兵庫教育大学教科教育学会紀要 第 20 巻 9-16
受粉と結実の観察教材「カボチャ」に替わる教材の提案
− 雄性不稔植物の教材化 −
渥美 茂明・笠原 恵
兵庫教育大学大学院学校教育研究科自然・生活教育学系
要旨
カボチャやヘチマは大きな単性花を付けることから、受粉と結実の関係を学習する単元で教材として
用いられてきた。兵庫県内で用いられている啓林館の教科書では、カボチャが花の作りの主教材として
も用いられている。ウリ科では単性花はありふれた特質であるが、被子植物全体ではまれな性質である。
単性花の発生過程の特質によって、カボチャの雄花はおしべが花の中心にめしべのように存在する変則
的な構造をとる。このようにウリ科植物の花を被子植物の花の典型として扱うことは不適切である。
カボチャとヘチマは多数の雄花を付ける一方、まれにしか雌花を付けず、十分な数の雌花を用意して
授業に臨むことは難しい。さらに、カボチャは早朝に受粉・受精能力のピークを迎え、授業が始まる頃
には衰えてしまうことも欠点といえる。何より、カボチャは大きく成長し、教室内に持ち込んで授業を
行うことが困難である。
カタバミの雄性不稔系統を用いれば、上述の欠点を回避することができる。カタバミは小型の花を付
けるが、植物も小さく、教室の持ち込むことは容易である。カタバミの花は日射を受けて開き、授業時
間中、開き続ける。雄性不稔株の花は、雌花と同様に扱うことが可能で、両性花であるにもかかわらず、
除雄することなく交配実験を行うことが出来る。さらに、短時間のうちに結果するので授業の進行を妨
げることが少ないなど、多くの利点を生かして授業を展開することができると考えられる。
序論
生物が子孫を殖やす仕組みについて、小学校理
科では植物(被子植物)を題材にして学習が行わ
れる。魚類やヒトを題材としては、有性生殖は扱
われず、胚発生のみを取り扱うこととされている
(小学校学習指導要領第2章第4節「理科」(平成
10 年))。児童は植物の花の構造を学び、おしべ
の葯で作られた花粉がめしべの柱頭に付着するこ
と(受粉)によって、めしべの基部にある子房の
出版社
啓林館
中に種子が作られ、同時に子房が肥大成長して果
実となる過程を観察している。以前は、小学校3
年で花の構造を学び、小学校5年ないし小学校6
年(昭和55年施行の学習指導要領やそれ以前の
学習指導要領)で、植物の生殖の中から受粉と結
実の関係を学習するように定められていたが、平
成元年の小学校学習指導要領以後、花の構造と受
粉は同一の単元で取り扱われるように変更され
た。
信濃教育
教育出版
学校図書
大日本
東京書籍
受粉と実の成長に関する オモチャカボチャ
主教材植物
カボチャ
ヘチマ(ヒョウタン)
ヘチマ
アサガオ
ヘチマ
受粉と実の成長に関する
副教材
アサガオ
アサガオ
ツルレイシ
アサガオ
カボチャ・イネ
ヘチマ(ヒョウタン)
ヘチマ
アサガオ
ヘチマ
アサガオ
アサガオ
アサガオ
ツルレイシ
アサガオ
ヘチマ・アサガオ・
ヒョウタン
ヘチマ・ヒマワ
リ・トウモロコ
シ・スギ
9月
7月
花のつくりに関する主教 オモチャカボチャ
材植物
花のつくりに関する副次
的教材植物
アブラナ・オク
ラ・ユリ
花粉を観察している植物 カボチャ・コスモ カボチャ・ヘチ
ス・マツ・スギ・ マ・アサガオ・オ
トウモロコシ
オマツヨイグサ・
ユリ・ツユクサ
実施時期
6 ー 7月
7 - 8月
スギ・トウモロコ
ヘチマ・アサガ
シ・ヘチマ・コスモ オ・トウモロコシ
ス
9月
9月
表1.小学校理科5年の「花から実へ」の単元で使われる教材植物の一覧。現在小学校理科の教科書を出版している
6社の平成17年度用教科書の該当単元を受粉と実の成長、花のつくり、および花粉の観察の3つに分け、それぞれ
で取り上げられている植物を比較した。受粉と実の成長に関する副教材とは、アサガオならば除雄の方法を記述した
説明があること、あるいは、ウリ科の植物ならば袋かけによる受粉の阻止について記述がある物を取り上げた。
−9−
受粉と結実の観察教材の提案
現行の小学校学習指導要領(以下、学習指導要
領)では第5学年の理科の単元、「A 生物とそ
の環境」において「(1)植物を育 て、植物の発
