第19回日本歯科医学会 総会講演 (2000.5.29)
8020データバンク調査の報告
全国4県で実施された高齢者に対する
疫学調査の結果から
小林修平
和洋女子大・家政学部・健康栄養学科
前・国立健康栄養研究所長
調査の背景
• 「8020運動」の提唱から10年以上経過したが、
80歳高齢者の口腔健康状態の実態は依然とし
てつかみ切れていない。
• 口腔と全身健康状態との関連については、いく
つかの先行研究から関連性が示唆されてきてい
るが、果たして「8020」の人が健康か否かという
問題は、実証されているとはいい難い。
調査の目的
• 高齢者(80歳)の口腔および全身健康状態
の実態を把握する
• 口腔健康状態と全身健康状態の関連につ
いて評価し、「現在歯の多い人は健康か?」
また「よく噛める人は健康か?」という仮説
について検証する。
調査地区と調査方法
• 対象地域:
– 岩手・福岡・新潟・愛知の4県(24市町村)
• 対象者:70歳と80歳
– 岩手・福岡・愛知の各県:
• 悉皆調査(80歳のみ)、訪問健診実施
– 新潟県:
• サンプリング調査(70歳と80歳)、訪問健診実施せず
※ 80歳は大正6年生まれ、70歳は昭和2年生まれ
調査を実施した市町村の一覧
県
市
岩手県 盛岡市
町村
雫石町、葛巻町、岩手町、
西根町、玉山村、紫波町、
矢巾町、安代町
北九州市(
戸畑
苅田町、勝山町、豊津町、
福岡県 区)
、行橋市、豊
築城町、新吉富村
前市、宗像市
愛知県 岡崎市、常滑市
南知多町、田原町、渥美町
新潟県 新潟市
合計2,725名が健診を受診
悉皆調査を実施した3県の受診者数
(岩手・福岡・愛知の各県)
• 受診者総数(80歳のみ)は、1962名
• 内訳は以下のとおり
訪問健
診
16%
愛知
16%
男
37%
男女比
女
63%
県別構成比
岩手
41%
福岡
43%
会場来場と
訪問健診
健診会
場来場
84%
男女比は62.7%で、各県ともほぼ一定
全国人口統計(97年10月: 62.5% )とほぼ同じ
健診参加率(受診率)
• 全体:
– 健診会場来場者のみでは59.9%
– 訪問健診を含むと71.2%
• 県別比較:
– 岩手県の86%が最高
– 以下、福岡県(65%)、愛知県(61%)の順
• 市町村単位でみた受診率のrange:
45~94%
新潟県(新潟市)の受診者数
計763名が受診
700
600
500
人 400
数 300
200
100
0
女
男
80歳
70歳
年齢
• 事前に行ったアンケート調査(回収率80%)により、参加希望者を中心
に呼びかけを行った。
• 男女比は1:1、年齢比(70歳:80歳)は4:1にコントロール
調査項目(概要)
• 口腔健康状態:
– 歯牙、歯周、補綴、顎関節
– 細菌(カンジダ)、唾液 など
• 全身健康状態:
– 血圧、血液生化学検査、骨密度、体力測定 など
• アンケート:
– 咀嚼能力、QOL、ADL など
口腔診査の内容
• 診査基準:
– WHOの診査基準(第4版)に準拠
• 診査項目
– 歯牙
– 歯周
– 補綴
など
:歯冠部と歯根部に分けて診査
:CPI、アタッチメント・ロス
:補綴物の装着状況、補綴の必要度
唾液の生化学検査
• 安静時唾液を採取(80歳のみ)
• 検査項目:
総蛋白、アルブミン、GOT、GPT、γ-GTP、クレアチニン、総コ
レステロール、中性脂肪、カルシウム、血糖値
カンジダの検査
• 舌根部中央を綿棒で擦過
• デントカルトCAにてコロニー数を測定
全身健康状態に関する診査項目
•
•
•
•
体格(身長、体重)
視力
血圧
