「外国人住民の保健医療」
まず、根本から考えよう
有道 出人(あるどう でびと)
北海道情報大学
准教授
撮影現場: 小樽市にて小樽スパ 「オスパ」 2000年1月3日
1
保健の大前提は
人の受付・受入れ
外国人だから門前払いとなると、
医療と治療にもムリがある。
2
日本は外国人の入国が必要
世界一の長寿命と少子化問題に伴い、国
連と内閣は間もなく日本が世界一の高齢
化社会になると予想している。
厚生労働省によると、本年2006年より、
日本の人口は激減する。2050年までに、
1.27億人から1億人に落ちる見込み。
(よって、外国人登録者数の平均的5万人年毎増加は、20
05年の日本の人口の減少を阻んだ)
3
やはり外国人移民が必要
 2000年、国連及び小渕内閣の報告によると、現
在の生活基準と納税レベルを現状のままに保と
うとすれば、毎年労働者60万人を入国させない
といけない。
 国内労働不足と産業の空洞化を緩和するために、
日本はすでに(特に1990年から)大勢の外国人
労働者を輸入している。
(外国人200万人とブラジル人30万人登録者数は
史上最多)
要するに、看病と医療の保証がなければ、外国人住民は
永年納税して社会貢献をしますか。
4
5
「日本:
少子高齢化で
経済は外国人
労働力に大きく
依存。
それでも移民の
存在に目をつ
ぶる国家に未
来はない。」
--NEWSWEEK
SEPT 13, 2006
6
日本の「インビジブル国際化」
 年毎、国内入籍国際結婚「日本人=他国人」は4
万組。2000年から30%増加。なお年毎、国内
のみ国際結婚で産まれる子はおよそ21,000人
 「国際ルーツのある子供」(つまり「ハーフ・ダブ
ル」の子)は「外国人登録者数」の統計で現れな
い。外国人ではなく国民なので当然である。
 しかし、この「国際児」は「国勢調査」の統計でも
現れない。日本は「民族」というカテゴリで調査し
ないため、どれくらい日本の遺伝的な国際化が
進展しているのかはインビジブル。
7
左は菅原亜美(左)と菅原杏奈(1996撮影)
日本生まれ、日本育ち、母語は日本語、日本国籍を有する日本人である。
8
「若い方は外人っぽい。
お断りとなるね。」
9
温泉「湯の花’」の
「JAPANESE ONLY」 看板
日本語、英語とロシア語で
(写真撮影は1999年9月19日)
10
..
.
稚内市
...
.
.
紋別市
留萌市
小樽市 札幌市
大滝村
秋田県秋田市
群馬県伊勢崎市
群馬県太田市
山梨県甲府市
大阪府大東市
京都府京都市
岡山県倉敷市
広島県広島市
福岡県北九州
沖縄県
うるま市
.
.....
.
.
.
.
根室市
青森県三沢市
さいたま県越谷市
さいたま県戸田市
東京都荻窪
東京都青山道
東京都新橋
東京都新宿区
東京都歌舞伎町
静岡県浜松市
愛知県名古屋市
詳しくは
www.debito.org/roguesgallery.html
11
「エデン」
埼玉県越谷市越谷2−3
www.k-eden.com
Phone: 048-964-8852
(写真撮影は2007年3月6日)
12
“JAPANESE ONLY” 看板とルー
ルがこのようなところで実施中
温泉、銭湯、公衆浴場、バー
ディスコ、一般の店、 ホテル、
スポーツ用品店、レストラン、
カラオケ店、パチンコ店、ラーメン店、
理髪店、プール、ビリヤード店、
そして、女性専用エステサロン
13
次は病院ですか
 出産直後の外国人拒否
「言葉通じない」と津
市の病院(産經新聞 2007/09/27)
 「津市内で06年8月、出産直後の20代の外
国人女性が救急搬送の際、7つの病院で受け入
れを断られた。(中略)女性が日本語を話せず、
一度も産婦人科を受診していなかったため「言
葉が通じない」「処置困難」などの理由で断ら
れ、医療機関の調整に2時間がかかった」
 尚、ニュースとして表面化するのに1年間以上か
かった理由は、最近日本人にもこの目に遭った
きっかけ。外国人被害者なら報道にならぬか。
14
「外国人お断り」医療
アクセス制限の歴史がある。
「外国人労働者は国民健康保険
に加入不可。国民ではぬため」
ーー静岡県当局、1990年代
(2000年代で見直し)
15
先進国のなか、人種差別撤廃法
整備の形態が全くない国は
日本のみです
よって、差別が蔓延する
全国的に、様々な業界に。
そもそも外国人拒否は可能だから、
拒否する可能性がある。
16
では、医療業界はどうすべき?
 直ちに「国籍を問わず、病院は患者を断ってはいけ
ない」と日本国際保健医療学会が声明すること。
 当学会と医学関連組織は上記の通り、 厚生省が同
様に声明してもらうことを要請すること。
 「国籍を問わず、病院は全ての患者を断ってはいけ
ない」と法制化する(旅館業法第5条を参照に)。
 外国人が住民・納税者・労働力を日本に貢献してい
る者、かつ、患者であると全国病院へ意識高揚と行
政指導すること。
17
すると、最も健全な社会に達する
元々「外国人お断り」をしていた小樽温泉「おすぱ」の支配人と友人
写真の出典:共同通信・熊日新聞02年1月12日付
18
詳しくは
www.debito.org
なお、おまけに発言者の単行本は好評発売中
ご清聴、どうもありがとうございました!
19
このプレゼンテーションを
www.debito.orgから
ダウンロードできます
www.debito.org/
iryouhokenosaka100807.ppt
20
ダウンロード

Japanese Only