として発生し、成長の途上でめしべの発達が停止
すると雄花に、おしべの発達が停止すると雌花に
なる(写真1)。実際には、様々状態の未発達な
芽、成長および結実の様子を調べ、植物の発芽、 めしべやおしべが観察されると共に、成長の終盤
成長および結実とその条件についての考えを持つ
には両性花を形成することも知られている
ようにする」とされている。成長および結実とそ (Nitsch ら,1952)。
の条件について、「花にはおしべやめしべがあり、
カボチャの花の発生が両性花から始まるように、
花粉がめしべの先に付くとめしべのもとが実にな
被子植物の花の原型は、両性花であると考えられ
り、実の中に種子が出来ること」を学習すると定
めている。多くの教科書で単性花を付けるカボ
チャやヘチマを主たる教材として、この単元を取
り扱っている(表1)。兵庫県の公立学校で採用
されている啓林館の教科書(平成 18 年度現在)
では、カボチャを教材にこの単元を学習するよう
に編集されている。
単性花が唯一の教材ではないー昭和 44 年5月
の小学校指導書理科編でも、第5学年の内容「A
生物とその環境」の(1)のウ「花粉がめしべに
付くと、子房が実になること」と現行と同様の内
容を学習するとされている。しかし、この指導書
では、内容の解説に、材料についての言及があり、
「自家受粉でない草花を選ぶのがよく、児童が実
験しやすいように、大型の花で雌雄異花のものが
適当である」とされ、ウリ科の植物の利用が暗示
されている。現行の学習指導要領や学習指導要領
解説理科編では、教材とする植物種については特
段の言及はないが、ウリ科の植物を使わない教科
書は大日本図書「楽しい理科」(5年上)のみで
ある。この教科書では、アサガオの除雄の方法を
図示して、両性花を使った実験を中心に単元を展
開している。
本稿では、受粉と結実の学習教材としてよく使
われているウリ科植物、とりわけカボチャの花芽
分化と雌雄分化について検討を行い教材としての
適正を論じる。さらに、ウリ科植物の花を教材と
したときの欠点を持たない新規な教材植物を提案
する。
本論
単性花を使って花の構造を学ぶことの問題− 啓林館の教科書「わくわく理科5上」の「花から
実へ」と題した単元では、カボチャの利用が徹底
されている。花の構造の学習もカボチャの単性花
の作りを中心に展開され、「1つの花に、めしべ
とおしべがそろったものもあるよ」と両性花につ
いて言及し、単性花に対して両性花が副次的扱い
となっている。しかし、カボチャの花は、両性花
て い る。す な わ ち、ク ロ ン キ ス ト( Cronquist,
1981)の系統進化 ・ 分類体系が想定する原始的な
花は、高度に重複した花被、雄蕊および雌蕊を持
つ両性花である。花を構成する各要素が多重の同
心円(輪生帯)の外側から内側に向かって、花被、
雄蕊、雌蕊の順に形成され、中心には常に雌蕊が
存在するのが進化した花の構造である。
カボチャの雄花は、中央に一塊のおしべが存在
するように見え、被子植物の花の構造の原則から
外れているように見える。詳細に観察すれば、一
塊のおしべに見えるのは、葯の集合体であり、根
元の花糸を観察すれば、円形に並んだ3本のおし
べが寄り集まって中央に一つのおしべが存在する
ように見えていることが分かる(写真1)。この
ような観察を可能とするのは、被子植物の花の普
遍的な構造に関する知識を必要とする。花に関す
る普遍的な知識を得るためにカボチャやその他の
単性花を用いることは不適切であると言えるだろ
う。
1つの個体内に単性花、すなわち雌花と雄花を
持つ植物種は、被子植物のたかだか7%に過ぎず、
およそ被子植物の 72% は両性花をつけると言われ
ている( Dellaporta and Calderon-Urrea, 1993 )。
しかも、雌雄異花の植物は特定の分類群に集中せ
ず、さまざま な分 類群に分布している。これは、
雌雄異花の植物それぞれが、独立に先祖種からさ
まざまな遺伝的変異によって生じたことを示して
いる( Ainsworth et al, 1998 )わけで ある から、
単性花をつける点でカボチャは被子植物の中でも
特殊な生き物であると言うことが出来る。
