ネット・ケータイの賢い使い方を
中学生にプレゼンしよう!
高校1年 社会と情報 ⑫
課題の概要
• 「中学1年生」(ターゲット)に「ネット・ケータイ・
スマホ・SNSの利用で気をつけること、賢い
利用の仕方」(内容)を3分程度のグループプ
レゼンテーションで伝える(方法)
•3~4人のグループで企画・制作・発表を行おう!
•ターゲットを意識し、何が必要かを考えよう!
•わかりやすく伝えることを意識しよう!
•マイナス面だけではなく賢い活用も伝えよう!
授業の流れ
手順(配当時間)
日程
1.課題を考える(1時間)
STEP1 個人で考える
STEP2 グループで話し合う
11/13
2.プレゼンテーションを企画する(1時間)
STEP1 テーマ・方法・伝えることを話し合う
STEP2 企画書に記入する
11/17
3.プレゼンテーションを制作する(3時間)
STEP1 現状把握、正確な知識を調べる
STEP2 調べた知識をスライドに整理する
STEP3 スライドを動かしながらリハーサル
11/20・27・12/1
4.発表・相互評価・自己評価をする(1時間)
※発表を行うグループを相互評価で決める
12/4
5.中学1年生に実際にプレゼンテーション
実習1 課題を発見する
• 中学生に直面する問題や教えてあげたほう
がいい情報モラル・使い方は何だろう?
STEP1 個人で考えよう(計3つ考えよう)
・自分の経験から必要と思うこと
・インターネットで中学生の現状を調べて
→ワークシートと付せんに記入しよう!
STEP2 グループで話し合おう
・付せんを集めて画用紙で整理しよう!
・発表しよう!
参考「ネット社会の歩き方」 ・ 「LINE安心安全サイト」
情報を整理して発表しよう!
○班(△△・□□・・・・)
アプリの問題
言葉に気をつける
悪口を書
かない
誤解を受け
る表現
個人情報
個人情
報注意
ダウンロー
ド注意
課金に
注意
悪いアプ
リもあり
SNSの使い方
ウソの情
報もあり
知らない人
と出会い
SNSの
設定
写真の位
置情報
既読・未読
でもめない
ネット上で
ケンカ
1
分
以
内
に
ま
と
め
て
発
表
す
る
実習2 プレゼンを企画する
• 前回あげたテーマのうち、自分のグループで
プレゼンテーションするテーマを決めよう!
テーマ
文字だけのコミュニケーションで気をつけること
方 法
失敗例を紹介しながら行き違いが起こりやすいこと
い違いが起こりにくい工夫を伝える
伝えること ・文字は情報が伝わりにくい
・絵文字を使って誤解を防ごう
・送る前に読み返そう
・ネットだけでなく直接話すことで誤解は防げる
下書き
コミュニケーション
こうしよう!
誤解例1
こうすれば
防げる
発表テーマ一覧
テーマ
テーマ
A-1
A-2
B-1
B-2
A-3
A-4
A-5
B-3
B-4
B-5
A-6
A-7
B-6
B-7
A-8
B-8
実習3 プレゼンを制作する
STEP1 調べる
・調べたサイトは必ず明記しておこう!
・信頼できるサイトから調べよう!
STEP2 整理する・まとめる
・自分たちの言葉でまとめよう
・話の流れを考えて整理しよう
STEP3 スライドを制作する
・文字ばかりのスライドとならないよう工夫しよう
(1枚のスライドの限度は9行程度まで)
STEP4 リハーサルをしよう
・時間を計って役割分担も確認しよう
プレゼンの構成(例)
知ってますか?
導入
興味を引き付ける部分
(例)実演、クイズ、挙手によるアンケート、実例
展開
知識を与える部分
・調べた知識を説明する
(例)個人情報を公開するリスク
まとめ
呼びかける部分(注意・提案)
こんな問題が
あります!
だからこうしま
しょう!
・いままの話のポイントをもう一度
・「こういうところに気をつけよう」
(例)簡単なパスワードはやめよう、悪口は書かないようにしよう
↓ もう一段階
・「こうしてみよう(提案)」
(例)パスワードはこう作ろう、悪口が書きたくなったらこうしよう
スライドをまとめる
①それぞれが
別名で保存
A
A
B
C
グループ
フォルダ
A-1
B
②1台のPCで
全員のスライド
を開く
1班
C
③スライドを選び
「コピー→貼り付
け」してまとめる
発表の準備をしよう!
①大まかな流れ(台本・役割)を作る!
・Wordなどで台本をつくる、分担を明確に
②通しリハーサルをする!
・本番と同じように通してみよう!
・時間をはかろう!
③相手を意識して話そう!
・練習から恥ずかしがらずとりくもう!
相互評価の観点
評価項目
A
B
C
① 声の大きさ
② 言葉づかい
③ 目線
よく
できている
だいたい
できている
もう一工夫
① 方法の工夫
② 資料のデザイン
③ 視覚的に訴えているか
よく
できている
だいたい
できている
もう一工夫
内 容
① ボリューム(量)
② オリジナリティ
よく
できている
だいたい
できている
もう一工夫
説得力
① 論理的に話しているか
② 説明と結論が一致
よく
できている
だいたい
できている
もう一工夫
発 表
方法
デザイン
標準がB、いいものがAで、Aの中でとくにすばらしいものにS
ダウンロード

Powerpoint