薬物乱用の現状
薬物事犯検挙者(全国)
平成22年
MDMA等合成麻薬
0%
シンナー
6%
大麻
15%
覚せい剤
79%
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
薬物事犯検挙者の推移(全国)
人数16,000
14,000
12,000
10,000
覚せい剤
大麻
MDMA等
シンナー
8,000
6,000
4,000
2,000
0
H17
H18
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
H19
H20
H21
H22
薬物事犯検挙者の推移(茨城県)
人数500
450
400
350
覚せい剤
大麻
MDMA等
シンナー
300
250
200
150
100
50
0
H17
H18
注)平成22年県警察本部の統計資料による。
H19
H20
H21
H22
薬物押収量の推移(全国)
kg 700
600
500
覚せい剤
大麻(乾燥大麻)
大麻(大麻樹脂)
麻薬(コカイン,ヘロイン)
あへん
400
300
200
100
0
H17
H18
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
H19
H20
H21
H22
薬物押収量の推移(茨城県)
g 8000
7000
6000
覚せい剤
大麻(乾燥大麻)
大麻(大麻樹脂)
麻薬(コカイン,ヘロイン)
あへん
5000
4000
3000
2000
1000
0
H17
H18
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
H19
H20
H21
H22
大麻草押収量の推移(全国)
本 12,000
10,000
8,000
6,000
4,000
2,000
0
H19
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
H20
H21
H22
MDMA押収量の推移(全国)
万
錠
140
120
100
80
60
40
20
0
H17
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
H18
H19
H20
H21
H22
初犯・再犯者比率(全国)
平成22年
覚せい剤
大麻
再犯者,
413,
19%
初犯者,
4879,
41%
初犯者,
1803,
81%
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
再犯者,
7114,
59%
年齢比率(全国)
平成22年
大麻
50以上
4%
40-49
9%
覚せい剤
20未満
7%
50以上
15%
30-39
26%
20-29
20%
40-49
27%
20-29
54%
※警察庁 平成22年の薬物・銃器情勢抜粋
20未満
2%
30-39
36%
大麻栽培事犯検挙者の推移(全国)
平成22年
350
300
250
200
150
100
50
0
H17
H18
※警察庁 平成21年の薬物・銃器情勢抜粋
H19
H20
H21
H22
覚せい剤の現状(平成22年)
・検挙者数が増加
・全薬物事犯の82.5%を占める。
・再犯者の構成比率が高く,増加傾向。年齢層が高い。
・密輸入が高水準。(平成に入って21年,元年に次ぐ)
・航空機利用の携帯密輸「運び屋」による小口密輸の
割合が年々増加。
・イラン人の覚せい剤密売,中国(台湾)人等の密輸入,
過去あまりなかったナイジェリア人等西アフリカ系の
関与が目立つようになった。
・末端価格が値下がり傾向であることから安定供給さ
れていることがうかがえる。平均1g=8万円
※数値は警察庁資料による
大麻の現状(平成22年)
・全薬物事犯の15.3%を占め,覚せい剤に次ぐ。
・20歳代以下の若年層,初犯者が高比率。
・30歳代以上の年齢層,再犯者の構成比率が
増加傾向。栽培事犯が増加した。
・国内で確保する傾向にあり,組織犯罪化して
いる。
・大麻の種子がインターネット等において売買
されている
※数値は警察庁資料による
大学生の大麻取締法違反事犯
◇関東学院大生2人が大麻栽培 (20年1月)
◇関西大工学部生が大麻密売・吸引 (20年5月)
◇法政大生5人が大麻所持 (20年10月)
◇慶応大生2人が大麻売買 (20年10月)
◇同志社大の女子学生が大麻所持 (20年10月)
◇早稲田大生が大麻栽培 (20年10月)
◇早大生3人,東理大生1人が大麻密輸 (20年10月)
◇京都大学法学部生が大麻所持 (21年2月)
◇専修大生が大麻所持 (21年5月)
薬物乱用防止対策
薬物乱用防止対策の基本的な考え方
① 「薬物」対策
不正な流通の取締り → 供給の削減
② 「ヒト」対策
依存者矯正施設や医療施設における治療,リハ
ビリテーション → 需要の削減
③ 「環境」対策
薬物乱用を許さない社会環境づくり
→ 需要の削減
第三次薬物乱用防止五か年戦略
(平成20年8月)
目標1 青少年による薬物乱用の根絶及び薬物乱用
