東京 JTTC
ブルネイ合宿・遠征記
2011年11月15日(火)~27日(日)
今回の遠征は、結果と冬の大会に向けての合宿をメインに計画しました。そのため出発を11月1
5日とし6日間の合宿の後、大会に参加するものです。
11月11日(金)
結局、私の航空券は取れないことが判明し、1日早い14日出発になりました。帰国も1日遅れの
28日着です。
今回は合宿がテーマだけに練習用のボール、トレーニング器具など何時もより荷物が多くなりまし
た。全部私が持って行くことになりましたが・・・・・・
11月12日(土)
川口コーチは、健康診断の予定。
私は、救急救命の講習会に参加の予定。
選手たちは、試合や練習。
11月13日(日)
川口コーチ検査の結果異状なし、良かったね!
11月14日(月)
夕方には、映好君が東京へ、一人で成田探検の後出発に備えて、tokyo night life?
そんなわけないか!私は深夜便でシンガポールへ、みんな明日は遅れないように集合してくださ
い。第1ターミナルで待ってるから。
現在、男子は明求が本戦に、映好は予選、女子の小夏、里美は本戦にリストされています。
11月15日(火)
早朝6時にチャンギ空港に到着、そのままラウンジに入り何と2時まで熟睡、少し起きてまた5時ま
で眠る。機内で映画を2本も見てしまったのと、隣の男性客のマナーの悪さに寝付けなかったのが
原因で昼夜が逆転したよう。しかし前の座席のシートに裸足の片足を上げて、もう一方をウィンド
ウとシートの間に差し込んで寝ている姿は同じ日本人として恥ずかしい限り、途中で前の座席の
人が振り向いて注意しても反省の様子無し。「じゃあシートを倒すなよ!」とは。どんなしつけを受
けて育ったのやら・・・さすがに年の功で「止めなさいよ」と注意しても「何が?」の返事。40過ぎて
この有様に残念でとしか言えません。少し起きると焼酎のロックを注文して一気飲み、どこの会社
なのか知りたいと思うのは人情か。家電製品の市場調査や難しそうなグラフを見ていたので、日
本を代表するような企業の社員なのか?
ああ水戸黄門になりたい。
そんなこんなで寝不足でラウンジでしっかりと睡眠をとりました。
5時40分着と確認して、みんなを迎えに第1ターミナルへ。予定より10分ほど早く着いたみたい。
元気そうに現れた顔をみて一安心。
早目の夕食、遅めの昼食を、川口コーチのリクエストで《バーガーキング》に行く。
1時間ほど時間をつぶしてロイヤルブルネイにチェックイン。
寝すぎているはずなのに機内ではまたも熟睡。どうなっているんだろう?
蒸し暑さの残るブルネイに到着、当てにしていなかったホテルの迎えも来ていてチェックイン。
全員5回のフロアで良かった。これでみんなの携帯を預かっているので、いよいよ合宿遠征の始
まり。長旅の影響もありそうなので明日は8時に朝食ということで解散
11月16日(水)
朝食後にコートへ・・・9時15分
何時もの準備とラダ―トレでスタート。少し飛行機と長距離の移動の疲れが残っているようで、動
きが全体に重い、12時30分まで練習をして、午前の部終了。
シャワーをせずには次の行動ができないくらい暑い。昼食は買物と一緒にモールへ。タクシー2台
Pizza Hatts でパスタ、ピザ、サラダでランチタイム。このような昼食は2度と無いだろう。ショッピン
グセンターで水、飲み物、お菓子、ボールのかごを購入。
午後3時から練習、途中ブルネイのナショナルコーチから映好君にシングルスのマッチをリクエス
トされる。もう20年来の知り合いで日本語も少し話す面白いコーチ。子供たちのコーチへの挨拶
が印象に残った。コーチを尊敬していますと言う態度が現れた礼儀だ。
午前中の疲れも少し改善されて、笑いの出る雰囲気で厳しい練習の1日目が終了。
マッチの結果は映好君が61でした。
明日の午前に U16のリクエストが明求に、午後に映好がリクエストを受けた。イスラムの国での女
