0759****
和歌山けいこ
調査の動機・目的
同じ教育学部のみんながどんな理由でこ
の大学に入学したのか知りたいと思った
から。
特に私はB過程であり、教員免許を取る
つもりもないので、私と同様の考えを持
つ人がどのくらいいるのか気になったか
ら。
将来の教職希望について
【A過程県内外】
A過 程 和 歌 山 県 出 身 の 将 来 の 教 職 希 望 に つ
いて
2%
2%
11%
27%
A 過程和歌山県外出身者の将来の教職希望について
3%
1=教職以外は考えてい
ない
2%
2=教員採用試験と就職
活動の両方を検討中
56
%
3=学校教員以外の教育
関係の仕事を希望して
いる
4=教職・教育関係の仕
事に就こうとは考えてい
ない
5=将来のことは現時点
では何も考えていない
6=その他
0%
0%
8%
29
%
教職以外は考えていない
教員採用試験と就職活動の
両方を検討中
6
0
%
学校教員以外の教育関係の
仕事を希望している
教職・教育関係の仕事に就こ
うとは考えていない
将来のことは現時点では何も
考えていない
その他
「教職以外は考えられない」と回答した生徒が県内外ともに約60%を占めた。
その他の項目も似たようなパーセンテージになっている。
「学校教員以外の教育関係の仕事には就かない」と回答した生徒は県外A過程ではいない。
「教職・教育関係の仕事に就こうとは考えていない」と回答した生徒は県外では8%
県内では2%となった。
ランキングにすると
★県内★
★県外★
№1 教職以外は考え
ていない
№1 教職以外は考え
ていない
№2
№2 教員採用試験と就職活動
の両方を検討中
№3 将来のことは現時点では
何も考えていない
№4 教職・教育関係の仕事に
就こうとは考えていない
№5 学校教員以外の教育関係
の仕事を希望している
№6 その他
教員採用試験と就職活動
の両方を検討中
№3 学校教員以外の教育関係
の仕事を希望している
№4 教職・教育関係の仕事に
就こうとは考えていない
№5 将来のことは現時点では
何も考えていない
№6 その他
考察
• やはり教職に就きたいという意思を持ってい
る生徒が多数を占める。
• 県外A過程の教職に就きたい学生は全員が
教員になりたいと思っている。
• 教職・教育関係の仕事に就こうとは考えてい
ない生徒は県外のほうが多い。
将来の教職希望について
【B過程県内外】
県内B過程・将来の教職希望について
0%
2%
18%
46%
16%
教職以外は考えていない
教職以外は考えていない
教員採用試験と就職活動
の両方を検討中
教員採用試験と就職活動
の両方を検討中
学校教員以外の教育関係
の仕事を希望している
教職・教育関係の仕事に
就こうとは考えていない
18%
県 外 B過 程 ・ 将 来 の 教 職 希 望 に つ い て
将来のことは現時点では
何も考えていない
その他
25%
2%
35%
7%
20% 11%
学校教員以外の教育関係
の仕事を希望している
教職・教育関係の仕事に就
こうとは考えていない
将来のことは現時点では何
も考えていない
その他
「教職以外は考えていない」と回答した人は県外の人の方が多く、
4分の1を占める。一方、県内B過程の人は約半数が「教員採用試験と就職活動
の両方を検討中」と答えた。
ランキングにしてみると
★県内★
★県外★
№1 教員採用試験と就職活
動の両方を検討中
№1 教員採用試験と就職活
動の両方を検討中
№2 教職以外は考えていない
№3 学校教員以外の教育関係の仕事
を希望している
№4 教職・教育関係の仕事に就こう
とは考えていない
№5 将来のことは現時点では何考え
ていない
№6 その他
№2 教職以外は考えていない
№3 教職・教育関係の仕事に就こ
うとは考えていない
№4 学校教員以外の教育関係の仕
事を希望している
№5 将来のことは現時点では何も