血液生化学検査(15項目)
総蛋白、アルブミン、GOT、GPT、γ-GPT、クレアチニン、
総コレステロール、中性脂肪、カルシウム、無機リン(IP)、
血糖値、IgG、IgA、IgM、RF(リウマチ因子)
• 骨密度(踵骨超音波法)
• 体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
アンケート調査の主要項目
•
•
•
•
•
•
咀嚼能力(山本式総義歯咀嚼能率判定表)
QOL(フェイススケール)
ADL(厚生省寝たきり判定度基準)
老研式活動能力指標
日常生活動作遂行能力
聴覚
など
分析方法
• 記述統計分析
– 岩手・福岡・愛知県のデータ(悉皆調査)
→ 全国値
– 新潟県のデータ(サンプリング調査)
→ 参考値
• 要因分析
– 全4県のデータをすべて使用
全身健康状態と口腔健康状態の関
連についての要因分析方法
• 分析対象は、検診会場来場者のみ
• 口腔健康状態を示す指標:
– 現在歯数と咀嚼能力を使用
• 関連の有無についての評価方法:
– 口腔健康状態が、その他の要因から独立して有意か
否かを多変量解析にて分析
• 離散変量:ロジスティック回帰分析
• 連続変量:重回帰分析
口腔健康状態に関する
記述統計的分析の
結果
口腔健康状態に関する記述統計
1.全体および性・県別比較
2.市町村規模別比較
3.健診会場来場者と訪問健診受診者の比較
4.現在歯数の市町村別比較(市町村単位)
– 各市町村の現在歯数の平均値を代表値として、市町村
単位で分析。歯科医師密度との関連も分析
現在歯数に関する主な結果
(全国値:80歳)
• 一人平均現在歯数 :6.0本(男7.9本、女4.9本)
• 20歯以上保有者率 :10% (男16%、女7%)
• 無歯顎者率
:46% (男39%、女51%)
現在歯数の分布(全国値:80歳)
1000
平均値
6本
最小値
1本
25%値 1本
中央値
2本
75%値 11本
90%値 21本
最大値 32本
Frequency
800
人
数
600
400
平均値
200
0
0
2
4
6
8
10 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30
= t_p_to (present teeth)
現在歯
地区・性別にみた現在歯数
図1.
地区・
性別にみた現在歯数
(全国値:80歳)
20
男
女
16
歯
数
12
8
4
9.3
7.2
6.6
3.0
6.1
5.0
0
岩手
福岡
愛知
う蝕(未処置う蝕)に関する主な
結果(全国値:80歳)
• 未処置う蝕の保有率:有歯顎者の66%
• 一人平均未処置う蝕歯数
– 有歯顎者全体:
– 未処置う蝕の保有者:
2.1本
3.3本
う蝕は非常に多く、かつ治療がされていない状態
補綴の必要度(全国値:80歳)
上下顎F
D
4.6%
片顎FD
4.5%
2装置~
2%
1装置
11%
補綴の必
要なし
78%
• 補綴処置が必要な者は、全体の22%
• うち総義歯が必要と判定された者は9%
ADL、咀嚼能力
• ADL(厚生省寝たきり判定度基準)
– 男性の約8割、女性の約3分の2がJ1(交通
機関などを利用して外出する)
• 咀嚼能力(山本式総義歯咀嚼能率判定
表の簡易版)
– 全食品が咀嚼可能な者の割合:
24%(男29%、女20%)
咀嚼能力の評価法
(山本式総義歯咀嚼能率判定表の簡易版)
以下の食品についてかむことができますか。該当する食品
の番号に○を つけて下さい。(○はいくつでも)
固い
1.ピーナッツ
2.たくあん
