人間技術生活分野の技術ロードマップ
1.心身ともに健康な生活
(1/8)
背景となる社会環境の変化:①人口構成の変化、⑤健康寿命、⑥体力の変化
2030年には団塊世代が80歳代となり、高齢者(65歳以上)が人口の3割を占める。こうした中でも日本が安全・安心かつ経済
活動が活発な国であり続けるために、『健康寿命80歳』の実現を目指し、誰もが生きがい持ち心身ともに健康に生活し、介護や医療を
抑制することが重要である。また近年は、若年者の筋力・体力の低下や、ストレスの増大など、子どもや現役世代においても将来に向け
心身が健康であり続ける上での不安があり、この解決に向けた取組も重要である。
達成するための技術
・生きがいを支援・実現する技術
・加齢による機能・認知力の低下を抑制する技術
・機能・認知力を発達、維持・向上させる技術
生きがいを支援・実現する技術
将来のゴール
・生きがいを持ち毎日生き生きと生活できる
・80歳でも元気に自立して暮らせる
・健やかに成長し心身ともに健康な日々をおくれる
『生きがいを持ち毎日生き生きと生活できる』
2005
健康・美を求
めるニーズが
高まる
2009
2010
個々人のこだわりを
満足させるものが
求められる
2020
2030
達成感、熱中度の計測
(脳波・心拍・呼吸・視線など)
家で誰でもデジカメのように簡単に
自分の寸法・形状計測する装置の開発
オンデマンドファッションプロジェクト
自主参加型の体の寸法・形状
データベースを使った製造技術
欲しい時に自分に合ったものが手に入れられる技術
(オンデマンドファッション技術など)
ID化された体の寸法・形状を
製品選択時に活用する技術
光の環境に応じた
色味、質感の呈示技術
自主参加型の体の寸法・形状
データベースの構築
他分野への応用
店で全身の3次元
寸法・形状を計測する装置の開発
店で足部の3次元
寸法・形状を計測する装置の開発
計測施設で全身の3次元
寸法・形状を計測する装置の開発
着た感じ(周りからの見え方)を
シミュレーションする技術
過度なダイエットの
悪影響に関する調査
体重に代わる新たな
健康的容姿バロメータの調査
ユニバーサルデザイン
性能の指標化
生活支援機器
(福祉機器)の充実
健康的な身体機能・容姿を実現する技術
人間技術生活分野の技術ロードマップ(2/8)
加齢による機能・認知力の低下を抑制する技術 『80歳でも元気に自立して暮らせる』
機能・認知力を発達、維持・向上させる技術 『健やかに成長し心身ともに健康な日々をおくれる』
2005
※
2009
身体機能:筋力、体力、視力、聴力などを意味する
認知力 :感覚調節、環境順応、作業に応じて頭を
切替えるなどを意味する
2010
元気で自立した老
後へのニーズが
高まる
2020
2030
健康・暮らし(生計など)
に不安のない生活が求
められる
介護への人財・費
用の限界
生活しながら、身体機能・認知力が
維持・回復する技術
身体機能・認知力の低下を
させないための刺激の研究
テーラーメイドの
健康支援技術
家庭内でアレルギー(花粉、化学物質など)
反応を計測する技術
家庭内電磁波・低周波の
生体影響に関する調査
日常生活でアレルギーを防ぐ技術
(ケミレスハウス、ケミレスタウンなど)
生理、生体変化をもとに生活しながら
健康診断が出来る技術
日常生活で人が受ける光・熱・音などの刺激の評価
健康家計簿プロジェクト
家庭生活に新たに登場した先進技術の
生体影響に関する調査
身体機能・認知力を維持させる
製品・効能を評価する技術
加齢による身体機能・認知力低下の調査
自主参加型健康データベースの構築(健康家計簿の構築)
五感刺激により心身の休息行動(睡眠、入浴、リラクゼーションなど)
を最適化し、生体リズムを整える技術
日常生活(環境変化)における身体の活動度の計測・評価技術
他分野への応用
日常生活に必要な
身体機能・認知力の調査
高齢者・障害者の
日常生活支援
残存機能を活かした
日常生活支援技術
見やすい色・聞きやすい音
などに関する研究
若年層の体力
低下
自殺・過労死・うつの予
防が求められる
健康な生活リズム
が求められる
生活リズムを健康的に
調整する技術
活動度・休息度(睡眠)
の計測・評価技術
日常生活における活動度・休息度
及び生活環境の計測評価技術
子どもの体格・機能・認知力を
健やかに発達させる技術
子どもの体格の成長及び
身体機能の発達に関する調査
子どもの代謝機能・調節機能の
