn Rovers(WALES)
43.75
16
Portsmouth(FRANCE)
65.38
17
Wolverhampton Wanderes(ENG)
35.00
18
Crystal Palace(N IRELAND)
38.10
19
Norwich City(N IRELAND)
24.00
20
Southhampton(ENG)
42.86
Top 5= 64.59
Second 5= 52.32
Avg.=49.98
Third 5= 41.94
Bottom 5=41.07
17
プレミア・リーグ
外国籍選手比率と最終順位(May,2005)
外国人選手比率とランキング:2005/May
外国人選手比率
70
60
64.6
50
52.3
40
30
20
y = 2.875x2 - 22.465x + 84.575
10
R2 = 0.9918
41.9
41.1
Third 5
Bottom 5
0
Top 5
Second 5
18
プレミア・リーグ (May,2011)
外国籍選手比率と最終順位
70
60
66.1
50
40
30
58.8
51.4
52.8
y = -4.73x + 69.1
R2 = 0.8302
20
10
0
Top5
Second5
Third5
Bottom5
プレミア・リーグ (May,2011)
外国籍選手比率と最終順位
順位
チーム名
外国人選手比率
監督国籍
Avg.57.29%
1
マンチェスター・U
61.1%
Scotland
2
チェルシー
69.2%
Italy
3
アーセナル
82.1%
France
Best 5 AVG
4
マンチェスター・C
57.6%
Italy
66.1%
5
トッテナム
60.7%
England
6
リバプール
55.2%
Scotland
7
エバートン
59.3%
Scotland
Second 5
8
フラム
74.1%
Wales
58.8%
9
ストーク・シティ
51.8%
Wales
10
ボルトン
53.6%
Ireland
11
WBA
65.5%
England
12
ニューカッスル
45.5%
England
Third 5
13
アストン・ビラ
42.3%
France
51.40%
14
サンダーランド
33.3%
England
15
ブラックバーン
70.4%
Scotland
16
ウォルバーハンプトン
51.4%
Ireland
17
バーミンガム
54.8%
Scotland
18
ブラックプール
40.0%
England
Last 5
19
ウィガン
62.5%
Spain
52.80%
20
ウェストハム
55.3%
England
ENGLAND PREMIUR LEAGUE
年
2001
外国籍選手比率
56.0
2003
2005
2007
2008
2009
2010(May,2011)
56.8
50.0
59.1
62.7
60.5
57.3
21
競争環境がグローバルに変動する時代
国籍・文化を問わず(Meta-national),
優秀な人材を獲得し,
そして彼らの能力を最大限に発揮させる
システムの構築

異文化(多文化)管理能力
(=Cross/Trans Cultural Management &
Leadership Capability)が
競争優位の源泉

22
トップによる文化の差異の理解
(メタ認知能力)


文化的多様性の認識と
アイデンティティの尊重
理念とミッションの共有化
文化的多様性のシナジー効果を最大限に創出し、
文化的多様性のデメリットを最小限にする
ビジネス・マネジメント能力の向上に努める
23

多様な文化や考え方を尊重する理念とその共有化

スタッフが能力を最大限に発揮できる環境

多様な価値観によるシナジー効果
21世紀型 競争優位性の重要な源泉
24
参考文献

「グローバルビジネスと異文化マネジメント」
林・古井編『多国籍企業とグローバルビジネス』
(税務経理協会、第10章)

林・林ゼミ『イノベーションと異文化マネジメント』
(唯学書房、序章、2006年)

「企業は多文化マネジメントを学べ」『エコノミスト』
2008年年9月9日号, 50-54.

「知識創造と文化的多様性のマネジメント」
『異文化経営の世界』 (馬越恵美子・桑名義晴編著・異文化経営学会著、
第4章)白桃書房、2010年3月,65-93.
25
入社3年で新卒の50%が辞める
ブラック企業?
(A)
入社したくない
(B)
入社してみたい
2020年に ”H&M” を超えて
アパレル世界No.1企業?
26
ダウンロード

多国籍企業のグローバル競争優位性とメタナショナル戦略