考えていない
№6 その他
考察
• 県内外ともに1番割合が多いのは「教員採用
試験と就職活動の両方を検討中」と回答した
人である。2番目は「教職以外は考えていな
い」と回答した人である。
• B過程においてもやはり教職を希望する人が
多い。
「教育学部」への入学動機
【県内外】
和歌山県外の学生の「教育学部」への
入学動機
0%
9%
10%
1%
将来、教職への希望がある
ため
将来、教職に必ず就くと決
めているため
大学偏差値
9%
30%
13%
国立大学だから
国公立大学だから
3%3%
自宅から通学できるから
5%
26%
10%
将来教職への希望があるた
め
地元大学だから
自宅から通学できるから
ただなんとなく
11%
和歌山県の学生の「教育学部」への入学動機
17%
その他
地元大学だから
将来、教職に必ず就くと決め
ているため
17%
18%
18%
大学偏差値
その他
ただなんとなく
和歌山県出身の学生も県外の学生も「教育学部」への入学動機で多数を占めるのは『国公立大学
だから』である。
『ただなんとなく』と答えた学生は和歌山県出身者では、3%であったのに対し和歌山県外の学生
は『ただなんとなく』という理由で大学に入学した人が9%である。
「将来教職への希望があるため」や「将来、教職に必ず就くと決めているため」と教職への希望を
持って入学した人たちはたいした変わりはない。
入学希望が「大学偏差値」と答えた人は県内の学生では5%だったのに対し県外の学生では、
11%であった。
「教育学部」への第一入学動機
【県内外】
和歌山県の学生の「教育学部」への入学動機
4% 2% 1%
8%
第一動機
将来教職への希望がある
ため
将来、教職に必ず就くと決
めているため
国立大学だから
12%
19%
和歌山県外の学生の「教育学部」への入学動機
28%
7%
8%
自宅から通学できるから
地元大学だから
26%
3%
1% 0%
ただなんとなく
将来、教職に必ず就くと決めて
いるため
国立大学だから
将来教職への希望があるため
36%
20%
その他
大学偏差値
自宅から通学できるから
その他
大学偏差値
第一動機
25%
ただなんとなく
地元大学だから
「教育学部」への第一入学動機の
集計結果
★県内★
★県外★
№1 将来教職への希望があ
るため
№2 将来教職に必ず就く
と決めているため
№3 国立大学だから
№4 自宅から通学できる
№5 地元大学だから
№6 その他
№7 大学偏差値
№8 ただなんとなく
№1 将来教職に必ず就く
と決めているため
№2 国立大学だから
№3 将来教職への希望があ
るため
№4 その他
№5 地元大学だから
№6 自宅から通学できる
№7 ただなんとなく
№8 地元大学だから
考察
• 和歌山大学の入学動機として「国公立である」という点が大いに関
わっている。
• 県内の学生にとって「自宅から通学できる」ということは大きな入
学動機である。
• 『ただなんとなく』という理由で大学に入学した人が県外のほうが
多い。
• 県内外ともに教職に就くという希望を大いにもって入学している。
• 入学希望が「大学偏差値」を気にして入学したのは県外の学生のほ
うが多い。
• 県内外ともに入学第一動機において第1・2・3位を「将来教職へ
の希望がある」「将来教職に必ず就くと決めているから」「国公立
大学だから」という3項目が占めた。
まとめと今後の対応
• 今回のアンケートの結果からやはり多くの人が
教職に就くことを望んでいることがわかった。
• 私はB過程あり、教員免許をとるつもりはない。
私のほかにも多数の人が取らないようだ。教員
免許をとるB過程の人たちは大変なので、そのた
めにB過程の中でおそらく免許を取る生徒と、取
らない生徒の間で同じ授業を受ける際、何らか
の差が出来ると予想できる。
ダウンロード

サンプル5 - 和歌山大学