発達に関する調査
子どもの動作・行動の
計測技術
感性価値創造YEAR
ライフサイエンスへ応用
テーラーメイド医療
人間技術生活分野の技術ロードマップ(3/8)
2.楽しく安らげる暮らし
背景となる社会環境の変化:①人口構成の変化、②出生数と合計特殊出生率、④世帯数の変化、⑤健康寿命、
⑨地球温暖化への対応
2030年には高齢者世帯が4割を超え、高齢者自身やその家族が安心して暮らせることが重要である。また、家庭内では、利便性の
向上のために高度に機械化・情報化が進むため、住宅の設備機器には益々安全快適な人間への親和が重要となる。さらに、快適性や楽し
みの更なる向上に向け人間の五感や生理の研究・活用が進む。一方で、身体機能に不安がある方の日常生活支援、少子化の抑制に向けた
育児・家事支援、快適性を維持向上させながらの省エネなどは緊急かつ永続的な課題である。
将来のゴール
・五感で楽しみ快適な空間でくつろげる
・省エネしながらでも快適に暮らせる
・家族みんなが安心して暮らせる
達成するための技術
・人に親和したエンターテイメント技術
・人間特性を活用した快適環境創出技術
・日常生活の行動・生理を見守る技術
人に親和したエンターテイメント技術
『五感で楽しみ快適な空間でくつろげる』
2005
2009
新たな楽し
みの実現
2010
ロボット技術
の進展
人を楽しませる
ヒューマノイドロボット技術
2020
2030
子どもの成長など人の生活を支援する
ヒューマノイドロボット技術
ロボット技術へ応用
お手伝いロボット
安全性向上のために人を模擬し
行動予測が容易なロボットの研究
ロボットとの家庭内共存に向けた、
人の動き(予測)・生体変化・感覚情報の計測・評価
人とのコミュニケーション
ロボット技術
人との共存に向けた
ロボットの安全指標の調査
親近感、恐怖感を与えるロボッ
トの形状・動きの調査
人に親和した柔らかい
機構を持つロボット技術
支援から見た最適なロボット技術の調査
次世代VR技術
(3次元投影)
次世代VR技術
(実際に触っているように感じられる技術)
高臨場感を演出するVR技術
VRを利用した都市景観・
生活空間を再現する技術
VRの生体への影響の調査
感覚の計測・評価技術
製品の肌触り
・質感の計測・評価
五感で感じる快適空間創出技術
(感覚刺激の組み合わせ)
他分野への応用
新技術(ロボット及び次世代VRなど)の安全性・社会的影響度の調査
2005
2009
人間特性を活用した快適環境創出技術
人間技術生活分野の技術ロードマップ(4/8)
2020
2030
2010
『省エネルギーしながらでも快適に暮らせる』
京都議定書第一約束期間
(2008~2012年)
環境意識の高
まり
省エネ型情報生活空間創生プロジェクト
環境行動の深
まり
家庭内でも個々に応じた快適環境を創出する技術
好みに応じた省エネ住環境を創出する技術
人と機器の群協調型HEMS
省エネへ応用
クラスター型エネルギーマネジメントシステム
省エネを実現しつつ快適な体感(温度・湿度・明るさ)を作り出す技術
行動パターンに応じた省エネ住環境を
創出する技術(BEMS/HEMS)
快適な住環境が人の環境順応性に与える影響の調査
人の局所部位への冷暖房と快適性の評価
日常生活での人の行動を
モニタリングする技術
高齢者の事故につながる行動モデルの構築
日常生活の行動・生理を見守る技術
高齢者世帯の
増加
高齢者等を見守る技術
地域コミュニ
ティーの希薄化
『家族みんなが安心して暮らせる』
アクティブデジタルヒューマン開発プロジェクト
アクティブデジタルヒューマンを
活用した評価を見せる技術
アクティブデジタルヒューマンを
活用した設計・評価技術
加齢による身体機能・認知力低下を
シミュレーションする技術
3次元CAD
マネキンの高度化
日常生活での動作や姿勢に応じた疲労の計測・評価技術
日常生活での筋力・視力・聴力などの総合的な計測・評価技術
日常生活での体の表面や複雑な動きの計測技術
セキュリティータウンの構築
事故につながる (地域コミュニティーの活用)
子どもの行動を
察知する技術
事故サーベイランスプロジェクト
家庭内の非日常行動
の検知技術
生活リスクを取り除きながら、群衆
としての非日常状態の挙動の検知
子ども・乳幼児の日常生活を見守る
ウェアラブルセンシング技術
子ども・乳幼児の日常生活の計測
事故予防ノウハウをものづくりに活用する技術
子どもの事故につながる
