木曽川がつくった
美濃加茂の地形
美濃加茂市立西中学校 臼田伸幸
美濃加茂市立西中学校付近の地形
西中学校北側の公園の地形
坂道が続いています。
右の写真を見ると、坂道に段差(矢印)が見られます。
公園の付近をよく見てみると
公園の南側は、斜面になっています。
公園の近くの神社を見てみると
参道にも段差があります。
西中学校の南側の地形
南側にもやっぱり段差があります。
上空から見た西中学校付近
西中
こ
の
部
分
が
段
差
の
見
ら
れ
る
位
置
西中学校付近は階段状の地形になっています。
このような階段状の地形を「河岸段丘」といいます。
赤色の平らな部分を「段丘面」と呼び、
緑色の斜面の部分を「段丘崖」と呼びます。
河岸段丘の出来方
①川の流れが大地を削る
②川底が深くなる
③大地が隆起し、
川底が上がる。
④盛り上がった川底を
川の流れが蛇行を繰り返し
さらに削り続ける。
⑤もう一度大地が隆起し、
川底をさらに削り続けることで、
階段状の地形が生まれる。
河岸段丘を観察すると、
かつてそこが川底だったことが分かります。
段丘が削られた
部分を見ると、
地層が見られます。
地層をよく見ると、
丸みを帯びた石がたくさんあることに気づきます。
石が丸みを帯びているのは、
川を流れているうちに角が取れたからです。
段丘の付近には川岸でよく見られる砂が観察できます。
①美濃加茂市は木曽川がつくった町である。
②木曽川がつくった河岸段丘の段丘面に家が建っている。
③河岸段丘を観察すると、
その場がかつて川の底だったことが分かる。
資 料
河岸段丘のいろいろな写真
(美濃加茂市・可児市)
河岸段丘
鳩吹山から眺める美濃加茂市
※写真提供 中学校組合立 共和中学校 加藤繁樹校長
河岸段丘
鳩吹山から眺める可児市
※写真提供 中学校組合立 共和中学校 加藤繁樹校長
美濃加茂市と坂祝町の境にある段丘崖
段丘面
段丘崖
段丘面
段丘面につくられた、住宅街(太田町)
ダウンロード

木曽川のつくった美濃加茂の地形