子選手は少なく小夏、里美は練習三昧。
夕食は午後8時の予定。日本では9時です。
今日はこの後ミーティングでお休みです。洗濯があるか・・・・・・
11月17日(木)
写真を UP します。
夜の ORCHID GARDEN HOTEL
人の部屋で遊ぶな・・・・・
さすが ORCHID の国・・・・フロントにて
いよいよ合宿の始まり
小夏
部屋からテニスセンターとコロシアム
映好
明求
カメラマン
里美
優しいコーチ
午後からのスコールで、練習中断、仕方なくみんなのリクエストに応えてトランプを買いに行く。
直ぐ近くの怪しいストアでB$2.5で購入。
約1時間、大富豪の川口コーチを中心にリラックス。最後は映好が大富豪!ちなみにババは小夏
でした。
4時過ぎからコートでの練習再開、男子はブルネイのジュニアとマッチ、ともに6363で勝利した。
雨上がりの中湿度も高く、珍しく蚊に刺されながら日没すぎまで練習、最後のトレーニングとストレ
ッチが終わった時には真っ暗!
今日も夕食は午後8時、全員が気に行ったロティチャナイ(マレー風のナンとカレー)、メニューに
気遣う私もホッとしました。
夕食後のミーティングで恒例の全員スピーチ、小夏(ディズニー)、明求(テニス)、里美(苦労しな
がらバックハンド)、映好のスピーチ、題名は「兄弟について」、本日の最優秀賞。
少し疲れが出てきている中、初めての遠征、年長の仲間と精神的にも疲れているだろうに良く頑
張っています。
明日天気になあれ!
11月18日(金)
いつものルーティーンで6時30分からのランニング、今日はコロシアムの周りを2週。
ちなみに毎日遅刻が出る・・誰?
朝食後に、午前の練習へ、それぞれ課題も多くきつい練習になっている。頑張るのは自分、誰も
助けてくれない環境で自分と戦う経験が大切なのだが・・・・・
疲労がたまってきて精神的にもきつくなってきているのが見えてきた。午前は少し早めに切り上げ
て昼食前にプールへ、表面的には楽しくプールの時間を過ごせた様子だった。体に残った熱を冷
ます目的と心をリラックスさせて次へのステップにと考えたが、以外に心の疲れは取れなかった様
子。それぞれ自分の我を通す言葉が出てくるようになってきた。ちょっとしたことがぶつかり合いに
なってしまう。映好の存在が緩和剤になっていたことで爆発にはならなかったが都会っ子の弱さを
見た感じがした。
午後の練習前に、お世話になっている方々に絵葉書を書いてフロントに託す。6枚で2$なのに8
枚で3$という不思議な計算の切手代でした。
ブルネイの男子メンバーとの試合は、2勝。
午後の練習は、30分早く終わり夕食後にスピーチ、その後男子、女子でメンタルトレーニングに
ついて話をする予定。ちょうど良いタイミングかもしれない。
明日はみんなのリクエスト午前中 OFF にして、午後から練習、4時に映好のサインの予定。
3勤1休のスケジュールでメニューを考えていくか・・・・・・・・・・・
11月19日(土)
午前中の OFF で少しはリラックスできたかな?
昨晩のメンタルについて話をした内容を少しずつ覚えて練習、試合に活かしてくれればくれればと
いう期待。
天気が心配なので、早めに昼食を取り練習へ行く。既に予選男子が現れていてその中に名古屋
の大島さんと5人の子供達もいた。みんな13~14才のジュニアでこれから世界へ挑戦していこう
という元気なメンバー。
ネットプレーを中心に練習。中々旨くできていかない、ここを乗り越えて注意されたポイントを直し
ていかなければ・・・・・・
やはりスコールが一面真っ黒になる雲が凄いスピードで近付いてくる。一瞬まエが見えないほど
の雨、大会本部にいて少しタイミングを外して見てみると、のんびりと雨宿りスコールに対する危
機感が不足している。その割に着替えも持ってこない、タオルもない、ちょっと緩んでいるな!
