グローバル人材のための
サイエンスコミュニケーション
+欧州議会
インターンシップ
2012.4.13
留学フェア
@すずかけホール
留学生センター准教授
野原佳代子
Think Science Beyond All Borders.
科学技術コミュニケーションとは
科学技術をめぐる問題について、
相互理解に到達するために、
互いに情報を創造し、分かち合う活動
専門力 + 豊かなコミュニケーション能力
が
求められています。
派遣の概要
• 科学技術と社会をつなぐ仕事をしている機関にお
いて、英語で業務を体験する
• 派遣先は: 英国2ヶ所、日本1ヵ所のいずれか
• 時期と期間は: 夏休み、2~3週間程度(予定)
• 補助は: 奨学金10-12万円程度
(2011年度英国派遣の例)
• 講義コード: 99312
U.K. Internship
• London Science Museum
ロンドン科学博物館 8-9月
歴史ある科学館の
展示解説員業務を経験
• British Science Association
英国科学振興協会 8-9月
Science festivalの
実施・運営に参加
4
British Council Japan
• 英国の公認国際交流機関
– 語学学習、セミナー、サイエンスカフェ、アート講座 etc...
• クリスマスレクチャー: 国内で英語での業務を体験
– 英国の伝統ある一般向けサイエンスショーを日本で実施
– 英国のスタッフと準備・実施(8-9月)
欧州議会インターンシップ
Members of the European Parliament Special Internship for Tokyo Tech Students
• ブリュッセルのEP(欧州議会)の議員アシスタント
– EU(欧州連合)の業務を体験
– 国際的な知見を身につけネットワーク作り
• 単位あり(講義コード:65077)
– 書類・面接で選考
• 時期と期間は:夏休み4週間程度
• 補助は:奨学金10万円程度(2011年度例)
– 参加費600ポンドが必要
2012年度 共通スケジュール
日時
内容
詳細
4月12日(木)
10:45-12:15
応募要項発表
第1回ガイダンス
4月13日(金)
14:00-17:00
留学フェア
すずかけ台キャンパスホールで実施される留学フェアにて説明
(プレゼンテーションは15:10-20)
4月18日(水)
14:00-17:30
留学フェア
大岡山TTFで実施される留学フェアにて説明
(プレゼンテーションは16:50-17:00)
4月20日(水)
10:45-12:15
第2回ガイダンス
留学生センター118号室にて
国内メディアインターンシップとの合同ガイダンス
6月1日(金)
17:00
応募締め切り
メール添付で受付
6月15日(金)
面接
6月22-24日
派遣者決定
6月29日(金)
派遣前研修会
M. ノートン・野原 派遣概論 (大岡山西1号館 ラウンジ)
7月6日(金)
派遣前研修会
ノートン 派遣先機関説明(派遣経験学生も参加)
7月13日(金)
派遣前研修会
ノートン 実習
夏
派遣
3月頭
報告会
web site、メーリングリスト、東工大HP、学内掲示板等で告知
留学生センター118号室にて国内メディアインターンシップと合同ガイダンス
英語で実施(予備日14、17日)
個別にメールで結果を告知
2つのインターンシップの合計4機関に16名程度を派遣予定(British council Japan 6
名、Science Museum 4名、BSA 2名、欧州議会4名)
サイエンスコミュニケーション・欧州議会・国内メディアインターンシップ合同の報告会を開催
参加するには?
• 対象: 全専攻の4年生/院生
– 申込締切: 6月1日17時
• 詳細は検索 科学技術コミュニケーション論
http://sec-titech.jp/lect/index.html#cate04
• 欧州議会インターンシップについては 野原研サイト
http://www.ryu.titech.ac.jp/~nohara/lecture.html#oushugikai
科学技術インターンシップは下記科目と連動。受講を推奨
–
–
–
–
科学技術コミュニケーションと教育
新エネルギービジネスと社会受容
科学技術コミュニケーション実践―メディアインターンシップ
サイエンスカフェ―組織と運営
Parliament Office of Science and Technology
Internship Experiences
By Hansen Chang
Kanno Laboratory
Department of Electronic Chemistry, Tokyo Institute of
Technology, Japan
What does POST do?
• POST is department of the U.K. Government
which Support the House of Commons and
House of Lords by advising with scientific
matters.
• Scientific subjects and reports which are
relevant to the Government are rewritten to be
more understandable by non scientific persons.
• These publications are distributed to the
lawmakers for their benefit in making decisions
for the country.
My Experiences
• My Experiences at POST were very
rewarding.
– Learned a lot about the U.K. Government, its
structure and purpose.
– Discovered the purpose of POST
• How they publish their reports, assisted with research
• What is involved in rewriting scientific papers
• The research process involved for new topics
– POST uses science communications as a direct
means to accomplish their goals informing the
Houses of Westminster about science.
The London Experience
• Aside from POST, London had much to offer
• Museums:
– Natural History Museum
– The Science Museum
– The British Museum
• Historically significant places:
–
–
–
–
Big Ben
Westminster Abby
Buckingham Palace
And many more…
Summary
• The internship at POST was rewarding in
several ways
– I learned much about the U.K.
– It’s government
– Its culture
– POST introduced me to a new type of work for
scientists.
ダウンロード

科学技術 コミュニケーション 短期海外インターンシップ