花の作りを学ぶことは、植物種ごとの花を構成
する部品の名前を覚えることではない。すなわち、
「カボチ ャの 雌花 には3枚 の 花弁と中 心の 雌蕊、
雄花には3枚の花弁と中心に3本のおしべがあ
る」ことを覚えさせることではない。花の作りを
学ぶこととは、全ての花に共通する花の構成要素
の配列の原則を理解することである。特異な単性
花を用いるのではなく、教材として用いるべき花
は普遍的な両性花であるべきである。通常は両性
− 10 −
兵庫教育大学教科教育学会紀要 第 20 巻 9-16
花をつけながら、特定の系統(品種)は単性花の
性花に近い形質を供えた植物が得られれば、特別
特質を持つ花をつけるような植物を開発できれば、 な技能を待たないものにも容易な教材となること
花のつくりと被子植物の生殖を一体の単元として
が期待される。
展開することが容易になり大いに有益であると言
える。
開花時刻と受粉受精力の変化 − からだが長
大に成長する点を除くと、カボチャは単性花を付
け、交配に除雄の手続きを必要とせず、食べられ
「カボチャ」の特性
る果実を付けるなどの利点がある。しかし、カボ
学習指導要領の記述を受けて、理科教科書には、 チャの開 花特性には大きな問題点がある。それ
花粉がめしべの柱頭に付着した結果、果実が肥大
は、カボチャは早朝、夜明け前に開花を完了する
し、その中に種子が出来ることを確かめる実験な
ため、夜明けにはすでに花被が萎凋し始めている
どが記述されている。そして、上述のように、ほ
ものもあることである(写真2)。戸外では、カ
とんどの小学校理科の教科書では、カボチャを主
ボチャの蕾は昼夜の明暗リズムに従って成長し、
教材とするもの2例、ヘチマを主教材とする例3
開花前日の夕方からの暗期を経験することで開花
つで、ウリ科の単性花を材料とした説明がされて
する(早瀬 ,1974)。従って、前日の夕方から人工
いる。
照明下に置き、暗期の開始を遅らせることが出来
受粉と結実の制御 − 昭和 44 年5月の小学校
指導書理科編に指摘されているように、大型の単
性花を付ける植物を用いて受粉と結実の関係を調
べると、人工授粉の操作が容易になることは容易
に予想される。「カボチャの花は大きく、人工授
れば、開花が遅延させられる。しかし、カボチャ
のような長大に成長する植物に照明を当てて、長
日条件に置くのは大がかりな設備が必要となり、
現実的ではない。
花粉の発芽力は開花時にはすでに相当低下して
粉の操作は容易で、良い結果を得るのに特別な熟
練を必要としない。その方法は、夕方に翌朝開花
する雄花と雌花とを選び、その花弁の先端に小さ
な輪ゴムをかけるか、またはパラフィン紙袋で被
覆する。開花当日 の早朝、雄花の 花弁を除去し、
吹き出した花粉を雌ずいの橙色の柱頭上に一様に
なすりつける。」(早瀬,1974)だけである。単性
花ならば開花前の除雄を必要とせず、大きな花を
付けるカボチャが用いられてきたのは理解できる
ことである。
いると報告されている(早瀬,1956 )。一方、柱
頭の受精力は開花時に最も高くその後急速に減少
することが知られている(早瀬 ,1974)。ニホンカ
ボチャ( Cucurbita moschata )を使って授粉の成功
率を測定した研究をもとに、人工授粉による結果
率は、午前9時にはすでにおよそ 30 %に低下し、
正午までにほぼ 10 %以下に低下するとされてい
る(早瀬,1974 )。教科書会社が発行する指導書
(啓 林 館、理 科 5 年 上 指 導 書 第 2 部 詳 説,
2005)に、カボチャの交配は始業後間もない9時
頃までに済ますように書かれているが、以上のよ
袋がけの問題点 − 授業実施前日に、開花直
うな生理学的な背景が存在する。
前のカボチャの雌花を適当な袋で覆えば、授業で
カボチャを使用すると、交配の実験には時間的
は受粉していない花を得ることが出来る。未受粉
の柱頭に人工的に花粉を着けて受粉させることも、 な制約が生じる。早朝夜明け前から開花する植物
ではなく、日中に開花する性質を持つ植物を使う
そのまま、覆いを取らずに未受粉のままに置くこ
ことで、交配の実験に時刻の制約を受けなくする
