計算幾何学
Computational Geometry
第五章 ドローネ三角形分割
Delaunay Triangulation
地形図(terrain)

1.
2.
3次元空間の表面を2次元の平面で表現する
等高線図(contour line)
透視図(perspective view)
多面体地形図(polyhedral terrain)

標本点の高さから他の点の高さを推測する
高さ方向の補間


一つの辺を交換するだけで生じた大きな違い
最適な方法とは?
問題の提起

与えられた平面上の有限点集合に対して、三角形
分割の通り数→有限!

問題→どの通りの三角形分割が最適?

地形図の例を考察してみると→分割角度の大きい
方が良さそう?

最小角度を最大にすると→最適な三角形分割?
関連術語

平面グラフ(planar graph)
頂点の集合は互いに交差しない辺の集合によって結
ばれ、平面上に描画したもの

連結な平面グラフ(connected planar graph)
平面グラフのどの2頂点間にも辺をたどって行ける

平面分割(planar subdivision)
平面グラフによって互いに素な領域に分割されること

極大平面領域分割(maximal planar subdivision)
平面グラフの結ばれていないどの2頂点を結ぼうとす
ると必ず既存の辺と交差してしまう際の平面分割
平面グラフ(planar graph)

頂点の集合は互いに交差しない辺の集合
によって結ばれている

辺数:planar graph<non-planar graph
連結な平面グラフ(connected planar graph)

both planar and connected

planar →without graph edges crossing

connected →there is a path from any point to any
other point in the graph
平面分割(planar subdivision)

平面グラフによって有界でない領域を含む互
いに素な領域に分割される
極大平面領域分割(maximal planar subdivision)

平面グラフの結ばれていないどの2頂点を結ぼうとす
ると必ず既存の辺と交差してしまう際の平面分割
一筆書き(ひとふでがき)

ケーニヒスベルク問題(Königsberg Bridge Problem)

橋を全て1度だけ通って戻ってくるルートが存在する?
→No(1736年、レオンハルト・オイラー) →グラフ論の
始まり
オイラーの公式(Euler’s formula)

連結な平面グラフに対して、下記の関係式が
成り立つ
nv  ne  n f  2

nf 面数(有界な領域+非有界な領域)

nv 頂点数

ne 辺数
平面点集合の三角形分割

平面上の点集合 P : p1 , p2 ,..., pn 

Pを頂点集合とする極大平面領域分割で、
有界な領域がすべて三角形である

1.
オイラーの公式 n  n  n  2 より
v
e
f
三角形の個数 = 2n-2-k
2.
辺の数 = 3n-3-k
n = 頂点の総数
k = Pの凸包の境界上にある頂点の数
三角形分割の列挙

頂点の総数 =6

凸包頂点数 =4

三角形個数 =6

辺の数 =11
角度ベクトル(angle-vector)
P : p1 , p2 ,..., pn 

平面上の点集合

T→Pの三角形分割→m個三角形→3m個内角

昇順並びα1<α2<…<α3m

Tの角度ベクトル(angle-vector)
A(T)=(α1,α2,…,α3m ), αiαj when i>j
角度最適(angle-optimal)
A(T)=(α1,α2,…,α3m )

三角形分割T:

三角形分割T’: A(T’)=(α’1,α’2,…,α’3m )

A(T)>A(T’)⇔∍k s.t. αj=α’j, j=1,…k, and αk >α’k

全てのT’に成立つ時、Tは角度最適の三角形分割
→How to obtain angle-optimal triangulation?
辺のフリップ(edge flip)

凸四角形piplpjpk

線分 pi p j による三角形分割T

線分 pk pl による三角形分割T’

辺のフリップ→T⇒T’→角度ベクトルA(T)⇒A(T’)
不正な辺(illegal edge)

A(T)=(α1,α2,…,α6 )