やっとクラブハウスへ移動して、映好はサインに。B$60を払ってリストにサイン。トーナメントボー
ドの見方を教えて確認。写真撮影とサインの時間、そして一番大事な明日の予定。
ドローとOPは明日の10:30に発表と書いてある。試合はNB12:00、悠長な予定だと思ったが
一昨年のことを思い出した。レフェリーがマレーシアからまだ来ていないんだ・・・納得
雨は止んだが練習は無理と判断して、おやつのミーゴレンを食べている。食欲はOK!ホテルの
ジムヘ移動。これで本日の大半が終了、明日の予選はみんなでしっかり応援します。
プールでの一こま
11月20日(日)
天気予報を覆す好い天気、それは暑さ満開の裏返し。
早朝のランニング、午前中の練習と予定を消化、練習コートの確保にミスしただけ。
ブルネイタイムで10:30が11:00にOP、ドローの発表。
映好、SA12:30の5番コート、相手はPAYNE Tamarua(COK) 久しぶりに見たCOK・・。
クックアイランド・・・解からない人は地図を見て探しましょう。
15才の白人少年、テニスは単純。ただセカンドサーブの弾むスピンにリターンがまったくできない
で26の1セット。2セット目からは暑さに負けないガッツで少しずつ少しずつ挽回していく、41リー
ドで安心かと思いきや、43、53、54、やっと64.よく我慢して取りました。3セット目は既に体力、
気力ともに映好がリード、40、41、61で逆転勝利。素晴らしい初戦を飾ってくれてチームの士気
も上がります。これで全員が本戦でプレーできます。
里美が熱中症気味で、午後の練習をキャンセル、映好と二人でプールへ。体の熱をとり心の回復
と休息を与えました。明日は中日で試合はなし。特に里美は3日後まで試合はないので復活を目
指します。
午後の練習は、明求が仲良くなったフランス顔のバルセロナ在住の日本人、レオ(SEBAOUN
Leo Julien)と名前不明の外国人、小夏の3人で練習。イケメン君は女子に受け抜群。
私事ながら、コートでねん挫・・・早く痛みがなくなってほしい。
11月21日(月)
やはり?天気予報ははずれ、朝のランニングもOK、8時~10時の練習もOK、もちろんプールも
OK、ランチはホテルで贅沢に!午後の練習3時~5時もOK。
サインを済ませ、ストレッチで終了。無事に1日が終わった。
練習コートのサインは忘れました。足を引きずりながら私がサインに、7時~8時の4番コートだけ。
どうも集まってしまうと選手のするべきことへの注意力がなくなるぞ!