とも容易である。しかし、カボチャに限らず植物
事が可能となるはずである。
の栽培や観察に不慣れなものにとって、どのよう
な蕾が明日開花するのか、なかなか確信が持てな
い。確信が持てないために、開花までまだ数日あ
るような蕾にまで袋かけを行いがちである。教科
書やその指導書にあるようにビニール袋で覆うと、
袋の中は一段と高温多湿になり、蕾は損なわれが
ちである。
鉢植えの小型の植物ならば、室内に置くことで、
訪問昆虫による受粉を避け、受粉を制御すること
が容易になるばかりでなく、手元で観察や実験を
行うことが出来る。小型で除雄の操作を省ける単
雌花の数が少ないこと − カボチャやヘチマ
でも葉腋毎に花を付けるが、雄花に比べ雌花の出
現する数は少ない。カボチャはヘチマに比べ食料
と し て 重 要 な 地 位 を 持 ち、生 産 量 も 多 い の で、
様々な研究が盛んに行われ詳細な知見が蓄積され
てきた。特に、雌花の数を増加させることや栽培
早期に雌花を着花させることを目指した研究は、
収益性に関わる研究として詳細にわたっている。
ニホンカボチャを用いた施肥と潅水による性表
現への影響を調査した研究( Hopp, 1962 )によ
− 11 −
受粉と結実の観察教材の提案
れば、窒素多肥と潅水の制限により生育を促進す
か困難となる。あるいは、大きな植木鉢をいくつ
ると雌花の着生が早まり、その数も増える。すな
も教室に運び込むことは煩雑なことである。
わち、生育の促進は、花芽分化の進行も促進する。
上に指摘したように、カボチャが咲かせる雌花
しかし、植物は外的要因に支配されながら成長す
る。考慮しなければならない条件は多岐にわたる
が、特に日長と気温は植物の成長に大きな影響を
及ぼすこ とは、容 易に想像で きる。ニ ホン カボ
チャは短日条件に置くと、成長の遅延とともに雌
の数は雄花の数に比べ圧倒的に少なく、その数を
人為的に 増やすのはかなり困難である。さらに、
カボチャの花が開くのは、早朝、日出前に始まり、
日出時には萎れ始めさえする事はすでに指摘した。
花の分化の促進が観察された。一方セイヨウカボ
チャ( C. maxima )では、低温が雌花の分化を早
めると言われている。このような感受性の違いは、
ニホンカボチャとセイヨウカボチャの原産地の差
を表していると考 えら れている(早瀬,1974 )。
ニホンカボチャの原産地は、中央アメリカの熱帯
地域ある一方、セイヨウカボチャは南アメリカの
高冷地である。
代替教材としての「カタバミ」
カボチャに替わる植物として、前述のように室
内におけるくらい小さな植木鉢で栽培でき、伸長
してもせいぜい草丈 10 ないし 20cm 程度にしか
伸びず、寒冷な時期を除いて通年開花し、小さく
とも直径1 cm 程度の花を付ける植物を、我が国
に自生する野生植物から探索すると、身近な植物
としてカタバミ( Oxalis corniculata L.)に行き当た
花 芽 の 雌 雄 分 化 の 特 性 − と こ ろ が、い ざ、 る(松田 ,1999)。
路傍や植え込みにごく普通に見られるカタバミ
授業を行 おうとすると、予定し た 時期に(日時
には、葉や茎などに赤色系の色素を持つものもあ
に)必要な数の雌花が咲かないことがしばしば起
る(アカカタバミ O. corniculata f. rubrifolia (Makino)
きる。カボチャもヘチマも栽培初期には雄花ばか
Hara )(写真3)。色素を持たない個体と持つ個体
りを着け、雌花を着け るこ とはほとんど無い(
を用いて色素の産生に関する遺伝は、メンデルの
Nitsch ら , 1952 )。
再発見後、比較的早い時期にいわゆるメンデルの
啓林館は、「平成14年度用小学校教科書理科
遺 伝 法 則 に 従 う と 報 告 さ れ て い る( Nohara,
学年別の特色」と題した小冊子の中で5年の特色
として、受粉・結実の学習で扱う植物の主教材を、 1915 )。カタバミは直径約1 cm 、大型のもので
オモチャカボチャにしました。雌花が多く咲き、
果実のバリエーションも魅力です。」と書いてい
る。しかし、オモチャカボチャ( C. pepo )でも栽