A(T’)=(α1’,α2’,…,α6’)

 i  min  (最小角度だけを比べる)
もし min
1i 6
1i 6
'
i
→ pi p j =不正な辺→ 判断方法?
不正な辺の判断方法

辺 pi p j が不正である必要十分条件:
plがpi, pj, pkを通る円の内部に含まれる
ドローネ三角形分割の求め方
1.
正当な三角形分割法(不当な辺フリップ)
2.
逐次添加法
3.
ボロノイ図平面双対法(Vor(P)→Dg(P))
正当な三角形分割法
(不当な辺フリップ)
正当な三角形分割法




1.
2.
Legal triangulation
不正な辺を含まない三角形分割
角度最適な三角形分割
求め方:
任意の初期三角形分割
すべての辺が正当になるまで、不正な辺をフ
リップする
アルゴリズム
LegalTriangulation(T )
 入力:点集合Pのある任意の三角形分割T

1.
2.
3.
4.
5.
出力: Pの正当な三角形分割
while T が不正な辺 pi p j を含んでいる
do (* pi p j をフリップする*)
T から pi p j を取り除く
T に pk pl を加える
return T
Legal Triangulation – initial
Legal Triangulation – edge flip
Legal Triangulation – edge flip
Legal Triangulation – edge flip
Legal Triangulation – edge flip
逐次添加法
基本的な考え方
1.
点集合Pを含む大きな三角形⊿p-1p-2p-3から始
める
2.
ランダムな順序で任意の点prを加えて、現在の
三角形分割においてprの入っている三角形の
領域又は辺を求める
基本的な考え方続き
3.
領域⇒prからこの三角形の三つの頂点へそれ
ぞれ辺を加え、新たな三角形分割を構成する
4.
辺⇒prからこの辺を共有する2つの三角形の対
角頂点へそれぞれ辺を加え、新たな三角形分
割を構成する
辺の正当性を検証し、不正な辺をフリップする
5.
アルゴリズム
DelaunayTriangulation(P)
 入力:平面上のn個の点集合P
 出力: Pのドローネ三角形分割T
1. Pが⊿p-1p-2p-3に含まれるように点p-1, p-2, p-3を
選ぶ
2. ⊿p-1p-2p-3を最初の三角形分割T とする
3. for r=1 to n {
4.
do (* prをT に挿入する *)
5.
prの入っている⊿pipjpkT を求める
6.
if prが⊿pipjpkの内部にある
アルゴリズム続き
7.
8.
then
prと⊿pipjpkの3頂点を辺で結んで、新た
な三角形分割を構成する
9.
LegalizeEdge(pr, pi p j , T )
10.
LegalizeEdge(pr, p j pk, T )
11.
LegalizeEdge(pr, pk pi , T )
アルゴリズム続き
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
else
prと四角形pipjpkpl の対角頂点を辺で結
んで、新たな三角形分割を構成する
LegalizeEdge(pr, pi pl , T )
LegalizeEdge(pr, pl p j , T )
LegalizeEdge(pr, p j pk, T )
LegalizeEdge(pr, pk pi , T )
} // end of for
点p-1, p-2, p-3と、これらに接続する辺をT から
取り除く
return T
アルゴリズム
LegalizeEdge(pr, pi p j , T )
 入力: pr⇒挿入頂点, pi p j ⇒正当性検証の辺
T ⇒今までの三角形分割
 出力: 新たな三角形分割T
1. if pi p j =不正な辺
2.
3.
4.
5.
then
pi p j をフリップし、 pr pk で置き換える
LegalizeEdge(pr, pi pk , T )
LegalizeEdge(pr, pk p j, T )
点prを加えたら
1.
三角形分割の変化
点prを加えたら
2.
データ構造の変化

点prを含む三角形?

