次世代ドップラーレーダー技術
の研究開発
佐藤 晋介、井口 俊夫(NICT)、水谷 文彦、和田 将一 (東芝)
牛尾 知雄、吉川 栄一、河崎 善一郎(大阪大)
2012年5月
社会的背景・気象レーダーの課題
・ 近年頻発している突発的・局所的気象災害
(局地的大雨、集中豪雨、竜巻突風等)の
予測や被害軽減に対する社会的ニーズが
大きくなってきている。
・ 国土交通省河川局では従来のC-band気象
レーダー観測網に加えて、都市域へのXband MPレーダーの配備を進めている。
・ 現状レーダーでは、突然発生したり急発達
する豪雨の発見・追跡が困難なことが多く、
高精度予測には高時間空間分解能が必要
<時間分解能の向上>
都賀川の鉄砲水(2008/7/28)
国交省河川局C-band
レーダ雨量計観測網と
X-band MPレーダ配備
状況(○印).
豊島区雑司が谷の下水道事故
(2008/8/5)
<空間分解能の向上>
ビームの広がり
低層観測ギャップ
(地球の曲率)
パラボラアンテナによる
3次元立体観測(5~10分)
フェーズドアレイレーダーによる
3次元立体観測(10~30秒)
低層まで観測できる小型・
短距離レーダを多数配置
次世代ドップラーレーダー技術の研究開
発
突発的、局所的気象災害の予測や災害対策のため、その原因となる集中豪雨、竜巻突風等を
10秒以内に100 m以下の分解能で立体的に観測可能な次世代ドップラーレーダーの研究開発を行う。
課題ア フェーズドアレイ・レーダーの開発
・
・
・
・
・
水平30 km四方、高度14 kmまでを10秒以内に観測
座標変換後の水平・鉛直格子間隔は100 m以下
ネットワーク運用のための混信低減技術
リモート運用、リアルタイムデータ処理・配信
製造コスト、運用・保守コストの低減
集中豪雨
竜巻・突風
産学官連携
プロジェクト
NICT
委託研究
10秒以内の3次元スキャン
格子間隔 100 m
東芝・
大阪大
が受託
課題イ フェーズドアレイ・レーダーの性能評価と実証実験
洪水・土砂崩れ
研究開発スケジュール
2008 (H20)
・概念設計
・送信モジュール試作
2009 (H21)
・ 予備設計
・ 性能評価シミュレーション
・ フェーズドアレイ素子開発
・
・
・
・
地表面クラッタの低減手法の検討と評価
オーバーサンプリング評価等のためのシミュレーション実験
ユーザーニーズを考慮した実効的なレーダー運用方法
実証実験、実用化を目指した運用試験
2010 (H22)
・ 基本設計
・ 地表面クラッタ除去技術
の開発
・ レーダーシステム開発
2011 (H23)
・ 詳細設計
・ 観測運用技術の開発
・ レーダーシステム開発
2012 (H24)
・ 実証実験
・ データ処理解析部開発
・ 維持設計
フェーズドアレイレーダーの概要
~2.4 m
~2.4 m
● 仰角方向には1次元アレイと
DBF(Digital Beam Forming)に
よる高速スキャン
● 方位角方向には機械式回転
● パルス圧縮技術により、60 km
レンジ観測も可能
● 送受信機・信号処理装置等を
取り付けたアンテナはレドーム
内に設置。計算機は光ロータリ
ジョイントを通して室内に設置。
受信ビーム幅
( ~1°)
送信ビーム幅
( 6 ~ 8°)
長パルス+短パルス
アレイアンテナ・各ユニットの開発
送受信パターン(仰角)
-30[deg]
0[deg]
30[deg]
60[deg]
0
-10
振幅[dB]
-20
-30
-40
-50
-60
-70
-80
-80
-60
-40
-20
0
20
40
60
仰角[deg]
仰角電子走査時の送受信往復のアンテナパターン
● 128素子スロットアレイ
● 送信 24ch、受信 128ch
● アンテナ開口径 2.2m ×2.1 m (ビーム幅~1°)
送受信ユニット
A/D変換・IQ検波ユニット
レーダ信号処理ユニット
(8ch送受信×3枚 + 8ch受信×13枚)
(16 ch ×8枚)
(16ビーム程度の同時DBF処理)
80
レーダー観測網の構築
観測方法・信号処理手法等
の検討・評価
● フェーズドアレイレーダーの観測手法の
検討および設置に向けた準備を実施
● 地形等による不要エコーを除去するため
の信号処理手法の検討と評価
● 正確な降雨量を算出するための、降雨
減衰補正手法の開発
確率論的降雨減衰補正結果
検証用レーダーによる予備観測
●検証用Ku帯広帯域レーダーを、「大阪大
学豊中キャンパス」、「渚水みらいセンター
(枚方市)」、「住友電工大阪製作所(此花
区島屋)」の3ヶ所に設置し、予備観測を
実施。
● フェーズドアレイレーダーは、H24年4月~大阪大学吹田キャンパスに
設置予定 (詳細観測範囲として、淀川水系、大阪北部一帯をカバー)
2代の検証用レーダー
による観測結果の合成
