福岡県脊髄損傷ネットワーク構想
~福岡県における脊髄損傷患者の
統括的データベースの構築を中心に~
方法:Cross sectional studies
対象:福岡県下の2次救急、3次救急病院
計148病院
期間:2005年 1月~12月
2006年2月に郵送にて各病院にアンケート用紙を
送付
結果
(2006.9.1 現在)
回答率82.4%
(148病院中122病院)
対象症例を有した病院数
122病院中27病院
対象症例数
125症例
新規脊損発生数(予測値)
31.02人/100万人
年代分布 症例数
30
25
20
15
10
5
0
0~9
10~19
20~29 30~39
40~49
50~59
60~69
70~79 80~89
90~99 記入無し
年代別人口比による症例数/100万人
70
60
50
40
30
20
10
0
0~9
10~19
20~29
30~39
40~49
50~59
60~69
70~79
80~89
90~99
麻痺の程度(Frankel分類)
70
60
50
40
30
20
10
0
A
B
C
D
骨傷・高位と麻痺
45
40
35
30
25
20
15
10
5
0
A
B
C
D
骨傷あり
骨傷無し
頚髄損傷
骨傷あり
骨傷無し
胸・腰髄損傷
福岡県の脊髄損傷発生頻度調査
• 福岡県脊損登録管理事務局を設置した。
• 救急指定病院を対象とした2005年の新規脊損患者に関するアンケートを行った。
• 回収率は82.4%であった。
• 新規脊損患者数は31.02人/100万人と推計された。
• 第一回全国調査(発生率39.4人/100万人、1990年)と比較すると、男女比は同様で(4
:1)、受傷時年齢は高齢化し(48.5歳から56.2歳)、胸腰髄損傷に対する頚髄損傷の
割合が増大し(74.3%から80.0%)、歩行可能な不全麻痺例が増加していた(Frankel
Dが17.9%から39.7%)。
• 第二回調査(2002年)同様非骨傷性脊髄損傷が55%以上を占めていた。
C4 fracture-dislocation
17, M
Judo
The day of injury
Case 15
C4 fracture-dislocation
The day of injury
Case 15
C4 fracture-dislocation
(C4/5 anterior decompression and fusion) Post-op. 10 days
Case 15
C4 fracture-dislocation
3 mos. after injury
Case 15
ダウンロード

同様非骨傷性脊髄損傷が55%以上を占めていた