臨床試験登録の意義と役割
UMIN臨床試験登録システムシンポジウム
2005.2.2(木), 東大
東京大学大学院薬学系研究科医薬経済学
津谷喜一郎
1990年代から始まる動き
• 2000
•
•
•
•
•
•
2004.6
2004.9.
2004.10
2004.10
2004.11
2005.1
ヘルシンキ宣言改訂(エジンバラ)
GSKの Paxil (paroxetine) scandal
医学雑誌編集者国際委員会(ICMJE)
オタワ会議 オタワ声明
NY: WHO Int’l CT Registry Platform Meeting
Mexico: Ministerial Summit on Health Res.
国際製薬工業協会(IFPMA) 声明
参考文献: 臨床医薬 2005; 21(1) 臨床試験登録・公開特集号
2
Statement of NY Workgroup (Oct. 2004)
•Need for global approach to clinical trials registration
–
–
–
–
–
Unambiguous identification of trials
Consensus needed on which trials; data; timing and disclosure of
results
One-stop search portal; publicly available
System that is simple, effective, efficient
Capacity built where appropriate
•WHO should establish formal process toward a global approach
–
–
–
–
Appropriate governance
Collaborative process, involving all interested parties
Existing structures leveraged; need for any new structures identified
WHO mindful of ICMJE deadline
3
NY会議でまとめられた10項目
1. Why register / disclose
2. Which trials to register
3. When to register
4. What data - Unique ID
5. What data – Trial descriptors
6. When to update
7. What to disclose at completion
8. Register characteristics
9. Ensuring compliance
10. Role for WHO
4
General agreement / Area requiring further discussion
1. なぜ登録・公開が必要か?
Priorities / implications
直接:ICMJEの要求を満たすため
アカデミアからの要請
基本的な要素
(1) パブリケーション・バイアス
(2) 倫理
(3) 臨床試験参加者募集
5
6
Vickers A, et.al. Controlled Clinical Trials 1998; 19: 159-66
7
Publication bias
○有効 or 安全
●効かないor 危険
米国
欧州
日本
○●○○○●○○○●●○○○● 15戦10勝
○○○○○○○○○○
10戦10勝
⇒誤った意思決定
8
倫理
利他主義
(altruism)
9
Randomized Controlled Trial (RCT)
sample
1,000
R
N
D
500
500
reporting
1,000,000
random
allocation
interprelation
random
sampling
statistical
analysis
population
(generalizability)
10
IZ 65160-10
公共財
• 臨床試験の参加者は公衆(public)を構成す
る一員
• そこで得られたエビデンスは参加者が構成員
である公衆に還元されるべき。
• 利他的な行為によって得られたものは公共
財 (public goods)
11
ベルモントレポート(1979)
1. Respect for person
人の尊重 オートノミー
2. Beneficence
善行
3. Non-maleficence
無危害
4. Justice
正義
12
2. 登録される試験とはなにか?
• すべての臨床試験
(1) 評価のため
(2) 人を用いて
(3) 意図的になされる
(4) 科学的実験
• 非比較試験も one arm trial
• 薬、手術、放射線、鍼、、、
• 治療、予防、健康増進、検診、、、
13
2’ 誰が登録するか?
• 治験
スポンサー
• その他の臨床試験
主任研究者
(principal investigator)
14
Number of RCT/CCT/MA in Japan
-prospective
handsearch projectJ-HES handsearchによる採択数
250
RCT
CCT
Meta
200
件数
150
100
50
0
7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
2000
2001
2002
年/月
2003
津谷喜一郎. 臨床薬理 2003; 34(4): 210-6
Trends in Number of Chiken in Japan
1400
Initial Notice
Notice of n th time
1200
Number of Notice
1000
800
600
400
200
0
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
Chiken (industry sponsored registration trials)
is a part of clinical trials
Clinical Trials
Chiken
Number of Clinical Trials in Japan in 2002
Clinical trials published
n=1,500
Chiken
n=350
Review report to be
publicized at PMDA web
on approval
(PMDA: Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)
Total number of clinical trials and its
participants in Japan per year
Number of clinical trial
Clinical trial (non-Chiken)
Published RCT
=
1,000
Published non-RCT = ca 500 ?
Unpublished CT
=
?
Chiken
Registry to MHLW =
350
total
= ca 2,000 ?
Number of trial participants
100 per trial x 2,000 trials =200,000
治験のインパクト:薬物使用患者数(2003)
商品名
generic name 適応
ATC-DDD/
1000/day
1. ノルバスク(amlodipine) 高血圧
28.7
2. ガスター (famotidine) 胃潰瘍 25.3
3. バイアスピリン (asprin) 抗血栓 18.9
4. テオドール (theophylline) 喘息
16.8
5. メバロチン (pravastatin) 高脂血症 12.6
患者数 年間売上げ
340万人 1100億円
300万人 750億円
230万人
53億円
200万人 321億円
190万人 1018億円
Monthly ミクス 医薬ランキング 2004年版を基に推計
20
3. いつ登録するか?
• 2005.7.1 以降始まる試験
最初の試験参加者の組み入れ
(enrolment)の前
• 2005.6.30以前に始まっている試験
(既に始まっている試験を含む)
出来るだけ早く
ICMJE声明 2005.9.13までに
21
4. 試験のID番号
• 治験: 治験届け番号
• UMIN-CTRとして独自のID番号
• WHOとの協議
22
5. どの情報を登録するか?
• ICMJEに準拠
ID, 介入法,仮説, アウトカム, 適確性クライテリア,日付,
予定参加者数,資金源, 主任研究者の連絡先
• UMIN-CTRで追加
日本の臨床試験の現状把握
がん、PGx
臨床試験の質向上のための項目
• 日本語
登録されたものに対する多様なユーザー
• どこまでの範囲をいつ公開するか?
23
6. いつ更新するか?
• 原則として、6ヶ月に1度
24
7. 試験終了時になにを公開するか?
• 結果公表に至るまでの状況
• 雑誌などに公表されたならば、書誌
情報
• 治験 範囲?
25
8. UMIN-CTRの性格
•
•
•
•
•
公的機関のUMIN
無料
すべての臨床試験に対しオープン
海外からも受け付ける
英語と一部日本語
26
9. 登録の遵守
ensuring compliance
• IRB/倫理委員会の役割
作業量?
timing ?
・法律
薬事法
試験参加者保護法?
27
10. WHOの役割
• Provide
facilitation
standards
developing area capacity
• Avoid
duplication
bureaucracy
Fund ?
28
朝日新聞 2004.7.13
29
日本経済新聞 2004.7.27 (夕刊)
30
あわら市広報誌「あわら」 2005年1月号
31
おわりに
• CTRにより「エビデンス」に対する信頼を
⇒医療水準の向上
• 「競争」より「協調」を
• パイロット登録から本登録へ
• WHOにお金を
32
ダウンロード

スライド資料