3.堅焼き煎餅
4.フランスパン
5.ビフテキ
6.酢だこ
7.らっきょう
8.貝柱の干物
9.するめ
10.イカの刺身
11.こんにゃく
12.ちくわ
13.ごはん
14.まぐろの刺身
15.うなぎの蒲焼き
柔らかい
口腔健康状態に関する記述統計
1.全体および性・県別比較
2.市町村規模別比較
3.健診会場来場者と訪問健診受診者の比較
4.現在歯数の市町村別比較(市町村単位)
– 各市町村の現在歯数の平均値を代表値として、市町村
単位で分析。歯科医師密度との関連も分析
市町村規模別にみた無歯顎者率と
図3.市町村規模別にみた無歯顎者率と20歯以
20歯以上保有者率
上保有者率
60%
無歯顎者
20歯以上保有者
40%
20%
0%
市(15万人以上) 市(15万人未満)
町村
口腔健康状態に関する記述統計
1.全体および性・県別比較
2.市町村規模別比較
3.健診会場来場者と訪問健診受診者の比較
4.現在歯数の市町村別比較(市町村単位)
– 各市町村の現在歯数の平均値を代表値として、市町村
単位で分析。歯科医師密度との関連も分析
健診会場来場者と訪問健診受
診者の比較
多数未処置歯保有者(
10歯
以上)
の割合
総義歯が必要な者の割
合
8%
6%
30%
4%
20%
2%
10%
0%
0%
会場
訪問
会場
訪問
口腔健康状態に関する記述統計
1.全体および性・県別比較
2.市町村規模別比較
3.健診会場来場者と訪問健診受診者の比較
4.現在歯数の市町村別比較(市町村単位)
– 各市町村の現在歯数の平均値を代表値として、市町村
単位で分析。歯科医師密度との関連も分析
各市町村別にみた一人平均現在歯数
図6.各市町村別にみた一人平均現在歯数
10
8
市
町村
現 6
在
歯
数 4
2
0
葛 岩 安 渥 玉 西 田 矢 岡 紫 勝 雫 築 行 苅 新
巻 手 代 美 山 根 原 巾 崎 波 山 石 城 橋 田 吉
町 町 町 町 村 町 町 町 市 町 町 町 町 市 町 富
村
市町村格差は、約9倍
南 豊 常 盛 豊 戸 宗
知 前 滑 岡 津 畑 像
多 市 市 市 町 区 市
町
歯科医師密度別(1971-72年度)にみ
歯科医師密度別(1971-72年度)にみ
た各市町村の現在歯数
た各市町村の現在歯数(単純平均)
(単純平均)
現
在
歯
数
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
0-26
26-35
35人口10万人あたり歯科医師数
口腔健康状態に関する
要因分析の結果
口腔健康状態に関する要因分析
1.現在歯数
2.う蝕(未処置歯保有率)
3.歯周
4.咀嚼能力
5.受療行動(過去1年間における歯科の受療経
験)
6.カンジダ
現在歯数に関する重回帰分析の結果
説明変数(危険率0.1%未満で有
意であったもののみ)
年齢 (0:70歳、1:80歳)
性 (1:男、2:女)
福岡
県(基準値=岩手県)
新潟
愛知
1~9本
喫煙(基準値=0本)
10本~
毎日の間食 (0:しない、1:する)
偏回帰係
数
-8.91 ***
-2.44 ***
2.82 ***
2.95 ***
0.99
-1.30
-2.76 ***
-1.46 ***
*** p<0.001, * p<0.05
解釈
•
•
•
•
年齢
性、県
喫煙
間食
:加齢と時代背景
:社会的背景
:歯周病による歯牙喪失
:う蝕による歯牙喪失
新潟市における年齢・性別にみた
年齢・性別にみた現在歯数
(新潟市、無歯顎者含む)
一人平均現在歯数
30
25
現 20
在
15
歯
数 10
男
女
?