行動モデルの構築
子どもの事故原因を
分析する技術
子どもの事故に関する自主参加型データベースの構築
育児をしやすくする技術
高齢者の日常生活の計測技術
家庭内でアレルギー(花粉、化学物質など)反応を計測する技術
高齢者の日常生活を見守る
ウェアラブルセンシング技術
ICタグなどを活用したセキュリティー
タウンの構築(地域コミュニティーの活用)
日常生活でアレルギーを防ぐ技術(ケミレスハウス、ケミレスタウンなど)
ユニバーサルデザイン性能の指標化
感性価値創造YEAR
人間技術生活分野の技術ロードマップ(5/8)
3.安全・快適なモビリティー
背景となる社会環境の変化:①人口構成の変化、⑤健康寿命、⑦事故とその原因、⑧自動車運転免許保有者の変化、
⑨地球温暖化への対応
モビリティーでは、現在・将来にわたり際限がなく安全性の向上が求められ、事故防止・事故被害軽減に向けた取組が緊急かつ永続的
に重要な課題である。加えて益々高齢化が進展する中、高齢者ドライバーの安全運転支援や高齢者の自立した社会参加支援のため安全快
適に歩くように自由に使えるモビリティーの開発が求められる。また、化石エネルギー資源の消費削減に向けて、快適性を維持・向上さ
せながらのモビリティーの省エネが急務である。
将来のゴール
・乗ると元気になるモビリティーの実現
・誰でも安全快適に自由に移動できる
・安全快適に省エネドライブができる
達成するための技術
・五感や生理に適した快適モビリティー
・安全・自由な移動を実現する技術
・エコ&セイフティドライブ支援
五感や生理に適した快適モビリティー
『乗ると元気になるモビリティーの実現』
2005
2009
2010
自由な移動に制
約がかかる人の
増加(高齢化)
車椅子や乳母車のように高齢者
にとって楽な姿勢・動作の研究
新たなエネルギー
で動くモビリティー
への要求
歩くように自由に使える
新たなモビリティー技術
運転時の生理変化をアクセサリをつけるように
手軽にモニタリングする技術
運転時の姿勢変化
の検知技術
運転時の生理(心拍・
呼吸・視線など)変化の検知技術
運転しながら、身体機能・認知力が
維持・回復する技術
※
身体機能:筋力、体力、視力、聴力などを意味する
認知力 :感覚調節、環境順応、作業に応じて頭を
切替えるなどを意味する
運転者が受ける光・熱・音などの刺激の評価
加齢による身体機能・認知力低下の調査
運転時(環境変化)における身体の活動度の計測・評価技術
運転時に必要な身体機能・認知力の調査
身体機能・認知力の低下を
させないための刺激の研究
身体機能・認知力を維持させる
製品・効能を評価する技術
2020
2030
乗れば元気になる
モビリティー技術
2009
2005
人間技術生活分野の技術ロードマップ(6/8)
2020
2030
2010
安全・自由な移動を実現する技術 『誰でも安全快適に自由に運転・移動できる』
エコ&セイフティドライブ支援 『安全快適に省エネドライブができる』
ヒューマンエラーに
よる交通事故の防
止
京都議定書第一約束期間
(2008~2012年)
安全性へのあく
なき追求
高齢者ドライバー
の急増
モビリティーへ応用
多重情報提示のためのHMI技術
運転者の生理変化から
集中力低下を計測する技術
集中力、注意力を維持・喚起する
刺激の複合効果の計測・評価
運転者の状態を検知し
事故を未然に防ぐ技術
運転者の集中力低下から覚醒させる
刺激(音・光など)を与える技術
個々の運転特性の計測・評価
他分野への応用
心拍・発汗・視線・脳波などの計測による
運転者の場面に応じた集中力変化の調査
五感をバランスよく活用した
周辺状況把握に関する調査
音を用いて周辺状況を
運転者に伝える技術
運転の癖から非日常
(いつもと違う)運転行動の検知技術
運転モニタリングを活用し
足りない運転スキルを代行する技術
五感への多重入力により、快適な
移動空間を創り出す技術
アクティブデジタルヒューマンを
活用した評価を見せる技術
アクティブデジタルヒューマン開発プロジェクト
アクティブデジタルヒューマンを
活用した設計・評価技術
加齢による身体機能・認知力低下を
シミュレーションする技術
3次元CAD
マネキンの高度化
運転時の動作や姿勢に応じた疲労の計測・評価技術
運転時の筋力・視力・聴力などの総合的な計測・評価技術
運転時の体の表面や複雑な動きの計測技術
速度や大きさの異なるモビリティー
(歩行者、自転車、自動車など)の混在による危険性の調査