培初期には雄花が優先し、26*f0 *A14 時間日長
時間の長日条件に保った人工環境下では6週で、
20 から 26 節を形成し、葉腋ごとに花芽を分化し
たが、雌花をつけなかった。
キウィフルーツ(オニマタタビ Actinidia chinensis
)のように咲く花が全て雄花であったり、雌花で
あれば、花が咲かないために思うように授業が計
画できないと言うことはなくなるだろう。しかし、
キウィフルーツのように慌ただしく一斉に咲いて
しまうと、授業計画の自由度は全くなくなる。1
株に雌花ばかりが次々と間断なく咲くような植物
を作り出すことが出来ると、自在な授業計画を立
てることが出来るだろう。
カボチャの欠点のまとめ
国内で作物として栽培されるカボチャはいずれ
も比較的大型の葉を多数着け、つる性の茎は長大
になる。長大な茎を持つ植物には多数の花を期待
できるが、鉢植えで栽培するのは技術的になかな
約 1.5cm の黄色ないし梔色の小さな両性花を着け
る。花は5枚のガク片と5枚の花弁からなる花被
を持ち、10本のおしべが5本ずつ2つの輪生帯
に配列する(2つの同心円上に配列する)。外側
の輪生帯のおしべは短く、内側のおしべのおよそ
半分の長さである。おしべの先端の小さな葯には
黄色い花粉が生じる。花の中央にはめしべが存在
する。めしべは5枚の心皮から成り、子房は5室
を持ち、50 ないし 60 の胚珠を作る。黄緑色の柱
頭は5裂し、黄色い花粉の付着を容易に見分ける
ことが出来る。
カタバミは自家受粉を行い稔性のある種子を作
ることが出来る。昆虫の訪問を受けなくても、風
などで花が揺らいで花粉が柱頭に飛び散れば受粉
し、結実することが出来る。特に、柱頭と葯が同
じ高さにある花(等花柱花)では、効率よく自家
受粉が起きる。
カボチャのように大きな花は着けないが、植物
体は小さく、植木鉢で容易に栽培することが出来
る。多数の鉢植えを、教室内に持ち込むのも極め
て容易である。花粉を生産することが出来る株を、
以下で野生株と呼ぶ。
− 12 −
兵庫教育大学教科教育学会紀要 第 20 巻 9-16
カタバミの雄性不稔
何らかの遺伝的な理由によって稔性のある花粉
を切り取り、雄性不稔株の花に押しつけるように
すれば受粉させることが出来る(写真4)。十分
な数の花粉を柱頭に付着させることが出来れば、
(小胞子)が作られないため有性生殖が阻害され
る現象は、植物界でも 広く 見いだされている(
Kaul, 1988 )。スイートコーンなどハイブリッド
コーンは身近な雄性不稔の遺伝子の利用例の1つ
である。このような雄性不稔を利用した1代雑種
1回の人工授粉で 50 粒を超える交配種子を得る
ことが出来る。
交配をした花と未交配の花にそれぞれ異なった
色糸で目印を付け、そのまま室内において訪問昆
虫を避ければ、さらなる交配を防ぐことが出来る。
種子の生産は、イネ(Shinjyo, 1969)をはじめさ
まざまな作物で試みられている重要な育種技術の
1つであり、雄性不稔遺伝子の発見は技術的な展
開をもたらす重要な第1段階である。
ここで紹介する雄性不稔の系統 (OxKMT-HD) は
1995 年に熊本県本渡市広瀬で濱田登貴子氏(当
時兵庫教育大学学生)が採集したカタバミの中か
ら筆者の1人(渥美)が見いだした個体に由来す
る。鮮緑色の葉と葉柄を持ち、茎はわずかに赤み
必要ならば、防虫防霜用に販売されている(ポリ
エステルやポリプロピレン繊維の)不織布などの
布地を防虫網代わりにして植木鉢を覆い、予期せ
ぬ 受 粉 を 避 け る こ と が 出 来 る(写 真 5)。な お、
カタバミは単為生殖を行わない。結実には受粉が
必須であるので、単為結果するキュウリと異なり、
交配による結果・結実を確かめる実験に安心して
用いることが出来る。
を帯び、鮮やかな黄色(クロムイエロー)の花を
付ける。しかし、おしべの先端には白く萎んだ葯
が存在するが黄色い花粉は全く存在しない。 HD
系統の花は内側のおしべの長さがはめしべのほぼ
半分ほどしかない長花柱花である(写真3)
。
この雄性不稔の性質は核に存在する2つの劣勢
遺伝子( hd1 ,hd2 )と、細胞質に存在する1つの
遺伝子( S )に支配されている(森尾,2002 )。
