大学生の職業選択未関与におよぼす
自己効力感と親や友人からのサポート
の影響
A63060 川瀬雅人
背景
親や友人からのサポート、自己効力感、および関与
状態との間になんらかの関連があることはいくつかの
先行研究から示唆されているが、親や友人からのサ
ポートと自己効力感から関与状態への影響過程につ
いて、まとめて取り上げたとしてどのような結果がある
か調査してみようと考えた。
目的
親や友人からのサポートと自己効力感から関与状態
への影響過程について検証することを目的とする。
方法



対象者:淑徳大学生1~4年
調査時期:質問紙ができ次第、授業時間をお借りし
て随時、調査を行う予定
親からのサポート、友人からのサポート、自己効力
感、関与状態でそれぞれ項目を分け、質問紙で回
答してもらう。5件法を予定。

尺度は先行研究+自分で考えた尺度を使用

分析方法:分散分析、因子分析の予定
尺度①

親からのサポート項目
1
私の保護者は、私が悩んでいる時、後押ししてくれる。
2
私の保護者は、私の考えを理解してくれる。
3
私の保護者は、私が落ちこんでいるとき後押ししてくれる。
4
私の保護者は、私の話をきちんと聞いてくれる。
5
私の保護者は、私のことを信頼してくれる。
6
私の保護者は、私のことを応援してくれる。
7
私の保護者は、私が困っているとき相談にのってくれる。
8
私の保護者は、保護者の立場からアドバイスしてくれる。
9
私の保護者は、私が落ち込んでいるとき励ましてくれる。
10
私の保護者は、私にとって必要な経費をまかなってくれる。
11
私の保護者は、いろいろな経験について語ってくれる。
12
私の保護者は、私の生活費を出してくれる。
13
私の保護者は、私の行動を尊重してくれる。
尺度②

友人からのサポート項目
1
私の友人は、私の話をきちんと聞いてくれる。
2
私の友人は、私が困っているとき相談にのってくれる。
3
私の友人は、私と一緒に頑張ってくれる。
4
私の友人は、私に友人自身のことを話してくれる。
5
私の友人は、私がわからないことを教えてくれる。
6
私の友人は、私が落ち込んでいるとき励ましてくれる。
7
私の友人は、私にはっきりと意見を言ってくれる。
8
私の友人は、私の知らない情報を教えてくれる。
9
私の友人は、私の気分転換につき合ってくれる。
10
私の友人は、私と一緒に勉強してくれる。
11
私の友人は、私と一緒になって考えてくれる。
12
私の友人は、私の息抜きに遊んでくれる。
13
私の友人は、私が悩んでいるとき後押ししてくれる。
尺度③

自己効力感項目
1
自分の興味に合うと思う職業を選択する。
2
自分の望むライフスタイルに合った職業を選択する。
3
目標とする職業に就くために、大学院や専門学校に通う必要があるかどうかを決定する。
4
自分が興味をもつ職業に就いている人と話をする機会をもつ。
5
自分の能力を的確に評価する。
6
自分が興味をもつ職業についてインターネットなどで情報を集める。
7
両親や友人が勧める職業でも、自分の能力ではできないと思うものであれば断る。
8
自分の能力に合うと思う職業を選択する。
9
自分が就きたい職業(職種)の仕事内容を知る。
10
将来どのような生活がしたいかをはっきりさせる。
11
いくつかの職業の中から1つの職業
12
13
14
15
尺度④

未関与項目
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
結果予測


大学生は職業選択において積極的に関与するた
めには自己効力感を高めることが必要
自己効力感を高めるためには、親よりも立場が近
しい存在である友人のサポートの方が有効
参考文献
安達智子 2001 大学生の進路発達過程ー社会・認知
的進路理論からの検討ー 教育心理学研究、49、
326-336
城仁士 2007 インターンシップ体験が就職活動に対
する自己効力感に及ぼす影響 日本教育心理学会
総会総会発表論文集、49、671
ダウンロード

大学生の職業選択未関与におよぼす自己効力感と親や友人からの