映像の修復・再利用技術につい
ての調査
1ds05176w 池田 達矢
1ds05220 柴原 亮介
目次
①映像修復について
②日本での取り組み
③映像・画像のノイズ除去・補間技術
④今後の画像・映像処理技術
• 外国では2000年頃からいろいろな
プロジェクトが発足した、今では映像
の修復を専門とする会社もできてい
る。
the EU Project BRAVA
osero project
Snow white project
では、何故映像の修復が必
要とされているのだろう
か?
修復の理由
• 歴史的、芸術的なフィルム映像を文化遺産と
して保存するため。
• 数年前からTV番組のコンテンツが不足して
いるので、古い映像を再利用するため。
日本での取り組み
• 日本放送協会(NHK)は、過去の番組映
像を保管、活用するために埼玉県に
NHKアーカイブスを開設した。
NHKアーカイブス
• NHKが過去に放送した50年間分の番組がVTR換
算で約59万本、保管されている。
• 中にはフィルム形式のまま保存されているものもあ
り、その修復作業は専門会社に委託している。例え
ば日本のIMAGICAやオランダのハーゲフィルムな
ど。
IMAGICA
• 1935年に創業、日本で始めて映画フィルム
の現像を開始。以来ハイビジョンやコンピュー
ターグラフィック、デジタル画像処理にも力を
入れている。
ハーゲフィルム
• オランダにある映画保存社で小津安二郎の
「斬人斬馬剣」の復元をはじめ、数々の日本
映画を復元・補修してきた。
• ハーゲフィルムの特色は、フィルムの復元を
専門とし、その技術で国際的な知名度を得て
いるという点である。
映像・画像のノイズ除去・補間技術
映像・画像劣化の種類
ダートアンドスパークル
フィルムテア
デジタルドロップアウト
ビネガーシンドローム
Image Inpainting
• Image inpaintingとは
画像・映像中のノイズや不必要な部分を除去する技術
Image Inpainting
• Image inpaintingの手順
1.除去したい部分(ノイズ・字幕など)を取り外す
2.除去された部分を周りの画像から違和感の無いように補間
現画像
処理後
ノイズの除去
1.ノイズの抽出:除去したい領域と背景の輝度差を投票処理・
2値化により抽出
2.ノイズの除去:ノイズを十分覆えるように、抽出した遮蔽領域
を拡張させ、除去する。
現画像
ノイズ抽出
ノイズ除去
Image Inpainting
下の式を利用して除去した部分を補間
修正後
修正前
修正要素
画素情報
方向ベクトル
周辺の画素情報
方向ベクトル
今後の画像・映像処理技術
今現在の画像処理技術は、濃淡の変更や明るさ補正などに関
してはコンピュータが自動で行えるようになったが、ノイズ除去
などのピンポイントの処理に関してはユーザが手動で行わざる
を得ない。また、ノイズを除去できたとしても完璧に除去される
ことを難しく、除去しなくてよい部分まで除去してしまう。
画像・映像をパソコンに取り込んだ時、コンピュータがノイズだ
けを正確に抽出し除去する技術の開発が今後も進められる。
必要性の認識
• 視覚的に過去を認識する方法で一番有効な
のは映像です。なので過去の映像が失われ
る前に映像修復技術の向上は絶対、と思うか
らこそ各国での研究が進んでいます。今は外
国に修復を依頼している日本も、重要性に気
づき、これから力を入れていくと信じています。
参考文献
[1] On Missing Data Treatment for Degraded Video and Film Archives: A Survey and a
New Bayesian Approach
Anil C. Kokaram, Member, IEEE
[2] 画像の処理と認識
安居院猛 長尾智晴
[3] 紐状遮蔽領域の除去と画像の復元
鈴木博 玉木徹 山本正信 電気情報通信学会
[4] Image Inpainting
Marcelo Bertalmio and Guillermo Sapiro Electrical and Computer
Engineering,University of Minnesota
[5] NHKアーカイブス
http://www.nhk.or.jp/archives/
[6] IMAGICA
http://www.imagica.com/dic/
[7] HAGHEFILM
http://www.haghefilm.nl/
ダウンロード

映像の修復・再生技術