カタバミを用いた授業展開
カタバミを教材に用いた、花の作りと、受粉と
結実の関係の学習を簡単に展開してみた。この単
元の準備として、単元に入る2ないし3週間前か
ら実験観察に使用するカタバミを防虫網の覆いを
かけるか(写真5)、室内に置き、虫媒による受
粉を阻止しておきたい。
花の作りの学習には野生株を用い、ガク片と花
この雄性不稔系統に、野生株の花粉を使って人工
授粉を行うと、ほぼ 100% の確率で結果する。同
じように2つの劣勢核遺伝子と1つの細胞質遺伝
子の働きによって雄性不稔となる別の系統が福井
県坂井市の東尋坊で採取したカタバミから見いだ
されている(渥美,未公表データ)
。
弁からなる花被に包まれた花を観察する。カタバ
ミの花は上から見ると中央にめしべが、それを取
り巻くように長短2種のおしべが2列の円形に配
列しているのが見える。内側のおしべが長く、外
側が短いことを観察することが出来る。
この観察を元に、教科書に書かれている花の断
面図を再構成することは容易だ。
交配
ここでは、ルーペなどでめしべの先端が細かい
カタバミが開花するには日差しが必要である。 毛状突起に覆われいかにも花粉がつきそうな構造
カボチャと異なり、日中の日差しを受けて花が開
をしている様子を見ることが出来る。一方、おし
くので、花の老化を心配する必要はないが、使用
べの先端のふくらみ(葯)は花粉にまみれている
時までに十分な日差しが得られないと開いた花も
さまを観察することが出来る。花が開いてからの
閉 じ る こ と が あ る。必 要 な ら ば 蛍 光 灯 を 使 い、 時間や、取り扱い方によっては、柱頭に黄色い花
5000 ルクス以上の照明を行えば花を開かせるこ
とが出来る。日差しが弱まると、花は閉じる。花
が開くのは通常1日であり、受粉した花は翌日に
開くことはない。
HD 系統のような雄性不稔の株を用いると、人
工授粉は極めて容易である。当然、雄性不稔系統
が受粉側となり、受粉力を持つ花粉を作る送粉株
が必要である。送粉株に適するカタバミは周囲に
容易に見つけることが出来る。開いた送粉株の花
粉が付着しているのが観察される。野生株は防虫
しておいても、自家受粉によって結実することを
観察できる(等花柱の株では高頻度で結実が見ら
れるが、長花柱の株では結実する頻度は若干低く
なる)。
花の作りを理解した後、雄性不稔株を使った交
配実験に入る。雄性不稔株の姿を観察し花の咲き
殻に果実 が着 いてないこと、次に、花 を観察し、
おしべの先端に花粉が存在しないことを確かめる。
− 13 −
受粉と結実の観察教材の提案
野生株との比較から、訪問昆虫が花粉を柱頭に運
促すような管理を行えば、個体を維持し続けるこ
ぶ機会がないと結実しないことを予測させた上で、 とが出来 る。潅水と適当な施肥を怠らな ければ、
雄性不稔株の人工授粉を行う。野生株の花をつみ
気温が高 く乾燥した夏期(7月中旬から9月初
取り、雄性不稔株の花に押しつ け、受 粉さ せる。
授粉させた花に、色糸で印を付けた後、再び、植
木鉢全体を防虫網などで覆い、虫媒による授粉を
阻止する。
授粉後、毎日花の様子を観察しよう。受粉させ
旬)と、寒冷な冬季(12月から3月初旬)を除
き、通年成長し、開花し続ける。訪問昆虫が送粉
するか、ヒトが人工的に受粉させない限り花は結
実しないので(写真6)、稔性の花をつける植物
体に比べ、多くの花芽をつけ盛んに開花し続ける。
た花はめしべの基部(子房)が次第に膨らみ、成
長 す る。お よ そ、11 日 で 果 実 は 成 熟 し、黒 く
なった種子を飛ばす準備が整うので、この日まで
に、交配の実験のまとめの授業を行い、果実の成
長には花粉が柱頭に着く(受粉する)ことが必要
であることを確かめる。
葉の茂り方によって、潅水量と頻度を調節する
必要がある。通常の栽培状況では、3ないし4日
ごとに十分な潅水を行えば十分である。また、1
ないし2週に1回、液体肥料を指定濃度に希釈し
て与える。肥料切れになると、葉色も悪化するが、
花芽の形成も悪くなるので、授業で使用する1ヶ
月前から十分な施肥が必要である。
結語
兵庫県で採用されている啓林館の理科教科書
