岩室グループ1:京大新望遠鏡
実際の望遠鏡の 1/6 部分とダミー鏡材を
用いて、光の波長の 1/20 の精度で位置制
御するための試験を進めています。
鏡の境界部分で集光された点
光源像の形状を調べることで、
鏡同士の相対的な位置関係を
正確に確認することができます。
岩室グループ2:FMOS 開発
FMOS はすばる望遠鏡のファイバー多天体分
光器のことで、ほぼ完成し、共同利用観測が
始まっています。現在は、観測データの自動解
析スクリプトの開発や、装置に残っている細か
い問題点の改良などを進めています。
右の図は、FMOS で取得された解析後の近
赤外線スペクトルです。多くの天体から赤方偏
移した酸素や窒素の輝線が観測されている様
子がわかります。
ダウンロード

岩室グループ:京大新望遠鏡