フェーズドアレイ気象レーダーの特長
MPレーダー
フェーズドアレイレーダー
スキャン方式(鉛直)
機械式
高速電子スキャン
時間分解能
60 秒
10 ~ 30 秒
水平
250 m
100 ~ 250 m
鉛直
~500 m (4~6仰角)
空間分解能
(グリッドサイズ)
[*3]
[*1]
[*2]
100 m (90仰角) [*4]
観測範囲
60 km
60 km
ドップラー機能
○
○
偏波機能
○
×
コスト(目標)
-
MPレーダーと同程度 [*6]
[*5]
[*1] 機能的には10秒間の3次元スキャンが可能であるが、実利用目的には精度向上のため20~30秒程度が適当かもしれない。
[*2] 接線方向の空間分解能(ビームの広がり)はアンテナの大きさで決まるが、フェーズドアレイでは信号処理・画像処理技術によって
座標変換後の分解能として水平・鉛直ともに(少なくとも25 km観測範囲では)100mグリッドサイズを実現することを目標とする。
[*3] パラボラアンテナのボリュームスキャン(1分間で3~6仰角)では、他のレーダで補完しない限りレーダ近傍の上空は観測できない。
[*4] デジタル・ビーム・フォーミング(DBF)技術により、128本のアンテナで受信した信号から複数仰角データを同時に復元できる。
[*5] 現状のフェーズドアレイ設計では偏波機能付加は困難であり(コストの大幅増)、降雨減衰補正は複数のレーダ観測から行う予定。
[*6] 基本構成のみの導入コスト。固体化送信機の採用とアンテナ回転の単純化により運用・保守コストは相当低減する見込み。
雨粒の落下・成長による局地的大雨の予測
15:00
15:10
上空4000 mの雨雲から、
地上に雨粒が到達する
時間は10分程度
15:20
雨粒が大きく成長し、
降下を始める。
上空で雨粒が急速に
成長を開始
雨雲の移動
降 雨
上昇気流
上昇気流
上昇気流
大きな雨粒が、
地上に到達。
積乱雲が発生
15~16時頃まで、A地区では
夕立が発生しやすい状態
15時20分頃、A地区で非常に
強い雨が突然降り出す
現在、A地区で非常に強い雨を
降らせている雨雲は、15時40分
頃にB地区に移動する
観測データ
データセンター
通信事業者等
10秒毎の3次元観測により、いわゆる
ゲリラ豪雨が10分前に予測可能となる
高時間分解能の3次元立体観測の重要性
高度2kmにおける降雨の水平分布
降雨の
移動方向
3分後
15 km
現状の降雨の水平移動ベクトルによる
短時間予測(注)では、どの積乱雲が発
達して大雨をもたらすか予測できない
フェーズドアレイレーダー
では、上空で生成された
雨が 5~10分後に地上
に大雨をもたらす様子を
10~30秒毎に観測できる
高時間分解能の3次元観測データを
用いれば、雨の落下による予測が可能
10 km
(注)数時間先の降雨分布を数kmの空間分解能で予測する手法 (*) 雲の写真とCOBRAのRHI観測によるレーダーエコーは別の事例を合成
高時間・空間分解能の3次元観測
10:58JST
10:59JST
10:59:20JST
10:59:00JST
10:59:40JST
11:00JST
BBR
11:00:00JST
ILTS
15
Z (km)
10
5
CAPPI
-15
-10
-5
0
5
10
15
【現状】 1~5分毎の水平分布による降雨
短時間予測 ⇒ 急激な発達は予測困難
【ボリュームスキャンによる鉛直断面: 5~10分毎】
COBRA
18:45Z, 29JUL2010
【将来】 10~30秒毎の詳細な3次元観測データ
⇒ 雨滴の発生・成長・落下による予測が可能
【フェーズドアレイレーダによる鉛直断面(予想図):10~30秒毎】
COBRA
18:46Z, 29JUL2010
HEIGHT (km)
レーダ近傍の
上空は観測空白域
DISTANCE from Radar (km)
グリッドサイズ: 250 m
成)
(5分間の14仰角:0.5~24°から合
DISTANCE from Radar (km)
グリッドサイズ: 100 m (30秒間のRHI観測データから作成)
フェーズドアレイレーダの応用分野
○○県△△市竜巻注意情報
平成××年4月20日10時29分
△△地方気象台発表
○○県△△市では竜巻発生
のおそれがあります。 発生
予測時刻と場所は以下の
地図のとおりです。
頑丈な建物内に移動するなど、
安全確保に努めてください。
数値予報モデルへのデータ同化、
きめ細かな竜巻注意情報
【気象庁】
洪水予測、土砂災害予測
【河川局】
突発的・局所的現象の解明
【研究機関・大学】
一般市民への情報提供
【民間気象会社】
ダム放流(洪水調整)
【ダム管理事務所】
航空管制 【航空局】
住民避難勧告 【市町村】
列車安全運行 【鉄道会社】
下水道ポンプ制御 【市町村】