5
0
70歳
80歳
口腔健康状態に関する要因分析
1.現在歯数
2.う蝕(未処置歯保有率)
3.歯周(ポケット歯率、AL歯率)
4.咀嚼能力
5.受療行動(過去1年間における歯科の受療経
験)
6.カンジダ
※ AL:Attachment Loss
現在歯数別にみた未処置う歯率、歯周
(ポケット歯率、AL歯率)
図8.現在歯数別にみた未処置う歯率と歯周(ホ ゚ケ ット歯
率、A L歯率)
40
1-9本
10-19本
20本-
30
%
20
10
0
未処置う歯率
ポケット歯率
AL歯率
口腔健康状態に関する要因分析
1.現在歯数
2.う蝕(未処置歯保有率)
3.歯周(ポケット歯率、AL歯率)
4.咀嚼能力
5.受療行動(過去1年間における歯科の受療経
験)
6.カンジダ
咀嚼能力に関するロジスティック回帰分析の結果
オッズ比
説明変数(危険率1%未満で有意であったもののみ) 現在歯数 アイヒナー
を投入した 指数を投入
場合
した場合
健診場所 (1:健診会場、2:訪問)
0.51 **
0.51 **
口腔内がネバネバする不快症状 (0:なし、1:あり)
0.69 **
0.67 **
食事の際、唾液は十分に出るか (0:はい、1:いいえ)
0.48 ***
0.46 ***
1-9本
0.88
現在歯数 (ダミー 変数、基準値=0本)
10-19本
1.21
20本4.30 ***
0.73 *
0.77
補綴必要度 (ダミー 変数、基準値=必要な 1-2装置
し)
総義歯
0.44 **
0.46 **
C 2 いずれかの顎に残存歯あり
0.81
C 1 上下顎とも残存歯あり
0.95
アイヒ
B 4 前歯部のみ咬合支持あり
1.19
ナー指数 B 3 1ゾー ンに咬合支持あり
1.31
(ダミー変
B 2 2ゾー ンに咬合支持あり
2.01 **
数、基準値
4.06 ***
=C 3:無歯 B 1 3ゾー ンに咬合支持あり
A 3 上下顎とも喪失歯あり
4.62 ***
顎)
A 2 片顎は全歯牙残存、対顎は一部喪失
6.29 ***
A 1 上下顎両側とも全歯牙残存
12.74 ***
(*** p<0.001, ** p<0.01, * p<0.05)
解釈
• 現在歯数と咬合支持数(アイヒナー指数):
– 「8020」の妥当性を支持する結果
– 臼歯部咬合支持数が多いほど咀嚼能力は良
好
– ただし、20歯未満(臼歯部咬合支持2ゾーン
未満)の有歯顎者は、無歯顎者に比べて咀嚼
能力が良好ではなかった
• 唾液分泌:
– 高齢者で生じやすいとされている口腔乾燥症
が咀嚼能力にも影響していることを示す結果
口腔健康状態に関する要因分析
1.現在歯数
2.う蝕(未処置歯保有率)
3.歯周
4.咀嚼能力
5.受療行動(過去1年間における歯科の受療経
験)
6.カンジダ
受療行動に関するロジスティック
回帰分析の結果
説明変数(5%未満で有意であったもの)
オッズ比
1-9歯
2.35 **
現在歯数 (基準:0歯)
10-19歯
3.23 ***
20歯3.74 ***
口腔症状の数
1.31 ***
かかりつけ歯科医の有無(0:なし、1:あり) 7.67 ***
歯・
口腔の価値観(スコア)
1.07 *
歯・
口腔の健康に気をつけているか(0:い
1.53 *
いえ、1:はい)
性(1:男、2:女)
0.69 *
*** p<0.001, ** p<0.01, * p<0.05
解釈
• 現在歯数が多い人ほど受療率が高い
– “More teeth, More demand Theory”の実証
• このほか、受療率の高低には以下の関係
がある
–
–
–
–
口腔の症状が多い>少ない
かかりつけ歯科医あり>なし
歯・口腔に気をつけている>いない
男性>女性
口腔健康状態に関する要因分析
1.現在歯数
2.う蝕(未処置歯保有率)
3.歯周
4.咀嚼能力
5.受療行動(過去1年間における歯科の受療経
験)
6.カンジダ
カンジダコロニー数に関連する
要因(ロジスティック回帰分析)
説明変数(危険率5%未満で有意であっ
オッズ比
たもの)
0.53
ブリッジのみ
2.38
補綴物の装着(基準= 部分床義歯
補綴物なし)
3.14
総義歯・片顎
総義歯・上下顎 5.77 **
0.61 *
快便(0:なし、1:あり)
飲酒 (0:毎日は飲まない、1:毎日飲む)
0.58 *
説明力8%、** p<0.01、* p<0.05
解釈
• 補綴物:
– カンジダがデンチャープラーク中に定着してい
ることが多いため
• 飲酒:
– 不明
• 快便の有無:
– 腸内細菌叢に棲息しているカンジダが食道を
逆流して口腔内に感染した可能性
全身健康状態と
口腔健康状態との関連
分析結果の概要
口腔健康状態
現在歯数 咀嚼能力
Q O L(
フェイススケール) ○
○
老研式活動能力指標
△
○
身長
○
×
体格 体重
×
○
BM I
×
○
血液生化学検査
?
