調べてみよう?
自分の薬局
2009年WADA
禁止表掲載のドーピング禁止薬物の作用と禁止医薬品
(社)宮崎県薬剤師会
健康教育推進委員会
2009年WADA禁止表の項目
1. 常に禁止される物質と方法
• 競技会時および競技会外時
「禁止物質」「禁止方法」
2. 競技会時に禁止対象となる物質と方法
3. 特定競技において禁止される物質
(社)宮崎県薬剤師会
Ⅰ.常に禁止される物質と方法
(競技会(時)および競技会外)
[禁止物質]
S1.蛋白同化薬
S2.ホルモンと関連物質
S3.ベータ2作用薬
S4.ホルモン拮抗薬と調整薬
S5.利尿薬と他の隠蔽薬
[禁止方法]
M1.酸素運搬能の強化
M2.化学的・物理的操作
M3.遺伝子ドーピング
(社)宮崎県薬剤師会
S1.蛋白同化薬
• 蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS)
• 外因性AASの禁止医薬品
• その他の蛋白同化薬
• その他の蛋白同化薬の禁止医薬品
プリモボラン錠
(社)宮崎県薬剤師会
S2.ホルモンと関連物質
禁止医薬品
• ジェノトロピン・ヒュートロープ
ノルデェトロピン・グロウジェクト
• インスリン
(社)宮崎県薬剤師会
S3.ベータ2作用薬
• 禁止医薬品
TUE申請が必要
– サルブタモール・サルメテロール
サルタノール
(社)宮崎県薬剤師会
セレベント
S4.ホルモン拮抗薬と調整薬
抗エストロゲン作用を有する薬物の禁止医薬
• アルミデックス
• フェマーラ
• アロマシン
• エビスタ
• ノルバデックス
• フェアストン
• クロミッド
(社)宮崎県薬剤師会
S5.利尿薬と他の隠蔽
利尿薬の禁止医薬品
• ダイアモックス
• ラシックス
• ナトリックス
• アルダクトン
(社)宮崎県薬剤師会
M1.酸素運搬能の強化
1. 血液ドーピング
血液ドーピングとは自己血、同種血、異種血又は
全ての赤血球製剤を投与すること
2. 酸素摂取や酸素運搬、酸素供給を人為的
に促進すること修飾ヘモグロビン製剤(ヘモ
グロビンを基にした血液代替物資、ヘモグ
ロビンのマイクロカプセル製剤等)が含まれ
るが、これらに限定するものでない。
(社)宮崎県薬剤師会
M2.化学的・物理的操作
1. ドーピングコントロールで採取された検体の
完全性及び有効性を変化させるために改ざ
ん又は改ざんしようとすることは禁止される。
これらにはカテーテルの使用、尿のすり替
え、尿の改変などが含まれるが、これらに
限定するものでない。
2. 静脈内注入は禁止される。但し、外科的処
置の管理、救急医療または臨床的検査に
おける使用は除く。
(社)宮崎県薬剤師会
M3.遺伝子ドーピング
• 競技能力を高める可能性のある内因性遺伝
子の発現を修飾する、細胞または遺伝因子
の移入あるいは細胞、遺伝因子または薬物
の使用は禁止される。
(社)宮崎県薬剤師会
Ⅱ.協議会時に禁止対象となる物質と方法
•
•
•
•
S6.興奮薬
S7.麻薬
S8.カンナビノイド
S9.糖質コルチコイド
禁止薬物使用を認め 涙ながら謝罪する
マリオン ジョーンズ 金3個を含む...
(社)宮崎県薬剤師会
S6.興奮薬
特定物質
• 禁止医薬品
• エホチール
• リタリン
• ベタナミン
• エフピー
(社)宮崎県薬剤師会
S7.麻薬
• 禁止表に掲載され明確に禁止されている物質
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
レペタン
デュロテップ
オプソ
アンペック
MSコンチン
カディアン
パシーフ
オキシコンチン
ソセゴン
ペンタジン
(社)宮崎県薬剤師会
S8.カンナビノイド
• 世界各国において、さまざまな呼称でstreet
drugとして使われている。
• 思考、知覚、気分を異常に変化させ、多幸感、
高揚感を期待しているため禁止。
• 憂うつ感、被暗示性の増強、錯乱、幻覚を伴
うことがある。選手が競技に対する不安や焦
りから逃避する目的で嗜癖に陥る危険性が
ある。
(社)宮崎県薬剤師会
S9.糖質コルチコイド
• エネルギー代謝を活性化させ、競技力向上をね
らって使用される。あるいは陶酔感を期待して使
用されるため禁止。
• 炎症を抑える作用があるので、ケガをしていても
競技を継続できてしまうことがあるので注意。
• 感染の増悪、続発性副腎機能不全、消化性潰瘍
が発現。
• 強力ポステリザン軟膏はTUE申請不要=OK
(社)宮崎県薬剤師会
Ⅲ.特定競技において禁止される物質
P1.アルコール
• 血中濃度が35mg/mlを超えると精神運動
障害が発現する
• 検出方法は、呼気分析あるいは血液分析
P2.ベータ遮断薬
• 特定の定めがある場合を除き、下記の競技種
目において競技会(時)に限って禁止
