ト ストワン脚
ラ
社長 熊 井 聖 樹 さ ん
上 、 大 型 家 財 道 具 の出 し
心 に 比 べ賃 料 が 割 安 の
し 入 れ は 1年 に 数 回 。 都
。キ 離 れ た 新 宿 な ど
く、 4
ロ
利 用者 は 地 元 の人 は 少 な
狩 場 で展 開 し て い る。
浜・
に 預 け 、 日本 一周 の自 動
イ カ ー で来 て車 を 駐 車 場
鉄 板 で造 く ってあ る。 マ
に し てお け な い高 級 自 動
二輪 車 の保 管 庫 。 強 固 な
わ せ た も の で、 野ざ ら し
塊 世 代 の余 暇 に 標 準 を 合
ル タ ー 。 リ タ イ アし た 団
業 マ ンを 見 て の発 奮 。 経
会 社 に就 職 、 不 動 産 業 の
道 へ。 生 き 生 き し て る営
、
0
ッ
2歳 の時 デ ペ ロ パ ー
の熊 井 社 長 を つく った 。
に顔 を 出 し た ﹂。
だ った 。 でも 月 一回 は 親
りず 、 生 き る こ と に 必 死
6年 、 宅 地 建 物 取 引
平成 1
直 り 、 顧 客 を増 や し た 。
ら し さ を出 そ う﹂ と 開 き
自分
り 、 苦 労 の連 続 も ﹁
理 から 販 一
冗部 門 に 回 わ
こ の 2年 間 の苦 業 が 今
入 れが 出 来 るよ う に廊 下
二輪 ツー リ ング が 楽 し め
都 心 の人 が ほ と ん ど 。 出
の幅 を 広 く 確 保 し て い
挑 戦だ
る。
厚 木 で育 った 熊 井 社 長
、
管 理 ・警 備 態 勢 は 万 全 。
る。 空 調 完 備 で衛 生 的
需 要 は 伸 び て い る半 面
3年 。 都 会 の マ ン シ ョ ン
、
動 産 の感 覚 で不 動 産 周 辺
は 、高 校 を卒 業 す ると定
主 任 者 の資 格 を 取 得 しプ
ロに 。 根 っか ら の負 け ず
職 に 付 かず 、 住 む ア パ ー
嫌 い。
し か も 電 話 一本 で荷 物 を
ト の連 帯 保 証 を 不 動 産 業
自 宅 ま で取 り に行 く の
で、 自 宅 の延 長 の よ う に
の親 に し ても ら い、 2年
家 財 、 布 団 など を し ま う
押 し 入れ 戸 棚 が 少 な く マ
ン シ ョン住 ま い に は 、 ま
気 軽 に 利 用 でき る のが 魅
れ 、 不 動 産 の付 加 価 値 を
高 め た い ﹂。 若 い 経 営 者
た と な い援 軍 。 季 節 を 過
社 員教育 は ﹁
す べ てま
か せ 、 私 が 責 任 を持 つ。
ぎ て使 わ な く な った 暖 房
う に積 み重 ね て い ってほ
時 間 か か っても ア リ のよ
区楠 町 1 の 3。 0 0 4 5
し い ﹂。 本 社 は 横 浜 市 西
1 3 1 61 0 0 1 9 。
、大
手 運 送 会 社 ⋮ あ ら ゆ る仕
親 の力 を 借
事 をした。 ﹁
焼 き 肉 、 レ ンタ カ ー
配 達 、 外 食 レ スト ラ ン
若 いう
を 立 てた 。 親 は ﹁
。
ち だ 。や って み ろ﹂ 新 聞
、
間 ア ル バ イ ト を し て生 計
ら し く チ ャ レ ンジ 精 神 は
今 、 注 目 され て い る の
器 具 や スキ ー 用 品 な ど を
が 昨 年 秋 に狩 場 、 こ の夏
ト ラ ンク ル ー ム に 置 い て
同社 は 、 こ のオ レ ン ジ
空 き ビ ル の有 効 活 用 と
B O Xを 厚 木 市 中 心部
磯 子 で始 め た バ イ ク シ ェ
収 納 ニー ズ を マ ッチ ング
押 し 入れ 産 業 に仲 間 入 り
︵
2カ 所 ︶ と横 須 賀 、 横
は ほぼ 満 パ イだ 。
し、 ト ラ ンク ル ー ム ﹁
オ
お け るか らだ 。
レ ン ジ B O X﹂ を 始 め て
した新 し いビ ジネ ス の
手 ぶら D
力 。名 付 け て ﹁
0
。0
Eト ラ ン ク ﹂サ ー ビ ス 3
以 上 あ るト ラ ン ク ル ー ム
盛 ん。
の商 品 力 の開 発 に 力 を 入
、
﹁
不動 産 業 だ が 脱 不
負
け
ず
嫌
い
湘南人 脈記
ダウンロード

湘南信用金庫発行「SHONANの風」2009年11月1日第243号