日本の中小企業のワークライフバランス化戦略
NPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹
もくじ
フローレンスがワークライフバランスコン
サルティングにとりくむ理由
本事業の政策的意義
政府が取り組むべきワークライフバランス
戦略
フローレンスのビジョン
子育てと仕事そして
自己実現のすべてに
誰もが挑戦できる
しなやかで躍動的な社会
水平展開
05年度 2区でサービスイン
06年度 16区に展開
07年度 23区+近隣首都圏
と対企業向けに展開
ソーシャルイノベーションを水平展開!
構造が変わらなければ、
困る人々は生み出され続
ける!
働き方を変えて、企業社
会を変えるコンサルティン
グ活動ができまいか??
とはいえ「得しない」ことを
企業がやるわけがない。
(自分も経営者として気持
ちは分かる・・・)
その時出会ったのが「ワー
クライフバランス」の概念
従業員の仕事と生活を調
和させ、組織の生産性を
最大化させる
福利厚生ではなく、企業が
得になり、従業員の働き
方も改善されるあり方
なぜこういう発想が生まれたのか
欧米では
産業形態が変化(工業経済→サービス・知価経済)
IT・金融・ソフトウェア・コンテンツ
価値を生み出す源泉が「人」あるいは「人の創造力」になる
創造力は時間×努力に比例しない
精神的な安定、仕事の外での人間関係、勉強時間等に関連
なぜ日本では余計重要なのか
日本では
世界最速の少子高齢化による労働人口の急激な減少
大人材獲得競争へ
給料は採用力の部分であ
り全体ではない
給料の多寡では中小・ベ
ンチャーは大企業に勝て
ない
むしろ「やりがい」や「両立可能性」が重視されてきており、
中小企業はそこに人材戦略の軸足を移すべき
「ワークライフバランス」は
これからの潮流!けれ
ど・・・
ワークライフバランス化するノウハウがまだ蓄
積されていない
ワークライフバランス・コンサルティングの市場
は全く形成されていない(コンサル不在・お金を
払う企業もいない)
ワークライフバランスが福利厚生である、という
勘違い
心理的抵抗感(「通常業務だけで手一杯なん
だから」「何でこどもいる人だけ・・・」「行政が押
し付けてくる」)
イギリスは学べる
2003年から「ワークライフチャレンジ
基金」を創設
ワークライフバランスコンサルタント
を雇う雇用主に資金援助
400企業が支援を受け、総額22億円
の拠出
品川区さんとの協働で日
本初「プチ・チャレンジ基
金」
品川ワークライフバラン
ス事業スキーム
2008年3月までに区内中小企業2社
に対してコンサルティング
1社目は吉村紙業様(6月~12月)
2社目は9月後半~2月後半
11月に中間成果発表 / 3月に最終
発表
今後の政策提言
~STEP1~
1.プログラム開発
ワークライフバランス専門家を結集
共同研究の場(ワークライフバラン
ス・タスクフォース)をつくる
「企業ワークライフバランス化プログ
ラム」を作成
今後の政策提言
~STEP2~
2.執行団体の創設
日本ワークライフバランス協議会
(仮)の創設
研究、ノウハウの蓄積事業
養成講座と資格認定事業
コンサルタント派遣事業
イベント企画・出版事業
Not外郭団体 But 民間事業者!
今後の政策提言
~STEP3~
3.ノウハウの拡散事業
タスクフォースが作成したプログラムを基
に「ワークライフバランス・コンサルタント」
養成講座を開講
認定資格の発行
コンサルタントの企業派遣を行う
今後の政策提言
~STEP4~
4.市場創造のための初期投資
日本版チャレンジ基金の始動
「ワークライフバランス・バウチャー」の導
入(cf:企業向けベビーシッタークーポンのイメージ)
バウチャーの恩恵を受けた企業からは効
果データを納入してもらい、協議会DBがよ
り精度の高いものに
ブラッシュアップされたDBに基づきプロ
グラムの改定。
ダウンロード

コチラ(pptファイル)