リコーグループの環境経営
2011-07-21(木)
駒澤大学経営学部市場戦略学科
MR9092 奈良坂 舜
1
目次
•
•
•
•
•
•
•
•
リコーグループとは
環境経営とは
トップ・コミットメント
環境経営の考え方
環境負荷の推移
取り組み
考察
参考文献
2
リコーグループとは
• 株式会社リコーは、1936年2月に日本で設立
• リコーグループは、株式会社リコーおよび子
会社266社、関連会社6社で構成
• 世界5極(日本、米州、欧州、中国、アジア・パ
シフィック)において、事務機器を中心に事業
展開 [1]
3
環境経営とは
• 企業と社会が持続可能な発展をしていくため
に、地球環境と調和した企業経営を行うとい
う考え方
• 環境関連規制の対応だけでなく、幅広い環境
活動が求められる [2]
4
トップ・コミットメント
• 環境技術開発の加速により、自ら掲げた高い
目標を目指すとともに、持続可能な循環型社
会に向けた変革の一翼を担っていく
• 革新的な技術開発でダントツ環境トップラン
ナーとして、実現可能な社会の実現に貢献し、
地球環境とともに成長し続ける企業を目指し
ていく [1]
5
環境経営の考え方
• 人間社会が排出する環境負荷を、地球環境
の再生能力の範囲内に抑える
→ 環境・社会・経済の3つのP (Planet,
People, Profit) の関係を考える
→ 目指すべき社会の姿の表明、企業とし
ての責任を果たす [1]
6
環境経営の考え方
• 「2050年長期環境ビジョン」
→2050年までに環境負荷を1/8に低減
• 「中長期環境負荷削減目標」
→省エネ・温暖化防止、省資源・リサイクル、
汚染予防の3分野における環境負荷削減
[1]
7
環境負荷の推移
• 古来:自然の豊かな恵みを利用
→地球への環境負荷はわずか
• 18世紀:産業化
→地球への環境負荷は一気に増大
• 20世紀:地球環境問題への警鐘者の出現
→地球環境問題の認識力増加
• 現在:環境保全への真剣な取り組み [1]
8
取り組み
• 使いやすさと省エネを両立する技術開発
• 再生資源の利用
• 2010年度までにCO2排出を総量で12%削減
• 化学物質の使用・排出量削減と汚染予防
9
考察・感想
• 企業は環境問題に対して責任感を持って活
動していくことが求められている
• 企業同士協力し合うことが大切
• これ以上の地球環境問題が増大するのを防
ぐために、企業だけでなく各々が何かできる
ことを考えていく必要がある
10
参考文献
• [1] リコーグループ環境経営報告書2010
http://www.ricoh.co.jp/ecology/report/pdf20
10/all.pdf
• [2] Weblio辞書
http://www.weblio.jp/
11
おわり
12
ダウンロード

リコーグループ