?
血圧
×
×
視力
○
○
聴覚
△
○
骨密度
×
×
握力
×
×
脚伸展力
×
×
体力 脚伸展パワー
×
△
ステッピング
○
×
開眼片足立ち
○
○
○:
関連あり
△:
弱い関連あり
×:
関連なし
?:
関連はあるが説明困難
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
フェイススケール
Smile(++)
QOL
良好
者
Smile(+)
Smile(±)
Smile(-)
Smile(- -)
QOL:フェイススケール値の分布
(全国値・80歳) 全国値)
フェイススケール値の男女別比較(
100%
8%
80%
40%
9%
32%
60%
40%
34%
34%
20%
18%
24%
男
女
0%
sm ile(--)
sm ile(-)
sm ile(+-)
sm ile(+)
sm ile(++)
QOL:フェイススケール値の分布
(参考値・新潟)
図3.フェイススケール値の年齢・
性別比較(
新潟)
100%
80%
sm ile(--)
sm ile(-)
sm ile(+-)
sm ile(+)
sm ile(++)
60%
40%
20%
0%
70歳・男
80歳・男
女
70歳・
男 80
70歳・女
歳
フェイススケールと分析方法
Smile(++)
QOL
良好
者
Smile(+)
Smile(±)
Smile(-)
Smile(--)
方法C:ここで2区分
方法B:ここで2区分
方法A:ここで2区分
有意な関連あり
有意な関連なし
QOLに関連する要因
(ロジスティック回帰分析:方法A)
説明変数(危険率5%未満で有意であったものの 咀嚼能力 現在歯数
み)
を投入
を投入
性 (1:男、2:女)
ADL(0:J1、1:J2-)
BM I
最近の体調(0:悪い、1:よい)
肩こり(0:ない、1:ある)
食物を味わいながら食べているか(0:いいえ、
1:はい)
食事後、元気になったような気がするか(0:い
いえ、1:はい)
食欲 (0:ないことがある、1:あり)
定期的運動 (0:しない、1:する)
咀嚼能力(0:噛めない食品あり、1:全食品かめ
る)
1-9歯
現在歯数(基準値:0歯)
10-19歯
20歯-
1.71 ***
0.64 *
1.05 **
1.92 **
0.75 *
1.62 **
0.63 *
1.06 **
1.89 *
0.74 *
1.54 *
1.61 *
1.71 ***
1.74 ***
1.70 **
1.53 ***
1.72 **
1.58 ***
1.51 **
0.88
0.68 *
1.04
説明力9%、*** p<0.001, ** p<0.01, * p<0.05
図10.咀嚼能力別にみたQ O L良好
咀嚼能力別にみたQOL良好者の割合
者の割合
35%
30%
25%
20%
15%
10%
5%
0%
p<0.001
30%
20%
かめない食品あり 全食品かめる
咀嚼能力
図11.現在歯数別にみたQ O L良好者の割合
現在歯数別にみたQOL良好者の割合
p<0.05
p<0.05
30%
20%
10%
24%
20%
20%
0本
1~9本
10~19本
27%
0%
現在歯数
20本~
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
老研式活動能力指標
毎日の生活についてうかがいます。以下の質問にそれぞれについて、「は
い」「いいえ」のいずれかに○をつけて、お答えください。
1.バスや電車を使って一人で外出できますか
2.日用品の買い物ができますか
3.自分で食事の用意ができますか
4.請求書の支払いができますか
5.自分で電話がかけられますか
6.銀行預金・郵便貯金の出し入れが自分でできますか
7.年金の書類が書けますか
8.新聞を読んでいますか
9.本や雑誌を読んでいますか
10.健康についての記事や番組に関心がありますか
11.友達の家を訪ねることがありますか
12.家族や友達の相談に乗ることができますか
13.病人を見舞うことができますか