• 静穏作用のため選手の不安解消や「あがり」
の防止、また、心拍数と血圧の低下作用で心
身の動揺を少なくするため禁止
(社)宮崎県薬剤師会
P1.アルコール
• アルコール(エタノール)は競技種目
において競技会(時)に限って禁止
• ドーピング違反が成立する閾値(血
液の値)は0.10g/L
• ちなみに、酒気帯び運転は0.15m
g/ml~0.25mg/ml
(社)宮崎県薬剤師会
アルコブロー アルコブローカスタム
P1.アルコール
• 航空 ス ポ ー ツ ( 気 球 、 グ ラ イ ダ ー 、 ハ ン グ ラ イ
ダー、パラグライダー、パラシュート)・アーチェ
リー・自動車
• ブール(全長27.5mのコート内で、小さい目標
球(ビュット)に向かって金属製のボール(ブー
ル)を転がし、自分のボールを相手よりもビュ
ットに近づけたり、自分のボールを投げてほぼ
ノーバウンドで相手のボールに当てて弾き飛
ばし、相手ボールの方をビュットから遠ざける
ことで得点を競うのが原型である。
• 空手・近代五種・モーターサイクル・ナインピン
およびテンピンボウリング・パワーボート
(社)宮崎県薬剤師会
P2.ベータ遮断薬
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
テノーミン
ケルロング
メインテート
ミケラン
アーチスト
セレクトール
トランデート
ミロル点眼液
セロケン
カルビスケン
インデラル
ソタコール
チモプトール点眼液等
(社)宮崎県薬剤師会
P2.ベータ遮断薬
• 航空スポーツ・アーチェリー・自動
車・ビリヤードおよびスヌーカー・ボブ
スレー・ブール・ブリッジ(カード)・
カーリング・ゴルフ・体操・モーターサ
イクル・近代5種・ナインピンおよびテ
ンピンボウリング・パワーボード・セイ
リング・射撃・スキー/スノーボード
ジャンプ、フリースタイル・スノーボー
ド・レスリング
(社)宮崎県薬剤師会
監視プログラム
• スポーツにおける濫用のパターンを把握する
ために監視することを望む物質について監視
プログラムを策定しなければならない
• 興奮薬:競技会(時)のみ カフェイン
• 麻薬:競技会(時)のみ
(社)宮崎県薬剤師会
特に気をつけたい一般用医薬品(OTC
医薬品)と健康食品・サプリメント
•
•
•
•
•
•
•
•
胃腸薬に注意
滋養強壮薬に注意毛髪・体毛用薬に注意
鎮咳去痰薬に注意
漢方薬に注意
風邪薬に注意
その他の注意する医薬品
アレルギーの内服薬
健康食品・サプリメントに注意
(社)宮崎県薬剤師会
胃腸薬に注意
• ストリキニーネを含有する生薬ホミカ成分
• ストリキニーネは興奮薬として禁止され、検出
されれば直ちに違反。
(社)宮崎県薬剤師会
滋養強壮薬に注意
• 禁止物質である蛋白同化薬(テストステロン)及びホ
ルモンの関連物質を含む漢方薬または、ストリキ
ニーネ(ホミカ)を含む。
• 国体期間中に限らず、普段から使用しないようにす
る。
• 蛋白同化薬及び関連物質として、生薬成分である、
海狗腎(カイクジン)、麝香(ジャコウ)など
(社)宮崎県薬剤師会
毛髪・体毛用薬に注意
男性ホルモンが配合されているものがある。
• ミクロゲンパスタ
(社)宮崎県薬剤師会
鎮咳去痰薬に注意
• ベータ2作用薬は常時禁止です。鎮咳去痰薬
に含まれるトリメトキノール、メトキシフェナミ
ンにはベータ2作用があり禁止物質がありま
す。普段から使用しないようにする。
• エスエスブロン液Z
• コルゲンコーワ咳止め透明カプセル
(社)宮崎県薬剤師会
漢方薬に注意
• 麻黄
– エフェドリン(特定物質)
– メチルエフェドリン(特定物質)
• 茶葉
– カフェイン(監視プログラム)
• ホミカ
– ストリキニーネ(禁止物質)
• 陳皮
– シネフリン(監視プログラム)
(社)宮崎県薬剤師会
その他の注意する医薬品
• 痔の軟膏:
– 糖質コルチコイド
– ボラギノールA注入軟膏
• 鼻づまりの点鼻薬、点眼薬
– ナファゾリン(プリビナ)
• アレルギーの内服薬
(社)宮崎県薬剤師会
風邪薬に注意
• 総合感冒薬:エフェドリン・メチルエフェドリン
• エフェドリンが含まれる場合は、競技会3日前
には服用を止める。
(社)宮崎県薬剤師会
健康食品・サプリメントに注意
• 海外の製品:中国製ダイエット食品など
• ビタミン、ビタミン様物質(コエンザイムQ10、
Lカルニチンなど)などは禁止されていません。
しかしこれらに種々の強壮剤を配合した製剤、
特に外国製品には禁止物質を含むものがあ
る
• アミノ酸:スポーツドリンクには天然物を添加
したものがあるので注意
(社)宮崎県薬剤師会
ダウンロード

調べてみよう? 自分の薬局 2009年WADA 禁止表掲載の - No-IP