1
ICT Foundation
タッチタイピング
Copyright © 2010, IT Gatekeeper Project – Ohiwa Lab. All rights reserved.
2
ハント&ペック VS タッチタイピング
• ハント&ペック・・・キーボードを見ながらタイピングをすること
▪ 画面とキーボードを交互に見なければいけないので、目が疲れる
▪ 打ちたいキーを探す作業が必要で、打つ内容を考える以外に頭を使う
▪ 訓練は必要ない(誰でもすぐにできる)が、打鍵速度は頭打ちになる
• タッチタイピング・・・キーボードを見ないでタイピングをすること
▪ ディスプレイだけを見るため、視点の移動が少なく、目が疲れにくい
▪ 打ちたいキーを探さないので、打つ内容を考えることに集中できる
▪ 最初は訓練が必要(1~2時間程度)
3
ちょっと考えてみてください
• TVゲームをするとき、コントローラーを見てい
ますか?
4
タイピング能力の成長曲線
5
論より証拠
2004年度タイピング記録(抜粋)
200
超初心者(タッチタイピング)
準初心者(タッチタイピング)
経験者(タッチタイピングに転向)
超初心者(ハント&ペック)
経験者(やや我流)
150
100
日付
7月6日
6月29日
6月22日
6月8日
6月1日
5月25日
5月18日
5月11日
5月4日
4月27日
4月20日
0
6月15日
50
4月13日
打鍵数(日本語文字)
250
千葉商科大学における松澤氏の実践記録
ハント&ペック・我流
「最初は楽だが、伸び悩む」
• ハント&ペックを続ける初心者
▪ タッチタイピング習得中の初心者よりタイピングが
できる(見ながらだから当たり前)
▪ そのまま練習しても、打鍵速度は伸び悩む
• 我流を死守する経験者
▪ タッチタイピングに転向する勇気がない人が多い
▪ ある程度の打鍵速度が出るが、最終的にはタッチ
タイピングをしている人にはかなわない
6
タッチタイピング
「最初は辛いが、後で伸びる」
• タッチタイピングをはじめる初心者
▪ 最初はまったくタイピングできない
▪ あきらめないで続けると、どんどん打鍵速度は早く
なっていく
• 我流からタッチタイピングへ転向した経験者
▪ 転向直後はとても辛い
• 急激に効率が落ちる、癖でキーボードを見てしまう
▪ 転向が完了すれば、我流を続ける経験者と大きな
差がつく
7
タッチタイピング習得のこつ1
姿勢を正しく
8
タッチタイピング習得のこつ2
キーボードを絶対に見ない
• キーを見ないためには、一定の指使いで打鍵
をすることが必要
• ホームポジションを覚え、指は常にホームポジ
ションのキーに触れるようにする
9
タッチタイピング習得のこつ3
文字を意識して打つ
• 練習の時は、打つ文字を声に出してみる
• 練習を続けると、文字を意識すると自然に指が
動くようになる
• キー配列を暗記する訳ではない
タッチタイピングのできる人に無刻印のキー
ボードを見せ「このキーは?」と聞いても答えら
れないことが多い
「このキーを打って」と言えば、自然に手が動く
Happy Hacking Keyboard Professional2 白/無刻印
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbpro2/nokeytop.html
10
タッチタイピング習得のこつ4
ホームシフトメソッド
• ホームポジションの上段・下段のキーを打つ時は、
ホームポジションを上段・下段に移動させて打つ
▪ 上段・・・右人差し指はU、左人差し指はR
▪ 下段・・・右人差し指はM、左人差し指はV
• 指を伸ばしたり、縮めたりして打たない
• キーを打ったら、すぐホームポジションに戻す
11
タッチタイピング習得のこつ5
日々、正しい方法で練習を続ける
• 打ち方を覚えたら毎日使う
▪ 普段からキーを見ないで頑張る
• 単語単位で打つようにする
▪ 1文字1文字打つのではない
• 練習中は打った結果を気にしない
タッチタイピングの認知モデル(大岩)
打った結果を見て気にしていると、
文字の先読みができず、打鍵速度が上がらない
12
13
タッチタイピング習得のこつ 番外編
• 爪を短く切っておく
▪ 長いと、うまく打てません
• キーボードにハンカチをかけて練習する
▪ 少々かっこ悪いですが、絶対にキーボードが見え
ません
14
TUTタッチタイピング(TUTTT)
• TUTタッチタイピング(TUTTT)とは
▪ 豊橋技術科学大学(Toyohashi University of
Technology)で開発
▪ 英単語を打つ練習によって、一通りのキーが覚えられる
15
練習の方法
• 第0章は説明なので、最初に一通り練習
• 第1章から順番に進め、9章までを一通り練習
すれば指使いがマスターできる
▪ 1セクションにつき、1分間の練習を8回繰り返すの
が基本
▪ 8回の練習を全部やる必要は無い(ある程度の記
録がでたら、どんどん次に進める)
▪ 1回の練習が終わった後、2回以上間違った単語を
復習する画面が表示されるので、必ず復習をする
16
まずは第0章の入門から
• 第0章 入門
▪
▪
▪
▪
▪
▪
▪
▪
fdf fdf fdfの練習
jkj jkj jkjの練習
frf frf frfの練習
fvf fvf fvfの練習
fgf fgf fgfの練習
juj juj jujの練習
jmj jmj jmjの練習
jhj jhj jhjの練習
17
第1章の練習をしてみましょう
• 指が分からなければ、指の絵を見て確認する(絶対に
キーボードを見ない)
• 最初はゆっくりでよいが、一定のリズムで打つ
• 1セクションは8回の練習(合計8分)からなるが、まず
は第9章まで一通りやることが重要なので、1分間に
50字位打てるようになったら、次のセクションに進む
• 1回の練習が終わったら、間違えた単語を復習する
18
練習後の復習について
• 1分間の練習と確認作業が終わったら、一定回
数以上間違えた単語について強制的に復習さ
せられる
• 必ず復習をすること!
19
今後の練習方法
• 第9章まで一通りやる
▪ まずは1日30分を超えないように、1週間位かけて
練習する
▪ これで一通り打てるようになる
• その後は、少なくとも3日に1回10分間は継続
的に練習する
▪ 方法1:1章から9章までを1回ずつ流す
▪ 方法2:5回分くらい模擬試験を受けてみる
ダウンロード

PPT