駅・ターミナルの
ユニバーサルデザインの評価
モビリティーの多様化
に伴う安全性を支援する技術
モビリティーの
ユニバーサルデザインの評価
感性価値創造YEAR
人間技術生活分野の技術ロードマップ(7/8)
4.安全・安心で働きがいのある環境
背景となる社会環境の変化:①人口構成の変化、②出生数と合計特殊出生率、③労働力人口の変化、⑤健康寿命、
⑦事故とその原因、⑨地球温暖化への対応
働く環境では、現在・将来にわたり際限がなく安全性の向上が求められ、事故防止・事故被害軽減に向けた取組が緊急かつ永続的に重
要な課題である。そして、団塊世代が定年を迎え産業労働人口は減少するにつれ、高度な機械化・情報化の進展、体力・筋力、言語など
が異なる様々な人の共同作業、少人数での作業など労働環境は大きく変化し労働者の心身へのストレスは増大し、ストレス軽減に向けた
取組が必須となる。また、仕事と育児・家事・介護との両立を目指し、どこでも仕事ができる環境の創出に向けた取組も重要である。
達成するための技術
・誰でも自由に仕事ができる環境の整備
・安全・安心を向上させる技術
・労働負荷を軽減する技術
将来のゴール
・年齢・性別・言語に関係なく共同して働ける
・安全・安心に心身へのストレスなく働ける
・少ない労働力でも高い労働生産を実現する
2005
2009
誰でも自由に仕事ができる環境の整備
2010
2020
2030
『年齢・性別・言語に関係なく共同して働ける』
労働人口の減少(団塊の
世代が60歳を迎える)
高齢者・女性のさら
なる労働参加ニーズ
の高まり
VRを活用したユニバーサル
コミュニケーションの実現
作業に必要な身体機能を
代替する技術
働きたい人誰もが
働ける環境の実現
作業に必要な体力・筋力を
補助する技術
作業に必要な身体機能を
補助する技術
作業者の順応力・適応力を鍛える
作業ロボットの協調技術
作業環境の
ユニバーサルデザインの評価
在宅作業でも集中力を
高める技術
高齢者・障害者向け作業機器の
使いやすさの向上技術
表示の大きさ・色、音などが
高齢者に適した作業機器の開発
サイン、サイレン、記号の
ユニバーサルデザイン
人間技術生活分野の技術ロードマップ(8/8)
2005
2009
2010
2020
2030
安全・安心を向上させる技術 『安全・安心に心身へのストレスなく働ける』
労働負荷を軽減する技術 『少ない労働力でも高い労働生産を実現する』
京都議定書第一約束期間
(2008~2012年)
安全性へのあく
なき追求
スキル・身体機能のレベルと
作業効率・ヒューマンエラーの調査
個々のスキル・身体機能に応じた
適材適所を支援する技術
アクティブデジタルヒューマンを
活用した評価を見せる技術
アクティブデジタルヒューマン開発プロジェクト
アクティブデジタルヒューマンを
活用した設計・評価技術
加齢による身体機能・認知力低下を
シミュレーションする技術
3次元CAD
マネキンの高度化
日常生活での動作や姿勢に応じた疲労の計測・評価技術
日常生活での筋力・視力・聴力などの総合的な計測・評価技術
日常生活での体の表面や複雑な動きの計測技術
ストレス・疲労の低減に向けた
作業効率の向上技術
ストレス・疲労を解消する
環境を作り出す技術
ストレス・疲労と
作業効率の関係の調査
ストレス・疲労の度合いを
明示する(知る、知らせる)技術
生理変化(脳波・発汗・視線・筋電位など)から
ストレス・疲労を計測する技術
視野に入った物を認識できているか
どうかを評価する技術
安全性・作業効率向上に向けた
労働サイクルの調査
刺激(音・光・香など)による安全性・
作業効率の高い労働サイクル創出技術
事故につながる作業者の
生理・疲労状態の調査
作業時の休憩のとり方と
安全性に関する調査
省エネ型情報生活空間創生プロジェクト
仕事場でも個々に応じた快適環境を創出する技術
好みに応じた省エネ作業環境を創出する技術
行動パターンに応じた省エネ作業環境を創出する技術(BEMS/HEMS)
省エネを実現しつつ快適な体感
(温度・湿度・明るさ)を作り出す技術
快適性・作業効率向上に向けた
人の局所部位の温度コントロール技術
作業者の活動を計測し、エネルギー効率
が高い高機能レイアウトの調査
仕事場での人の行動を
モニタリングする技術
感性価値創造YEAR
省エネへ応用
クラスター型エネルギーマネジメントシステム
ダウンロード

技術ロードマップ【339KB】