を拒絶する規範意識の向上
目標2 薬物依存・中毒者の治療・社会復帰の支援及
びその家族への支援の充実強化による再乱用防止
の推進
目標3 薬物密売組織の壊滅及び末端乱用者に対す
る取締りの徹底
目標4 薬物密輸阻止に向けた水際対策の徹底
第三次茨城県薬物乱用防止五か年戦略
(平成21年度~25年度)
茨城県薬物乱用対策推進本部
(本部長:茨城県知事)
基本目標
世界的な薬物乱用問題の解決に
向け,国と一体となって県も総合
的な対策を講ずる
4つの目標
目標1 【青少年対策】
青少年による薬物乱用の根絶及び薬物
乱用を拒絶する規範意識の向上
目標2 【再乱用防止対策】
薬物依存・中毒者の治療・社会復帰の支
援及びその家族への支援の充実強化によ
る再乱用防止の推進
4つの目標
目標3 【密売対策】
薬物密売組織の壊滅及び末端乱用者に対す
る取締りの徹底
目標4 【水際対策】
薬物密輸阻止に向けた水際対策の徹底
目標に対する主なポイント
目標1 青少年による薬物乱用の根絶及び
薬物乱用を拒絶する規範意識の向上
◇啓発の対象を中・高生から大学生等にまで
に拡大
◇地域ボランティア等との連携強化
目標に対する主なポイント
目標2 薬物依存・中毒者の治療・社会復帰の支援及
びその家族への支援の充実強化による再乱用防止
の推進
◇薬物依存・中毒者の再乱用防止のためのネットワー
ク体制の充実
◇家族への相談窓口の利用促進及び家族への講習
の実施
◇民間団体等との連携の強化
目標に対する主なポイント
目標3 薬物密売組織の壊滅及び末端乱
用者に対する取締りの徹底
◇組織犯罪対策の推進
◇犯罪収益対策の推進
◇巧妙化する密売方法への対応を強化
目標に対する主なポイント
目標4 薬物密輸阻止に向けた水際対策の徹
底
◇海上,港湾等の監視・取締体制の強化
第三次薬物乱用防止五か年戦略
(平成20年8月)
(その後)
・著名人による薬物事犯
・大学生を中心とする大麻事犯
・総務省から薬物の需要根絶に向けた勧告
未然防止対策・再乱用対策を中心に「戦略」強化が必要
薬物乱用防止戦略加速化プランを策定
(平成22年7月)
・新入社員,成人式,その他若者が集まる多様な場において啓発
・インターネットカフェ等,運転免許試験場等における啓発
など
青少年を取り巻く生活環境
◇価値観が多様化し,それを容認する傾向。社会的
規範意識の低下している。
◇自然環境から都市環境。連帯感の希薄化。享楽的
風潮,匿名性が助長されている。
◇進学率の向上,高学歴重視の反面,落ちこぼれ生
徒が増えている。
◇大家族から少子家族。家族教育機能が低下してい
る。
◇情報が氾濫。主体性を失い,感覚的になる。
◇海外からの持ち帰り。
薬物Q&A
Q ダイエットに効くって本当?
→たいへん危険です。
薬物は,脳に作用して,一時的に体をだまして食欲
をなくさせます。
その結果,病的にやせたように見えますが,栄養
失調や拒食症になりかねません。
スポーツで健康な体をつくりましょう。
Q 疲れがとれるって聞くけど本当?
→薬物にだまされているだけです。
一時的にそう感じるのは,体が薬物にだまされてい
る状態です。
薬物の効果が無くなった後に,すごく疲れて苦しい
思いをすることになります。
部活や勉強で疲れた時は,十分に睡眠をとりましょ
う。
Q 1回だけなら使っても大丈夫でしょうか?
→絶対にいけません。
乱用者のほとんどは,「1回だけなら」「いつでもや
められるから」と,軽い気持ちから薬物に手を出し,
やめられなくなってこうかいしています。
人間は,ゆうわくに弱く,自分の意志だけでは,薬
物の前では無力です。
Q 大麻は体に害がないって本当?
→大きな間違いです。
「大麻は他の薬物に比べて安全」「たばこより安全」
という間違った情報が流れています。
大麻は,1回使用しただけでも,めまいがしたり,旧
に気持ちが不安定になったり,不安を感じたり,恐ろ
しさを感じたりします。
その結果,とんでもない行動を起こしてしまいます。
Q エスって薬がいいって聞くけど?
→エスとは,覚せい剤のことです。
エスは覚せい剤のことです。覚せい剤は,他にも
「スピード」「アイス」などと呼ばれています。乱用さ
れる薬物は,いろいろな名前を持っています。
名前にだまされないように気をつけ,あやしいもの
には手を出さないようにしましょう。
Q 「合法ドラッグ」ならやってみたい?
→病院や薬局・薬店の薬以外はダメ
インターネットなどで「合法○○」などといって,売ら
れているものがあります。
これらの薬物は,作用がおだやかというわけでは
ありません。また,何が入っているかもわからないの
で,身体にどういう害が起こるかもわかりません。
お医者さんや,薬局・薬店で売っている薬以外に安
全なものはありません。
Q 外国なら薬物を使ってもいいの?
→世界中の国で薬物は犯罪です。
世界中の国で,「薬物の使用は犯罪」です。また,
多くの国で,薬物の犯罪は死刑や無期ちょうえきで
す。
薬物とは知らずに密輸をさせられ,その国の法律
で死刑になる例もあります。
海外でも,薬物は「ダメ。ゼッタイ。」です。
ダウンロード

薬物乱用防止(参考資料)