CSTP 社会還元加速PJ災害情報TF 2012/3/28
連携強化に向けた取組と今後の予定について
H23年度開発成果概要
課題ア:フェーズドアレイ・レーダーの開発
フェーズドアレイアンテナの開発
レーダ制御・処理システムの開発
• 送信24ch、受信128chの一次元
フェーズドアレイアンテナを開発
• 固体素子の合計送信電力430W
• アンテナ内部にアナログ高周波部
品を全て搭載
• 128chの受信I/F信号の同期A/D変
換、I/Q検波
• Digital Beam Forming 処理による
指向性ビームの16仰角同時形成
• 光通信にてレーダ処理装置への最
大768MByte/sの高速データ伝送
フェーズドアレイアンテナ
レーダ制御装置
フェーズドアレイ・レーダー総合試験
2012/4/5
レーダ処理装置
• 最大6rpm(10秒周期観測)の
アンテナ駆動制御
• アンテナへの配電盤を内臓
• 仰角0-90°の最大121仰角処
理による隙間のない3次元観測
データを10秒周期で作成
• 最大7日間の観測データ保存
• アンテナ素子の生データの最
大3時間の保存
• レーダシステム制御監視機能
• 今後のシステム拡張による観
測データの外部配信が可能
今年度の成果
Transmission and Reception (Multi Beam) Pattern
TX_8element
Rx_EL5deg
Rx_EL0deg
Rx_EL-1deg
Rx_EL1deg
Rx_EL-2deg
Rx_EL2deg
Rx_EL-3deg
Rx_EL3deg
Rx_EL-4deg
Rx_EL4deg
Rx_EL-5deg
0
Amplitude[dB]
-10
-20
-30
-40
-50
-45
-30
-15
0
Elevation[deg]
15
30
45
アンテナパターン(送信・複数受信)
観測画面(模擬データ)
• 電波暗室にてアンテナパターンを
取得し、指向性のある送信ビー
ム形成および受信ビームの複数
同時形成を設計どおりに実現
• 受信系、信号処理系の総合試験
を実施し、10秒周期の3次元デー
タがエラーなく生成されることを
確認。
• 電波発射試験を4月に実施後、
大阪大学へ移設予定。
• 次世代ドップラーレーダーとなる、フェーズドアレイ・レー
ダーのシステムを開発した。
• アンテナパターン測定、および総合試験を実施し、設計ど
おりの結果を得ることができた。
今後の課題
• 試験電波発射による試験観測、およびシステムの大阪大
学への移設
• 関西地方での降雨観測/評価
• 研究者間のデータ共有を目的とした外部へのデータ配信
• フェーズドアレイ・レーダーシステムの改善検討
H23年度開発成果概要
課題イ:フェーズドアレイ・レーダーの実証実験と性能評価
2012/4/5
レーダ観測網の構築
検証用レーダの予備観測・評価
• フェーズアレイ・レーダは,大阪大学吹田キャンパスに設置予定
• 検証用高分解能レーダを大阪大学豊中キャンパス,枚方渚水
みらいセンター,住友
電工大阪製作所の計
3か所に設置完了
• 予備観測・検証を開始
• 検証用高分解能レーダによる予備観測
• 大阪平野にてレーダネットワーク観測を実施.レーダネット
ワークによる高品質な降水構造を取得
• 庄内空港において冬季の降雪及び突風の観測を実施.冬季
日本海側に見られる特徴的な竜巻の詳細構造を取得
フェーズドアレイ・レーダ
設置予定場所
レーダ網観測例
降雪観測例
アダプティブアレイ信号処理
今年の成果
• グランドクラッタ及びアンテナサイド
ローブを低減する為にMMSE規範を
用いたアダプティブアレイ信号処理
手法を開発
• 降水からの信号を再現するレーダ
信号シミュレータを用いた統計的な
評価を実施.従来のFourier,Capon
法に比して,極めて高い性能(受信
電力,ドップラー速度,速度幅推定
精度)を示した.
• 推定精度は送信ヒット数に依存せ
ず,高速観測に適している.
検証用高分解能レーダ網の大阪平野への設置
検証用高分解能レーダ網による,多重観測の初期実験
検証用高分解能レーダによる山形県庄内空港周辺における降雪観測
グランドクラッタ及びアンテナサイドローブ低減のためのアダプティブアレイ
信号処理手法の設計
レーダ信号シミュレータによる,統計的な精度評価
CSU-CHILLレーダデータによる高度なシミュレーションによる評価
今後の課題
フェーズドアレイ・レーダの設置・初期観測
較正誤差や相互カップリングを軽減するための,アダプティブアレイアル
ゴリズムの改善
アダプティブアレイアルゴリズムの実装・実観測による評価
検証用レーダ及びレーダ網を用いた,フェーズドアレイ・レーダの相互検証
観測の継続による信頼度の高い評価の実現
ダウンロード

次世代ドップラーレーダー技術の研究開発