14.若い人に自分から話しかけることがありますか
老研式活動能力指標の分布
(全国値:80歳)
図6.老研式活動能力指標の分布(全国値)
20%
15%
人
数
の 10%
割
合
5%
人数 910
平均 10.8
SD
2.7
中央値 11
0%
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
得点
老研式活動能力指標:
年齢による分布の違い(新潟)
図7.老研式活動能力指標:年齢による分布の違い(新潟)
45%
40%
70歳 80歳
人数
598
161
平均 12.73 11.50
SD
1.62 2.41
中央値
13
12
35%
人
数
の
割
合
70歳
80歳
30%
25%
20%
15%
10%
5%
0%
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9 10 11 12 13 14
老研式活動能力指標(
得点)
咀嚼能力別にみた老研式活動能力指
標の得点
図9.咀嚼能力別にみた老研式活動能力指標の得点
14
*
*
***
***
12
10
得 8
点 6
かめない食品あり
全食品かめる
4
2
0
70歳男
70歳女
80歳男
80歳女
*** p<0.001, ** p<0.01, * p<0.05(t検定)
咀嚼能力の違いにより差が認められた項目
1.バスや電車を使って一人で外出できますか
2.日用品の買い物ができますか
3.自分で食事の用意ができますか
4.請求書の支払いができますか
5.銀行預金・郵便貯金の出し入れが自分でできますか
6.自分で電話がかけられますか
7.年金の書類が書けますか
8.新聞を読んでいますか
9.本や雑誌を読んでいますか
10.健康についての記事や番組に関心がありますか
11.友達の家を訪ねることがありますか
12.家族や友達の相談に乗ることができますか
13.病人を見舞うことができますか
14.若い人に自分から話しかけることがありますか
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
現在歯数別にみた身長の平均値
現在歯数別にみた身長の平均値
(cm )
170
NS
NS
160
150
*
***
0本
1-9本
10-19本
20本-
140
130
70歳男 70歳女 80歳男 80歳女
* p<0.05, *** p<0.001 (一元配置分散分析)
身長を目的変数とした重回帰分析の結果
各
説
明
帰
変
係
数
数
の
偏
回
年齢(
0:70歳、1:80歳)
性(
0:男、1:女)
福岡
県(
基準値:
岩
新潟
手県)
愛知
骨密度
1-9歯
現在歯数(
基
10-19歯
準値:
0本)
20歯-
男のみ
-3.09 ***
1.27 *
1.55
0.31
0.02
0.45
0.96
0.89
女のみ
-3.63 ***
1.67
2.57
0.23
0.10
0.34
0.76
1.60
***
***
***
**
咀嚼能力別にみた体重の比較
(年齢・性別)
咀嚼能力別にみた体重の比較(年齢・性別)
80
NS
噛めない食品あり
全食品噛める
P<0.001
70
P<0.01
P<0.10
60
50
体
40
重
30
20
10
0
70歳・男
70歳・女
80歳・男
80歳・女
体重に関する重回帰分析結果
説明変数(
危険率5%未満で有
意であったもの)
身長
A D L低下(0:J2、1:J1以下)
胃腸の調子(
0:悪い、1:よい)
1-9本
喫煙(
基準:
0本)
10本毎日の朝食(0:しない、1:する)
咀嚼能力(0:かめない食品あり、
1:
全食品かめる)
偏回帰係
数
0.62 ***
0.98 *
2.30 ***
-2.67 ***
-1.38 *
-2.45 *
1.37 ***
*** p<0.001、* p<0.05
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
視力と現在歯数の関係(80歳)
