ホームページ
□http://www.kindai.ac.jp/
近畿大学全体
□http://www.civileng.kindai.ac.jp/
近畿大学理工学部社会環境工学科
□http://www.jsce.or.jp/
土木学会(本部、関西支部はリンク)
□http://wwwsoc.nii.ac.jp/cpij/
日本都市計画学会
□http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm
日本建築学会
技術者倫理
技術倫理
熟成した社会を目指して
土木学会
土木技術者の倫理規定


前 文
1.1938年(昭和13年)3月、土木学会は「土木技術者
の信条および実践要綱」を発表した。この信条および
要綱は1933年(昭和8年)2月に提案され、土木学会相
互規約調査委員会(委員長:青山士、元土木学会会
長)によって成文化された。1933年、わが国は国際連
盟の脱退を宣言し、蘆溝橋事件を契機に日中戦争、太
平洋戦争へ向っていた。このような時代のさなかに、
「土木技術者の信条および実践要綱」を策定した見識
は土木学会の誇りである。
前文つづき





2.土木学会は土木事業を担う技術者、土木工学に関
わる研究者等によって構成され、
1) 学会としての会員相互の交流、
2) 学術・技術進歩への貢献、
3) 社会に対する直接的な貢献、を目指して活動してい
る。
土木学会がこのたび、「土木技術者の信条および
実践要綱」を改定し、新しく倫理規定を制定したのは、
現在および将来の土木技術者が担うべき使命と責任の
重大さを認識した発露に他ならない。
基本認識


1.土木技術は、有史以来今日に至るまで、人々の安
全を守り、生活を豊かにする社会資本を建設し、維
持・管理するために貢献してきた。とくに技術の大い
なる発展に支えられた現代文明は、人類の生活を飛躍
的に向上させた。しかし、技術力の拡大と多様化とと
もに、それが自然および社会に与える影響もまた複雑
化し、増大するに至った。土木技術者はその事実を深
く認識し、技術の行使にあたって常に自己を律する姿
勢を堅持しなければならない。
2.現代の世代は未来の世代の生存条件を保証する責
務があり、自然と人間を共生させる環境の創造と保存
は、土木技術者にとって光栄ある使命である。
倫 理 規
土木技術者は



定
1.「美しい国土」、「安全にして安心できる生活」、
「豊かな社会」をつくり、改善し、維持するためにそ
の技術を活用し、品位と名誉を重んじ、知徳をもって
社会に貢献する。
2.自然を尊重し、現在および将来の人々の安全と福
祉、健康に対する責任を最優先し、人類の持続的発展
を目指して、自然および地球環境の保全と活用を図る。
3.固有の文化に根ざした伝統技術を尊重し、先端技
術の開発研究に努め、国際交流を進展させ、相互の文
化を深く理解し、人類の福利高揚と安全を図る。




4.自己の属する組織にとらわれることなく、専門的知識、
技術、経験を踏まえ、総合的見地から土木事業を遂行
する。
5.専門的知識と経験の蓄積に基づき、自己の信念と
良心にしたがって報告などの発表、意見の開陳を行う。
6.長期性、大規模性、不可逆性を有する土木事業を
遂行するため、地球の持続的発展や人々の安全、福祉、
健康に関する情報は公開する。
7.公衆、土木事業の依頼者および自身に対して公平、
不偏な態度を保ち、誠実に業務を行う。




8.技術的業務に関して雇用者、もしくは依頼者の誠
実な代理人、あるいは受託者として行動する。
9.人種、宗教、性、年齢に拘わらず、あらゆる人々
を公平に扱う。
10.法律、条例、規則、契約等に従って業務を行い、
不当な対価を直接または間接に、与え、求め、または
受け取らない。
11.土木施設・構造物の機能、形態、および構造特性
を理解し、その計画、設計、建設、維持、あるいは廃
棄にあたって、先端技術のみならず伝統技術の活用を
図り、生態系の維持および美の構成、ならびに歴史的
遺産の保存に留意する。



12.自己の専門的能力の向上を図り、学理・工法の研
究に励み、進んでその結果を学会等に公表し、技術の
発展に貢献する。
13.自己の人格、知識、および経験を活用して人材の
育成に努め、それらの人々の専門的能力を向上させる
ための支援を行う。
14.自己の業務についてその意義と役割を積極的に説
明し、それへの批判に誠実に対応する。さらに必要に
応じて、自己および他者の業務を適切に評価し、積極
的に見解を表明する。


15.本会の定める倫理規定に従って行動し、土
木技術者の社会的評価の向上に不断の努力を重
ねる。とくに土木学会会員は、率先してこの規
定を遵守する。
(1999.5.7 土木学会理事会制定)
みずほトラブル
■みずほ、前CEO3氏が辞任へ――引責、退職金減額も(H14.4.16朝
刊)


大規模なシステムトラブルが続くみずほフィナンシャルグループで、3
月末まで同グループの最高経営責任者(CEO)をつとめてきた3人の
特別顧問が、混乱の責任をとって辞任することが、15日までに固まっ
た。総額数億円とみられる退職慰労金の全額返上や減額も避けられ
ないとみられる。
今回の混乱をめぐっては、システム統合計画策定をめぐる旧3行の
主導権争いや統合に向けての準備不足などの問題点が指摘されてい
る。みずほグループ内ではこうした問題が今回の混乱の原因であると
して、計画を推進してきた3人の特別顧問の責任は免れないとの声が
強まっていた。
東海村JOC臨界事故
東海村の民間ウラン加工施設で、大量の放射能漏れ事故
マニュアルの無視
100%技術的・人為的
ミス
JCO臨界事故に関する見解
日本原子力学会ヒューマンマシンシステム研究部会
JCO事故調査特別作業会
主査 古田一雄
東海村のJCO核燃料転換加工施設において本年9月30日に
発生した臨界事故は,違法な手順書を採用していた組織と,そ
の手順書すらも逸脱した作業員の行為,さらにこれを防止し得
なかった事業者ならびに安全行政の社会組織要因が関与する
典型的な組織事故である可能性が濃厚である。これに重大な
関心を持ったヒューマンマシンシステム研究部会では,「JCO事
故調査特別作業会」を設置して,主にヒューマンファクター(HF)
の観点から事故原因の解明と再発防止策の検討を行うこととし
た。
技術100%
東海村JOC臨界
事故
技術未熟
選択の問題
山陽新幹線トンネ 諫早湾締切
ルコンクリート落下
事故
マニュアル無視
手抜き?
政治・地域・グルー
プのエゴ?
100%技術倫理の 監督不行届?
技術はどちらに付く?
問題
30年後が見えない
危機管理意識の未 品質管理技術の未 環境影響評価技術
熟
熟
の未熟
これは技術(者)倫理ですか?



談合
天下り
政官産の癒着



事故隠し
手抜き
見切り発車
工期(単年制)
技術倫理

社会通念 > 成熟した社会
個人の倫理観・道徳観

自らを律する=自律

土木は社会への影響が大きい
都営地下鉄脱線事
故
土木の事故例を新
聞雑誌HPその他
で、捜して、調査し
て自分で判断する。
第3軌条の設置基
準の解釈
事例研究の結果を
メールして下さい。
[email protected]
kindai.ac.jp
過去の大人(先輩)たちの経験
が倫理規定を作った
!21世紀の日本(世
界・人類)を創るのは
君たちだ!
?ホントに自覚して
る?
未来に夢





都市は地下?
環境破壊?
自然のままが
いい?
調和のとれた?
豊かで安全な?
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/a-inter/index.htm
三星の授業用倉庫(資料置き場)
ダウンロード

技術者倫理 技術倫理