A-1
福島県
圭子
山梨県
真奈美
岐阜県
子
熊本県
平井
和子
茨城県
小仁所
内田
雅美
石川県
平田
野々垣 直美
竹尾
幸江子
山口県 兼廣 敦
結婚・妊娠・出産を契機に退職
出産後の育児休暇の取得困難
介護休暇、病気休暇等の取得困難
代替職員の確保が困難
妊娠中の業務内容
(被曝を考慮した配置換え、夜勤等の免除
等)
健康管理
(本人が健康であること)
出産後の育児休暇を取りにくい
介護休暇、病気休暇等の取得困難
休暇中の人員補充が確立されていない
専門性が高いために補充が難しい
い
補充されないため、現場に残る方の負担が大き
生涯働き続ける為の支援システムの構
築
在宅診療放射線技師の会(仮称)を作
る
1
看護協会など他職種の実態を調査
2 システムの構築
3 周知と登録の促進
技師養成学校との連携
関連機関との連携
保健所との連携
日本診療放射線技師会が、看護協会など他
職種の実態を調査した結果をもとに人材バ
ンクのようなシステム作りをする
日本診療放射線技師会を中心に人材バンク
のシステムを周知させる
各技師養成学校に周知する
関係機関(医師会等)に周知する
登録の際には個人情報に対する同意書を取ることが必要
在宅診療放射線技師の把握と就業支援
非会員の入会促進
技師会は働き続ける貴女を応援しま
す!
ダウンロード

働き続けることへの支援