図14.視力と現在歯数の関係(80歳)
30%
**
0
1- 9
10-19
20-
*
25%
20%
15%
10%
NS
**
5%
0%
0.7以上(左)0.7以上(右)1.0以上(左)1.0以上(右)
** p<0.01,* p<0.05(χ2検定)
視力と咀嚼能力の関係(80歳)
図15.視力と咀嚼能力の関係(80歳)
25%
*
**
かめない食品あり
全食品かめる
20%
15%
10%
*
**
5%
0%
0.7以上(左)0.7以上(右)1.0以上(左)1.0以上(右)
** p<0.01,* p<0.05(χ2検定)
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
咀嚼能力別にみた聴覚に問題のない
図16.咀嚼能力別にみた聴覚に問題のない
者の割合
者の割合
かめない食品あり
全食品かめる
80%
60%
40%
20%
0%
70歳・男性 70歳・女性 80歳・男性 80歳・女性
各年齢・性区分とも有意差なし
現在歯数別にみた補聴器使用率
図17.現在歯数別にみた補聴器使用率
(80歳、よく聞こえない者に限定)
(80歳、よく聞こえない者に限定)
30%
補
聴
器 20%
の
使 10%
用
率
0%
0
1-9
10-19
20-
現在歯数
•p<0.01(χ2検定)
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
骨密度(踵骨超音波法)
図30.骨密度(
スティフネス)
:
(
新潟)
全国値
新潟(参考値)
図29.骨密度(
スティフネス)
:
(
全国値)
100
ス
テ
ィ
ッ
フ
ネ
ス
100
80
60
40
71.6
57.1
20
ス
テ
ィ
ッ
フ
ネ
ス
70歳
80歳
80
60
40
75.1
66.3
20
60.9 54.3
0
0
男
女
男
女
骨密度に関連する要因
(スティッフネスを目的変数とした重回帰分析)
• 口腔は、現在歯数、咀嚼能力ともに有意な
関連が認められなかった。
• 骨密度と有意に関連していた説明変数は、
年齢、性、BMI、ADLであった。
全身健康状態と口腔との関連
•
•
•
•
•
•
•
•
•
QOL:フェイススケール
活動能力:老研式活動能力指標
体格(身長、体重)
血液
血圧
視力
聴覚
骨密度
体力測定:握力、脚伸展力、脚伸展パワー、
ステッピング、開眼片足立ち
多変量解析による口腔健康状態と
各体力測定項目の関連性
70歳・男
80歳・男
70歳・女
80歳・女
計
NS
NS
NS
NS
一部有意だ
が傾向不定
一部有意だ
が傾向不定
NS
一部有意だ
が傾向不定
一部有意だ
が傾向不定
NS
NS
NS
NS
一部有意だ
が傾向不定
NS
NS
一部有意だ
が傾向不定
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
p<0.05
開眼片足立ち(-40/40-)
p<0.10
NS
p<0.10
NS
p<0.05
生数値
NS
NS
NS
NS
NS
体重あたり
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
NS
p<0.10
NS
NS
NS
NS
NS
NS
p<0.01
p<0.05
NS
p<0.001
生数値
握力
体重あたり
現
在 脚伸展力(体重あたり)
歯
脚伸展パワー(体重あたり)
数
ステッピング(回/10秒)
握力
咀
嚼 脚伸展力(体重あたり)
能 脚伸展パワー(体重あたり)
力
ステッピング(回/10秒)
開眼片足立ち(-40/40-)
開眼片足立ち・40秒以上の者の割合
図3現在歯数との関連
7.開眼片足立ち・
40秒以上の者の割合
現在歯数との関連
80%
*
***
60%
40%
NS
NS
20%
0
1-10
11-19
20-
0%
70歳・
男
80歳・
男
70歳・
女
80歳・
女
*** p<0.001、* p<0.05(一元配置分散分析)
開眼片足立ち・40秒以上の者の割合
図38.
