会津美里町空き家等の適正管理に関する条例概要①
《目的》(第1条)
所有者等、町及び自治区の責務又は役割を明確にするとともに、空き家等が管理不全な状態になることを防止するため必要な事項
を定めることにより、良好な住環境の維持・向上を図り、安全安心な地域社会の形成を図ることを目的とする。
※空き家の定義(第2条)
町内に所在する建物その他の工作物(既に倒壊したものを含む。)で、現に人が居住せず、若しくは使用していないもの又は人が居住せず、若しくは使用
していないものと同様の状態にあるもの及びその敷地
※管理不全な状態
空き家等が、次に掲げるいずれかの状態にあり、かつ、人の生命若しくは身体又は財産に被害を及ぼすおそれがあるもの
ア 老朽化若しくは強風、積雪その他の自然現象によりに空き家等が倒壊し又は空き家等の建築資材等が飛散し、若しくは剥落するおそれがあるもの
イ 空き家等に不特定の者が容易に侵入できる状態にあり、火災又は犯罪が誘発されるおそれがあるもの
ウ 空き家等に草木が繁茂し又は虫等が発生すること等により、周辺の生活環境を著しく阻害するおそれがあるもの
所有者
町
目的を達成するために、空き屋等の適正な管理に関する総合的な取り組み
を推進するものとする
空き家等が管理不全な状態にならないよう適正な管理を行わ
なければならない
自治区
良好な生活環境の維持・向上に努めるとともに、町が実施する取り組み
に積極的に協力するものとする
1
会津美里町空き家等の適正管理に関する条例概要②
情報提供(町民・自治区)(第6条)
実態調査(第7条)
空き家等の有無、状態、所有者の所在
※町が他の目的のために保有する情報の使用
※管理不全な状態にあると認めるとき
指導・助言(第8条)
※従わないとき
職員が必要な場所に立ち入り、その状況を調査できる
(ただし、所有者等の同意を得ることを原則とする)
立入調査(第10条)
所有者等が意見を述べる機会
勧告(第8条)
※応急措置(第12条)
※従わないとき
命令(第9条)
※従わないとき
公表(第11条)
空き家等に人の生命、身体又は財産に重大な損害を及ぼす危険な状態が発生し、人
の生命、身体又は財産に対し危害が切迫した場合は、その危険な状態を解消し、危害
を予防するため、必要な最小限度の措置を講ずることができる。
2 町長は、応急措置を講じたときは、遅滞なくその空き家等の所有者等に通知すると
ともに、応急措置に要した費用を徴収することができる。
※民事による解決との関係(第13条)
管理不全な状態にある空き家等の所有者等と隣人その他当該空き家等が管理不全
な状態にあることにより被害を受けるおそれがある者との間で、民事による解決を図
ることを妨げるものではない
2
ダウンロード

空き家等の適正管理に向けた調査検討 ワーキンググループ