補助対象診断シート
(別添3)
スタート
技術開発課題の解決方法
が、特定ものづくり基盤技
術を高度化する事業、また
はその基盤技術を活用す
るもの
NO
YES
N
Y
※該当する□にレ点を入れてください。
補助対象事業となる事業類型
①基盤技術直接活用型
Y
(特定ものづくり基盤技術の
目的とする試作開発において、特定ものづくり基盤技術を直接的に用いて
行うような事業
(例1)
中空構造品の一体成形に係る加工法の開発に資する鋳造技術の高度化
(例2)
高度化された金型技術を活用する難加工材加工の開発
直接活用)
②基盤技術間接活用型(新規装置等開発型)
目的とする試作開発において必要となる新たな装置等の開発を、特定もの
づくり基盤技術を用いて行うような事業
(例1)
加熱水蒸気による蒸タコの試作(目的の試作開発)のため、動力伝達技
術を活用して食品製造装置も開発
(例2)
LEDランプの試作(目的の試作開発)のため、切削加工技術を活用して
精密ガラスを開発
N
技術開発課題の解決方法
に、機械・装置や部材・材
料等(以下、「装置等」とい
う。)が用いられるもの
N
対象外
Y
(特定ものづくり基盤技術の
間接活用)
③基盤技術間接活用型(既存装置等改良型)
目的とする試作開発において必要となる既存の装置等の改良を、特定もの
づくり基盤技術を用いて行うような事業
(例1)
刺繍技術とプリント技術との融合によって小生産多品種型の差別化され
た意匠を付与した衣料品の試作開発(目的の試作開発)のため、組込みソ
フトウェア及び部材の結合技術を活用して、既存の刺繍装置を改良
(例2)
高品質かつ低コストな靴の試作開発(目的の試作開発)のため、熱処理
技術を活用して既存の作業ロボットの部材を改良
ダウンロード

PowerPoint