ポイント練習をみていると5日間の練習成果が上手く引き出せないのも、むべなるかな。
早く選手として、一日の行動を手際よくできるようになってほしいと感じます。
仲間内だけで強がっていては、井戸の中の蛙。
今夜9時には、ドローとOPが出るはず、いよいよ戦闘モードに切り替える時がきた。
11月22日(火)
午後9時男子ダブルス終了。夕食を済ませ、シャワーをして今11時30分です。
TSENG Wen‐Po(TPE)
LIN Liang Yu Richard(TPE)
早朝の散歩から一日が始まる。
里美、疲れが戻らない、熱中症が残っているのかも・・・・頭が痛い・・・・
全員、朝の練習に行き里美は体温を計って休みにした。
CHUA Aslina(MAS)
LAW ViYen(BRU) vs PAK HoHin(HKG),Wong C(MAS)
O Tvs TRAN Andre(AUS),TRUONG Simon(AUS)
8時20分の朝食を済ませ3人は会場へ、里美はさらに熱が上がり部屋で休息。
最初に映好、0605、からやっと思い切りの良いテニスで1ゲームを取るも16で敗戦。相手との体
格差、パワーの差は何ともしようがないが、ITFのシード選手を直接感じられたと思う。
続いてOPよりも早く小夏が入る、2636。相手に振り回されて切り返しが出来ないうちにミスがで
てしまう。2セット目に追い上げたもののつかまえることはできなかった。少し遅れて明求が入る。
いい試合になるまでに大勢が決まってしまう。0626。
午後5時30分、映好とブルネイの選手のダブルスが始まる、第2シード0636、特に2セット目の
ブレーク、キープでは随所にいいプレーが出ていたが、残念ながら相手の上手さが一枚勝ってい
た。明求 O 君とのペアで、第7シードに挑んで、2セット目まで互いに1回ずつのサービスダウンの
いい勝負を見せてくれた。ここ一番での強気の勝負に出て行けなかったところが勝敗の分かれ目
だったと感じた。結果は負けても本人にはとてもいい経験になった試合内容だった。
ちょっと格好つけすぎかな?でもGood Fight!!!3664 10-6
明日は里美のシングルスが始まる、体調を整えて試合を迎えられることを期待したい。
もちろん、ダブルスも始まる。小夏とのペアで最低ベスト4の約束。果たしてくれよ!
今日は、みんなコートで14時間以上のテニス、しっかり休んで明日からの練習、試合に頑張りま
す。
11月23日(水)
6時30分から散歩に合わせてコートへ。練習をして試合の観戦。
シューズを履くとねんざの足が痛む。
明求、映好は早めにコートへ行って川口コーチと練習。里美と小夏は少し遅れてコートへ。
進行が早く、11時40分に里美の試合開始。相手はTRI OKTAVIA Puspa Ratih(INA)の第1
5シード。決め手など総合力はほぼ互角か里美が少し上か。シーソーゲームから54リードで64。
2セット目、やはりシーソーで43、53の里美サーブで40-15のマッチポイント。
急に勝ちを意識し始める。動作が今までと違う。ミスに声が出て体がクルッと回る。集中できてい
ない状態になってしまった。ここから57までの早いこと。新しいボールを取りに相手がコートを離
れる。自分で意識を集中させようとするが中々戻せない様子が伝わってくる。周りの声も聞けない
様子だったが1ゲーム目を取って少しましになった。しかし相変わらずポイントを先に取られる流
れ。「青い空、白い雲」リラックスのおまじない。気持ちが強くなってきて再び53リード、そして30
-40のマッチポイント、ここから簡単に55、ここからが2セット目と違った。相手のラッキーショット
が出ずに逆にこちらにネットインのラッキー。ポイントはもつれたが最後アドバンテージで相手のア
ウト。一言「いやあ・・・良かった」、全員の応援のおかげかな?ちょっと煩かったかも?
勝利した分、少し大き目・・・
クラブハウスに戻り、ストレッチを十分にさせてダブルスの準備。
5時過ぎから、激しい雷とシャワーの時間。とても外を歩くこともできない。
待機が続き6時30分に中止決定。明日は1シングルス、2ダブルス。体力が持つかな?
日本から来ている女の子たち、他にも海外からの男の子など仲良くなって楽しい雰囲気。これこそ
が海外遠征の良さです。
川口コーチから一言「チームとしての行動をすれば、残りの時間をどう使うかは自由に任せる。レ
ッスンでも誰かと試合をしてもOK」
いつでも明るいレオ君、女の子にも人気・・・・・(さてどこにいるでしょう?)