うどんこ病 − うどんこ病は、白い菌糸が葉面
「わくわく理科5上」の「花から実へ」と題した
単元では、カボチャの利用が徹底されている。こ
の教科書ではカボチャを教材に花の作りと、受粉
と結実の関係を学習するように編集されている。
しかしカボチャを用いた花の作り学習が特殊な単
性花の作りを中心に展開することや、雄花に比べ
雌花の数が少ない上、開花の最盛期を早朝に迎え
る開花習性は、交配を伴う授業の展開には不適切
であると論じた。
カボチャに変わる教材として、雄性不稔の性
質を持つカタバミを提案した。雄性不稔の植物を
用いれば、除雄などの特殊な技術を持たなくても、
カボチャの雌花と同じように交配実験に用いるこ
とができる。一方、花粉形成の瑕疵によって雄性
不稔になるため、おしべはほぼその形態を保って
いる。また、花粉親となる株の花はおしべもめし
べもそろっているので、花の普遍的な形態を学ぶ
教材として十分な素質を持っている。
カタバミは十分な施肥と栽培管理によって花
を咲かせ続けるので、十分な数の花を用意するこ
とも容易である。またカタバミは、日差しを受け
て花を開くので、花の開花に授業時間を無理にあ
わせる必要がなくなる点も、大きな利点である。
資料
カタバミの栽培について − カタバミの栽培
について 雄性不稔のカタバミの系統は株分けで
増殖することが出来る。カタバミは匍匐あるいは
倒伏した枝の節から容易に発根し、新しい場所に
定着する性質があるので、枝先を覆土して発根を
を覆うように生える子嚢菌が、うどん粉をまき散
らしたように見える病害である。蔓延すると植物
の勢いをそぎ、開花しなくなるので、葉面に白い
病斑を発見したら、ベンレート水和剤のようなう
どんこ病防除の薬剤を散布して病害の拡大を抑え
る必要がある。
ハダニ − カタバミを食草とするハダニとし
てカタバミハダニ( Tetranychina harti Ewing )が
知られている。夏場の乾燥した高温にさらされた
カタバミの葉には、多数の白斑が存在する(写真
7)。これはカタバミハダニやその他のハダニ類
が葉肉の細胞を食害した痕跡である。カタバミハ
ダニによる食害を受けるため、特に夏季はカタバ
ミを戸外で栽培するのはかなり困難である。また、
室内でカタバミを栽培しているときには、野外の
カタバミを室内に持ち込むとハダニも同時に持ち
込むことになるので、持ち込む鉢植えは一時隔離
の上、殺ダニ剤(バロックフロアブルはカタバミ
に薬害を及ぼさない)でハダニを駆除する必要が
ある。
オンシツコナジラミ − オンシツコナジラミ
( Trialeurodes vaporariorum Westwood )も防除の難
しい害虫 である。ハダニよりは大きいのでピン
セットなどで成虫や幼虫、あるいは卵を見つけ次
第取り除いていけば、防除が可能である。農薬に
よる防除はモレスタン水和剤の散布が効果的で
あった。
ヤマトシジミ − ヤマトシジミ( Zizeeria maha
Kollar )はカタバミを食草としている。戸外でカ
タバミを栽培していると、葉に白い筋状の食痕が
− 14 −
兵庫教育大学教科教育学会紀要 第 20 巻 9-16
生じる。これは、ヤマトシジミの幼虫が葉面を這
いながら食害した跡である。目をこらして探せば
葉に似た色の長さ数 mm の幼虫が見つかる。1匹
ずつ手で除去すればよいだろう。
雄性不稔のカタバミ HD 株の分譲が可能です。
渥美までご連絡下さい。個体数の増殖に時間が掛
かるので、十分な余裕を見てお知らせ下さい。ま
た、人的な余裕がありませんので、栽培などにご
協力をお願いすることがあります。
参考文献
Ainsworth C., Parker J., Buchanan-Wollaston V. (1998)
Sex determination in plants. Cur. Top. Dev. Biol.,
38: 167-223
Cronquist, A. (1981) The Evolution and Classification
of Flowering Plants. Second Edition. The New York
Botanical Garden, New York.