開眼片足立ち・
40秒以上の者の割合
咀嚼能力との関連
咀嚼能力との関連
+
80%
**
60%
40%
噛めない食品あり
全食品噛める
*
NS
20%
0%
70歳・
男
80歳・
男
70歳・
女
80歳・
女
** p<.001、* p<0.05、+ p<0.10(一元配置分散分析)
ステッピングと現在歯数との関連
図39.ステッピングと現在歯数との関連
NS
NS
100
NS
NS
80
0
1-10
11-19
20-
60
40
20
0
70歳・男
80歳・男
70歳・女
80歳・女
一元配置分散分析
各年齢・性区分でみた分散分析(一元配置)では有意差は認められないが、
重回帰分析では20歯以上群が0歯群に比べて危険率5%で有意となる。
脚伸展パワーと咀嚼能力との関連
図40.脚進展パワーと咀嚼能力との関連
20
*
噛めない食品あり
*
15
NS
全食品噛める
*
10
5
0
70歳・男
80歳・男
70歳・女
80歳・女
* p<0.05(
t
検定)
総括-その1
高齢者(80歳)の口腔健康状態の実態
• 高齢者の口腔状態は良好とはいえない
– 一人平均現在歯数は男女合計で 6.0本
– 「8020者」は全体の約1割。
– 総義歯を必要としている者が1割近くいた
– 未処置う蝕を有している者の割合が多かった
総括-その2
「8020」の意義:咀嚼能力の面から
• 20歯以上保有者は、咀嚼能力が高かった
– 「8020」の根拠が再確認されたことを意味する
• しかし、20歯未満群の有歯顎者の咀嚼能力が無
歯顎者よりも高いという根拠は得られなかった
総括-その3
全身健康状態と口腔健康状態の関連
• 以下の作業仮説は概ね支持された
– 「現在歯数の多い人は健康状態が良好」
– 「よく噛める人は健康状態が良好」
分析結果の概要
口腔健康状態
現在歯数 咀嚼能力
Q O L(
フェイススケール) ○
○
老研式活動能力指標
△
○
身長
○
×
体格 体重
×
○
BM I
×
○
血液生化学検査
?
?
血圧
×
×
視力
○
○
聴覚
△
○
骨密度
×
×
握力
×
×
脚伸展力
×
×
体力 脚伸展パワー
×
△
ステッピング
○
×
開眼片足立ち
○
○
○:
関連あり
△:
弱い関連あり
×:
関連なし
?:
関連はあるが説明困難
要因分析結果を解釈するうえ
での注意点
• 今回の分析データは横断調査によるもの
↓
• 有意な要因であっても、それが直ちに
因果関係ありと判断できない
口腔→全身?
全身→口腔?
今回の調査の問題点
(口腔と全身の関連)
1.横断調査である:
– 「関連(+)=因果関係(+)」ではない
– 「仮説の形成」が主目的、「仮説の実証」は困難
2.分析対象者のうち80歳の割合が非常に多い
– 選択バイアスがかかっている
もし口腔が全身健康状態のリスクなら80歳以前に死亡している可
能性が大
→ より若い世代を対象とした追跡調査が必要
今後の展望
• 「8020」達成のために
– う蝕、歯周病の予防
– 歯科医療の質的変化
• 「8020」の意義
– Population Strategyと臨床目標
• 口腔と全身の関連
– 「よい歯で、よくかみ、よい体」の実証が必要
– 若い世代を対象とした追跡調査が必要
厚生科学研究事業協力者一覧
森本基
石井拓男
花田信弘
安藤雄一
厚生省
日本歯科医師会
国立健康栄養研究所
神戸市歯科医師会
株式会社山手情報処理センター
岩手 岩手医科大学歯学部予防歯科
岩手県庁
岩手県歯科医師会
新潟 新潟大学歯学部予防歯科
新潟県庁(新潟市役所)
新潟県歯科医師会
愛知 愛知学院大学歯学部
愛知県庁
愛知県歯科医師会
福岡 九州歯科大学予防歯科
福岡県庁
福岡県歯科医師会
ダウンロード

全国4県で実施された高齢者に対する疫学調査の結果から ~高齢者の