11月24日(木)
毎日同じスケジュールです。
PRAJOUBPHANSRI Wanssara(THA)
マッチポイントでのトラブル
それぞれの準備でコートへ向かう。里美の体調は意外に難しい。
昨日の疲労が取れきっていない様子、14才の子供だと理解してもいいだろう。
出だしの23までは普段のプレーで第3シードと互角の内容だったが、23になって途端にエネルギ
ーが切れてきた。試合前の体温も37.2度と決して低くないところか少し心配だった。
結果は、2606で敗戦。その後も体調は変わらず、途中のシャワーによる中断を助けにダブルス
の準備。いきなりコート変更で昨日試合をした11番コートへ、ラッキーコートかな?
相手は、PLIPUECH Plobrung/ SAKCHATCHAWAN Chatchaya (THA)
出だしからだが重く、思い切りの良いプレーのできない里美に代わって小夏が元気一杯のプレー
で支える。46。2セット目も相手のリード14.ここから頑張った!相手のペアに力の差があるのを
感じて54、65とリード。でも里美のサーブがキープできない。66でタイブレーク。最初のポイント
をリードして72で取る。小夏が良く頑張った結果だ。3セット目は10ポイントタイブレーク、今度は
相手のリードする展開で27ビハインドを79まで追い上げる。ここで事件が起こった。
互いに何回かのラリーボレーの最後に打ったボールが際どいライン上に飛んだ。応援の川口、増
本にはINに見えたが、相手の一人がジャッジはアウト。一瞬の後に入っていたかなというアクショ
ン。しかしそのアクションには二人は反応しなかった。アウトインのトラブルは覆すことができない
ことは百も承知。しかし二人のジャッジが違っていればINの判定がルール。そこに行かずにカウン
トのことで揉めてしまった。数分のやり取りの中でアウトコールの選手だけがFINISHEDを主張、
争点が10-7で終わりか、9-8なのかに変わってしまった。10分ほどしてAレフェリーが到着、
解決に向かって互いの主張を聞くが、惜しいかな、英語が話せない。感情的に泣いて主張するだ
けでは聞き入れてもらえない。応援の我々には口を出す権限がないので傍観するだけだったが、
30分しても解決できないAレフェリーに通訳として私が入って話を進める。こちらの主張の論理に
無理があることは仕方がない。二人を説得して握手をさせた。後味の悪い試合であったが、国際
大会での英語力の必要性を再確認した。
明求、映好は、コンソレの試合をデスクが準備してくれた。7ゲーム選手の試合で映好は1Rシン
ガポールの日本人相手に勝利、2Rは台北に敗北。明求は1R、BYEで2R37で敗北。
これで全ての大会日程は終了。途中中断はあったが、今はプールでクールダウン。
2週間の海外生活に必要な体力、精神力を感じたことをこれからのテニスライフに活かしてほしい
と思います。
夕食後に、毎日恒例のスピーチがあります。今日は5分に時間を延長して行いたいと思います。
その内容によって明日の予定を決めたいと考えています。多数決でモールへ夕食に行くことにな
り予定変更。ファイナルスピーチは明日の夕食後にします。
今夜も雷とシャワーで涼しくなるかな?明日午後4時からエンパイアホテルへ夕陽を身に行くこと
になりました。反対の方はFBまでお知らせください。
11月25日(金)
午前中は、試合観戦と練習。里美は休息。
久しぶりの猛烈な暑さ!
お昼を挟んで、女子ダブルスのサスペンディッドを見る。最後2セット目を逆転され3セット目のタイ
ブレークで負け。惜しい試合だった。
今日、ブルネイを離れるジュニアと別れを惜しんで、午後4時からエンパイアホテルへ。
エミナ、ユリの二人とコーチ3人とも一緒に出かける。
EMPIRE HOTEL BEACH
映好 明求の波打ち際
なんとか今日までやってくることができました。何かを掴んでこれからのテニス、人生にプラスにな
ってほしいと願います。応援していただいた保護者の皆様、いつもの練習仲間、コーチの方々に
感謝します。これからも応援してください。
終
ダウンロード

東京 JTTC