点位置決定問題
点位置決定問題

1.
2.
予め与えられた平面分割(平面
の多角形領域への分割)に対し、
質問点を含む多角形を迅速に見
出す
飛行中の航空機
現在領空通過中の国家?
⇒現在地経緯度⇒地図
走行中の自動車
最も近いガソリンスタンド?
⇒車の現在地
⇒ガソリンスタンドのボロノイ図
多角形のスラブ分割

スラブ(Slab)⇒多角形の各頂点を通る垂直な
直線で平面を分割した時の帯
スラブ分割の考察

1.
2.
3.
4.
S をn個の辺を持つ平面領域
分割とする
スラブ内にS の頂点は存在
しない
スラブ内の辺は互いに交差
せず、上下の順序がある
2つの辺に囲まれたスラブ内
の領域は、いずれもS の1つ
の面に属している
スラブ内の最も上と下の領
域は有界でない
Dobkin-Liptonアルゴリズム
1.
多角形平面をスラブに分割する
2.
質問点qがどのスラブに入るかを探索する
3.
スラブ内でどの線分の間にあるかを探索する
アルゴリズム
1.
平面領域分割の頂点のx座
標値を蓄えた配列を生成
2.
質問点qのx座標値を用いて、
上記の配列に関する2分探索
⇒qを含むスラブを見出す
3.
見つけたスラブ内の辺の上下関係から、2分探索
を行い、qのある面の直ぐ上下の線分を見出す
実例

Pを追加
点p-1, p-2, p-3の選び方
1.
M←点集Pの点のx又はy座標値の絶対値
の最大値
2.
p-1=(3M、0)
p-2 =(0、3M)
p-3 =(ー3M、ー3M)
3.
4.
ボロノイ図平面双対法
(Vor(P)→Dg(P))
双対変換(duality transform)

基本概念:
双対変換を用いると、平面上の点集合に
関する色々な性質を表すことができる。また
点集合を眺めていても、上手く解けないよう
な問題が双対変換によって簡単に解けるこ
とがよくある。
双対変換(duality transform)

基本性質:
主平面(primal plane)⇔双対平面(dual plane)
1.
接続関係不変(incidence preserving)
1対1の映写
2.
順序関係不変(order preserving)
上下位置関係変わらず(主平面と双対平面に
おける点と線の位置関係)
双対変換(duality transform)

具体の例:

平面上1点p(x, y)→2パラメータ(座標x, y)

平面上1直線y=αx+β→2パラメータ(傾きα、切片β)

We can map a set of points to a set of lines, and
vice versa, in a one-to-one manner.

色々な映写方法がある

直線⇔点

1直線とその上の3点⇔同じ点を通る3本直線
双対変換(duality transform)

方法:
1. 点→直線

点p:=(px, py) → 直線p*: y=pxx - py
2. 直線→点

直線L: y=mx + b → 点L*:=(m, -b)
双対変換(duality transform)
ボロノイ図の双対グラフ
ボロノイ図Vor(P)
 母点
 母点間のボロノイ辺
 頂点
グラフg
 頂点
 頂点間の辺(枝)
 有界の面
ドローネグラフ(Delaunay graph)
Boris Nikolaevich Delone
1890-1980, ロシア数学者
Pのドローネ三角形分割
PのドローネグラフDg(P)
枝を直線線分にすると
ドローネ辺
pi p j の判断方法
円心はボロノイ領域
V(pi)とV(pj)の共有
辺にあって、母点pi,
pjを通る円内に他の
母点がないような円
が存在する
まとめ

Pを平面上の点集合とし、TをPの三角形分割とする
1.
3点pi, pj, pkPがドローネグラフの同じ面の頂点であるため
の必要十分条件は、 pi, pj, pkを通る円の内部にPの点を含
まないこと
2.
2点pi, pjPの線分 pi p j がPのドローネグラフの辺であるた
めの必要十分条件は、Pの他の点を含まない、pi, pjを通る円
が存在すること
3.
TがPのドローネ三角形分割であるための必要十分条件は、
Tの任意1つ三角形の外接円の内部にPの点を含まないこと
4.
Pの三角形分割Tが正当であるための必要十分条件は、 Tが
Pのドローネ三角形分割であること
5.
Pの角度最適な三角形分割⇔Pのドローネ三角形分割⇔最
小角度を最大にする
ダウンロード

Document