~ドラッグストア業界~
経営戦略班 西・鬼沢・渡辺
業界の勢力図
リーダー的存在マツモトキヨシ
12社による企業集団
ウエルシアグループ
(イオン)
第三勢力
セイジョー・コクミンなど
ドラッグストア売上高ベスト10
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
店名
売上高(百万円)
182.858
マツモトキヨシ
132.055
カワチ薬局
79.126
ハックキミサワ
74.515
サンドラッグ
69.451
ツルハ
52.987
セガミメディクス
40.176
スギ薬局
39.884
スギヤマ薬品
33.950
寺島薬局
28.810
ユタカファーマシー
第1章 マツモトキヨシの戦略
①店舗数と売上高の推移
②店づくりの特徴
③店舗形態
①売上高と店舗数の推移
売上推移(単位:百万円)
500,000
450,000
400,000
350,000
300,000
250,000
200,000
150,000
100,000
50,000
0
500,000
111,461
127,124
149,166
176,172
204,202
229,418
252,666
‘96 ‘97 ‘98 ‘99 ‘00 ‘01 ‘02
‘08
店舗数
1000
900
800
700
600
500
400
300
200
100
0
1000
383
232
269
323
447
‘96
‘97
‘98
‘99
‘00
532
551
‘01
‘02
‘08
② 店づくりの特徴
・
・
・
・
・
入口を広く
店内を明るく
商品アイテムを多く
化粧品テスターの設置
新製品を早く導入する
③店舗形態
1.都市型…若者の集まる繁華街に出店し、化
粧品etcを多く取り入れた。二階建ての店舗
が多い。
2.郊外型…幹線道路沿いに駐車場を多く設
置するようにした。
3.調剤薬局型…医療機関の処方箋の調剤を
行う。
第2章 ウエルシアグループの戦略
①グループの特徴
②参加企業
①イオン・ウェルシアの特徴
1、1700店舗、売上高6400億円の大グループ
2、独自のPB(プライベートブランド)商品の開
発
3、NB(ナショナルブランド)商品低価格共同仕
入れ
4、資材、備品の共同化
イオン・ウェルシアの
PB商品→
②イオン・ウェルシア参加企業
四国・中国地方は若干弱
めだが成長するドラッグ
ストア業界で全国展開す
る。ドラッグストア業界の
最大手企業集合体といえ
る。
お山の大将になる恐れを危惧。
迅速な意思決定ができるか否
か。
第3章 第三勢力の戦略
①第三勢力の紹介と
規模
②セイジョーの戦略
①第三勢力の紹介と規模
・第三勢力とは…セイジョーとコクミン、富士薬品
「ドラッグセイムス」、ミネ医薬品「ミネ薬品」
の業務提携による企業集団
・規模…店舗数:650店舗
売上高:1539億円
大手ストアの提携で危機感を感じ始め提携を
行った。
なぜ提携を行うのか。
①共同販促
②商品や各社の自社開発商品の相互供給
③相互に密接な情報交換
④共同配送を睨んだ物流の合理化
など業界全体の再編が進むなかでメ
リットがたくさんある。
②セイジョーのコンセプト
・店舗スタッフ80%強薬剤師・栄養士etcという
専門性を持っている。
(専門性とサービスに重点を置いた店づくり)
「専門店型ドラッグストア」
お客とのコミュニケーションを大切にするコ
ンサルティング販売
・ドミナント化による地域密着。
第4章:ドラッグストアの動向
①医薬分業…病院と調剤を切り離す傾向にある。
②保健法の改正…医療費負担が増加し、病院離
れの進行
③PB商品の開発…低価格商品の開発
④グループ化による経営強化
⑤コンビニとの競争
⑥ドラッグストアの市場規模⇒1兆2千億円
調剤薬局の市場規模 ⇒5兆円
第5章:まとめ
①医薬分業や医療費負担の増加により存在
価値の高まる。
②大手医薬品メーカーとの提携による、PB
商品の展開することにより、安全な商品を
低価格で提供する。
③コンビニにはできない調剤薬局としての利
点を最大限いかしていく。
ダウンロード

2003年度分科会プレゼン第二回