4.3 IPとルーティングテーブル
国際産業情報学科 2年
大竹 雅子
・IPによるパケットの配送
・ルーティングテーブルとパケット
の配送
・より複雑なネットワーク
・直接配送と間接配送
IPデータグラム
4
0
バージョン
8
16
サービスタイプ
ヘッダ長
識別子
生存時間
19
31
パケット長
フラグメントオフセット
フラグ
プロトコル番号
ヘッダチェックサム
送信元IPアドレス
送信先IPアドレス
データ
TCP/UDP/ICMPなど
・IPデータグラムには、20オクテット長の
IPヘッダがつけられる。(図1
部分)
・IPやTCP、UDPの説明図は32ビット単位
に区切られる。
※IPヘッダの各項目についての詳細
付録A.2(p211~p215)参照
チェックサム(checksum)
• IPヘッダが壊れていないことを保障する
ための16ビットのフィールド。
※IPが運ぶデータについては保障されない。
NAT(Network Address Translator)
・LAN→プライベートIPアドレスを割り当てる。
・NAT→グローバルIPアドレスを割り当てる。
★NATは、パケットが通過する時に、プライベート
IPアドレスとグローバルIPアドレスの変換をする。
ルーティングテーブルとパケットの配送
• 2つのネットワークは異なるEthernetで構築
されている。
• ルータで接続し、ネットワーク間で通信を
行えるようにする。=IPの役割★
ルーティングテーブルの設定方
法
◆1.ルータを2つのネットワークに接続する。
(ルータには2つのEthernetのNICが必要。)
◆2.NICにIPアドレスを設定。
◆3.ルーティングテーブルの設定
⇒⇒⇒目的のコンピュータまでパケットを
送ることが可能となる。
より複雑なネットワーク
• ネットワークがたくさん接続されていくと、ど
んどん複雑になっていく。
「0.0.0.0/0」
• デフォルトルート(default route)
・・・目的の送り先の情報が見つからなかった
場合にパケットを送るアドレス。
ルーティングテーブルの自動設
定
• NICにIPアドレスを設定するときに、
ネットマスクを設定する。
・・・⇒NICに接続されているネットワーク部を
計算することができ、ルーティング
テーブルが作れる。
直接配送と間接配送
• ルーティングテーブルを元にパケットを配送。
◆直接配送
・・・送信先IPアドレスを持つコンピュータと
直接つながっている場合のパケット配送。
◆間接配送
・・・送信先IPアドレスを持つコンピュータと
直接つながっていない場合のパケット配送。
インターネットなどの大きなネット
ワークでは・・・
• ルータをいくつも経由してパケットが配送される。
• IPデータグラムは間接配送を繰り返しながら
配送され、最後のルータで直接配送が行われる。
ルーティングテーブル
• UNIXやWindows 95/98、NTでは、ルーティン
グテーブルを表示させることができる。
• netstat –rn (または、netstat –r)
のコマンドを入力。
用語説明1(復習含む)
• パケット・・・データの固まり
• ネットマスク・・・ネットワークアドレス部の長
さ
• ホスト・・・末端のコンピュータ
• IP(Internet Protocol)・・インターネットの通
信
規約。
• プロキシ(proxy)・・・代理
用語説明2(復習含む)
• オクテット・・・8ビットであることを強調したい
場合に用いる。1オクテット=8ビット
• プライベートIPアドレス・・・p225参照。
・常時外部(Internet)への接続が必要ではない
組織内部のネットワークアドレスとして
自由に利用できるIPアドレス。
• グローバルIPアドレス・・・インターネットで使
うことを許されたIPアドレス。
用語説明3(復習含む)
• UDP・・・User Datagram Protocolのこと。
• TCPとUDPによってプログラム間の通信が
可能になる。
• NIC・・・Network Interface Cardのこと。
• IPアドレスとルーティングテーブル・・・郵便
でいえば、IPアドレスは「送り先の住所」で、
ルーティングテーブルは「地図」といえます。
ダウンロード

4.3_021125_oht