Dellaporta S.L., Calderon-Urrea A. (1993) Sex
Determination in Flowering Plants. Plant Cell, 5,
1241-1251.
Kaul, M.L.H. (1988) Male Sterility in Higher Plants.
Springer-Verl. Berlin.
Nitsch, J.P., E.B. Kurtz, Jr., J.L. Liverman, Went, F.W.
(1952) The development of sex expression in cucurbit
flowers. Amer. J. Bot. 39: 32-43.
Nohara, S., (1915) Genetical studies on Oxalis. J. Coll.
Agricul., VI: 165-182.
Shinjyo C. (1969) Cytoplasmic male sterility in cultivated
rice Oryza sativa L. II. The inheritance of male
sterility. Jpn. J. Genet. 44:149–f2 156
Whitaker, T.W. (1931) Sex ratio and sex expression in the
cultivated cucurbits. Amer. J. Bot. 18: 359-366.
早瀬 広司( 1956 )「南瓜属の交雑に関する研究
VII .柱頭において花粉が発芽開始する時刻
と葯の開裂」 遺伝学雑誌 5: 49-55.
-----( 1974 )
「カボチャ=生育のステージと生理、
生態 III 雌花,雄花の分化」 農業技術大系
野菜編 第 5 巻 基 55-69 松田 敦( 1999 )「カタバミを使った遺伝教材開
発」兵庫教育大学大学院修士論文。
森尾 勉( 2002 )「カタバミの雄性不稔の研究」
兵庫教育大学大学院修士論文.
− 15 −
写真4.雄性不稔のカタバミを用いた交配の操
作。花粉を持つ花を切り取り雄性不稔の株の花
に押しつけるようにして受粉させる。
写真1.オモチャカボチャの雌花(右)と雄花
(左)
。雌花のめしべも、雄花のおしべも花の中
心に存在する(上)。内部を見ると、雌花のめし
べの周りには初期に発生を停止したおしべの痕
跡が3つ見える。雄花のおしべは、基部の花糸
がめしべの痕跡を取り囲むように円形に配置し
ている(下)。
写 真 2.開 花 直 後 の オ モ チ ャ カ ボ チ ャ の 花。
26 ℃、14 時間明期の長日条件下で栽培したオモ
チャカボチャを明期の始まり(日出に相当する)
直後に撮影した。すでに萎れ始めている花が存
在する(左から2番目の花)。
写真6.雄性不稔 HD 株では、人工授粉した花
は結実したが(白糸)、受粉させなかった花は全
て枯れた。
写 真 3.(左)野 生 型 の 花 と(右)雄 性 不 稔 の
HD 株の花.アカカタバミと呼ばれている赤葉の
カ タバ ミ は、花 の中 心 に 赤紫 色 の 蛇目(ア イ)
が存在する。アカカタバミと HD 株の花は、柱
頭がおしべよりも高い位置に来る長花柱である。
写真5.不織布で作成した防虫キャップをかぶ
せた HD 株。このような防虫キャップを用いる
と訪問昆虫による望まれない受粉を防ぐことが
出来るだけでなく、ハダニなどの予防になる。
− 16 −
写真7.カタバミハダニとハ
ダニの食害を受けたカタバミ
の葉。
ダウンロード

受粉と結実の観察教材「カボチャ」に替わる教材の提案