視覚障害者への代替音声メッセージ
提供における課題
ー支援技術とその利用技術ー
2011年10月1日
鎌田一雄(宇都宮大) 米村俊一(NTT)
検討の背景と目的
視覚に障害がある人たちへの情報提供手
段の一つとして音声メディアがある.
電子メディアの利用もある.利用者は、PC
あるいはインターネットが必要となる.
テキストの符号化(音声コード)とテキストの
読み上げ技術を利用すると、専用読み上
げ装置だけで音声メッセージが利用できる.
検討の背景と目的
専用装置による代替音声メッセ−ジ伝達に
は、PC、インターネットは必要ない.
検討の課題:専用のテキスト読み上げ装置
を用いた代替的な音声メッセージは視覚
障害者の情報アクセスに有用か?
実際に使用されている音声コード付き文書
の調査から、利用環境の改善課題を利用
技術の視点から考える.
発表の主張
コンテンツ作成が代替的な音声メッセージ
の有効性を決定する重要な要因である.
コンテンツ作成に関わる人達にとって、テ
キスト符号化と音声読み上げ技術との特性
に関する知識・認識が必要である.
技術を有効に活用するには、メタ技術とし
ての利用技術の理解が必要である.
音声コード-二次元符号-
切り込み
コード位置を表示
コードの大きさ : 18mmの正方形.
コード容量:800文字.
読み上げ装置
専用読み上げ装置
(Tellme)
らくらくフォン
代替音声メッセージ
文書
テキスト表現
符号化
変換ソフト
音
音声コード文書作成
作成者
音声コード文書
利用者
音声
音声コード
読み上げ装置
操作
サービスの構成
技術を使うための利用技術
支援技術とそれを実際に使うための利用
技術(支援技術とそのメタ技術).
代替音声メッセージのための装置・システ
ムを構成する支援技術(システム構成技
術).
代替音声メッセージ提供サービスにおける
コンテンツ作成などのメタ技術(利用技術)
が重要.
課題
-音声コード文書の構成-
利用者は、音声コード付き文書と専用読
み取り装置とを操作して、音声メッセージか
ら必要な情報を入手.
読み取り装置で確実に操作できる音声コ
ード付き文書の構成が必須.
音声コード付きが1枚紙(チラシ)の場合は、
ほとんど問題がない.しかし、冊子の場合
は、機器での操作ができないことがある.
課題
-読み上げ誤り-
機械によるテキストの読み上げには誤りが
生じる(現在の技術的限界).
読み誤りの制御:音声コード作成用のテキ
ストで調整する方法しかない.(例)人名・
地名などのひらがな表記.
誤りがなく、わかりやすい音声メッセージ作
成には、文書のテキスト表現過程における
調整が必要.
課題
-音声記事の探索-
音声メッセージは線形構造.
利用者にとって、必要な音声記事を簡単
に探すことができる構造と方法とが必要.
文書に対応するテキストの作成過程で考
慮が必要.
視覚的な文書は、拾い読み、読み飛ばし
が簡単にできる.しかし、線形構造である
音声メッセージでは難しい.
利用技術
音声コードと専用の読み上げ装置などの
特性を知らないと、利用者が本当に活用で
きる音声コード付き文書は提供できない.
装置の操作者が確実に利用できる音声コ
ード付き文書(コンテンツ)作成には、シス
テム利用のための知識が必要.
コンテンツ作成者が利用技術(メタ技術)を
身につけることが必要.
まとめ(1/2)
視覚障害者への代替的な音声メッセージ
サービス(情報アクセス)を、実質的に有効
なものとするための利用技術.
コンテンツ作成者が、システムを支える技
術を理解し、利用技術と呼ぶ支援技術を
使うための知識を持つことが必要.
まとめ(2/2)
専用ソフトを利用すれば大丈夫、音声コー
ドを文書に添付すれば大丈夫という考え方
は、思考停止となる.
支援技術の特性を知らない、すなわち利
用技術を認識しないと、有効なサービスの
構築(サービスの提供)につながらない.
利用技術の認識がないと新たな差別を作
り出す危険がある.
視覚障害者への代替音声メッセージ
提供における課題
ー支援技術とその利用技術ー
鎌田一雄(宇都宮大) 米村俊一(NTT)
ダウンロード

視覚障害者への代替音声メッセージ 提供における課題 ー支援技術とその