CG基礎
日本文理大学 坪倉篤志
<配布資料-06>
http://www.nbu.ac.jp/~tsubokura
先週
クイックマスク(p34-p42)
今週
写真の補正(p43-p47)
チャンネル(p49-p56)
色について(P154-P168)
今日は忙しいです!! 頑張りましょ~~~
先週の復習
@learnの利用について
出席
課題の提出
講義用フォルダの作成
講義用フォルダに講義資料・素材のコピー
フォルダの設定について
レイヤー
描画モード
色調補正/バリエーション
覆い焼きツール
シャープ/アンシャープマスク
クイックマスク、マスク領域の調整、マスクレイヤー
第9回写真の修正(p43-48)
目的:スキャナやデジカメで撮った写真画像の修正
取り込み時のノイズやレベル補正
ゴミ取り
スタンプツール
サンプリングポイント(コピー元)の指定(Alt+Click)→ブラシで塗る
レベル補正(機能についてメモを取りなさい)
レベル:明るさ
カラーバランス、色合いに対しては影響は無い
ヒストグラム
自動設定:
と
を基準にして全体のレベルを調整
第9回写真の修正
色調補正
各色の
補正
色相(
と
と
に対して
):
色相環(Hue Circle):
マンセルの色相環:アルバート・マンセル(1905年)
明度(
):色の明るさを(黒の度合い)
彩度(
):色の鮮やかさ、色の純度(白の度合い)
スポイトツール
ブラシツールのモード
画像修正
フィルター:シャープ効果
スナップショット
参考Webサイト
坂本邦夫の『基礎からわかるホームページの配色』
http://www.webcolordesign.com/
カラー配色辞典
http://fkm.sakura.ne.jp/cool.html
色の基礎知識
色の見え方・感じ方
http://www.colordream.net/howto.htm
配色
寒色、暖色
寒色 色合いから涼しさや寒さを感じる色。 青 系統を中心とした色。
クールなデザインやシャープなデザイン、冬の寒さを表現する場合、夏
の涼しさを求める場合に用いる。
暖色 色合いから暖かさや暑さを感じる色。 赤 系統を中心とした色。
情熱的なデザインやほのぼのとしたデザイン、夏の暑さを表現する場
合や冬に暖かさを求める場合に多く使う
中性色
緑 系・ 紫 系・ 無彩 色など寒暖の感じがあいまい
な色
進出色・後退色
進出色 明度 と 彩度 が 高く 、 暖色 系の色は進出し
て大きく見えます。
後退色 明度 と彩度 が 低く 、 寒色 系の色は後退して小さく
見えます。
配色
柔らかい色・硬い色
柔らかい色
高明 度・ 低彩 度の白っぽい色は柔らかく見え、
さらに 暖色 系のほうが柔らかく見えます。
硬い色
低 明 度・ 高 彩 度の黒っぽい色や、寒色系のはっきり
した色は硬く感じます。
興奮色・沈静色
興奮色 赤 ・ 燈 ・ 黄 等の あざやか な色は強烈な刺激を感じ
ます。暖色系で高彩度の色、中でも純色はもっとも興奮感を与えます。
沈静色 青 や 青緑 等の寒色は冷たい感じがするので落ち着きを感
じます。寒色系で低彩度の色は沈静間を与えます。
重い色・軽い色
重い色 主に 明度 が
軽い色 主に 明度 が
低い 色を指します。
高い 色を指します。
配色(色の対比)
色相対比
隣りあう 色が影響しあって 色相 差が発
生すること。隣の色に影響し、少し色がずれて見える。
明度対比 周りの色の 明暗 の影響を受けて、明度差が
強調されること。実際の色よりも明るく、または暗く見えること。
ポスターや 看板 、 標識 等ではコレをうまく利用さ
れている。
彩度対比 周りの色に影響され、
ることを指す
彩度
に差が大きく見え
周りの色が鈍いとき、中の図は
鮮やか 見える。
周りの色が鮮やかなときは、中の図は
あせて 見える。
配色(色相配色)
まとまりやすい配色
同一
色相配色(色相環上の角度0度) 色相が同じ色、 同系 色。全体
のイメージが統一され、おとなしく無難な配色
類似
色相配色(色相環上の角度30~45度) 色相が近いのでまとま
りやすく、自然な
調和
配色
あいまいな配色
中差
色相配色(色相環上の角度60~105度) 明るい彩度が 高め の
色を組み合わせると、スポーティな感じ
目立つ配色
反対
色相配色(色相環上の角度120~150度) 色を組み合わせるとき
に、色相差が大きいほど「
コンストラスト
(色の対比)」が強くなる。
配色(色相配色・トーン(色調))
目立つ配色
補色
配色(色相環上の角度165~180度) 色相環で 正反対 に位
置する補色は、最もコンストラストが強い組み合わせ
ハレーション 彩度が高い(純色)反対色や補色の組み合わせには
「ハレーション」と呼ばれる色の ちらつき を起こす組み合わせがあ
る。ちらつきを押さえる為に、色の間に 無彩色 を配置したり、
明度差
を広げる場合がある。
トーン(色調) 異なる 色相 の組み合わせでも、 彩度 と 明度 をそ
ろえると、タイプの似た色に見える。トーンを揃えると、まとまりのある配
色になる。トーン(色調)は色のイメージや、明るい、さわやかな、優しい、
重い等の感情効果を表す
チャンネル(p49~
本日は再編集・再調整可能な制作方法を中心
ロゴ作成※
画像補完方式:バイキュービック法にて
フィルターを用いた背景の作成:雲模様
ロゴ作成:
レイヤー効果の組み合わせ:
解像度
調整レイヤーとトーンカーブ
マスク
チャンネルマスク
ロゴと花の合成
チャンネル
ロゴ作成
雲模様:フィルターの利用
ロゴ作成
レイヤー効果
効果/シャドゥ(内側)
レイヤー効果の組み合わせ
べベルとエンボス
ドロップシャドウ
解像度
画像解像度:
ppi:
dpi:
チャンネル
トーンカーブ
調整レイヤーとトーンカーブ
入力
調整レイヤー
トーンカーブ:
マスク
チャンネル:
標準チャンネル:
RGB:
R:
G:
B
CMYK:
C:
M:
Y:
K:
アルファチャンネル:
マスクチャンネル:
ロゴと花の合成
出力
提出課題
提出課題06-2.今日修正した街の画像を提出用に
jpg/gif形式に変換し提出
通常保存:Photoshop形式 psdファイル
提出用:Web用に保存→jpg/gifファイル
提出課題06-2.今日作成したロゴを提出用にjpg/gif形
式に変換し提出
通常保存:Photoshop形式 psdファイル
提出用:Web用に保存→jpg/gifファイル
次回の予定:提出課題/復習課題
Photoshopを用いた制作の復習と実力を見るための制作課題
課題2種類(下記の何れかを選択し、実施しなさい)
提出課題
下記のテーマに沿ってポスターの制作をしなさい
テーマ:観光案内
用いるスキル、合成、レイヤー、マスク、ロゴ
素材:講義よう素材より、又は各自で撮影した映像(著作権、肖像権を十分
に注意)
キャンバスのサイズ 1280×1024(pixel)以上:方向については指定無し
復習課題
これまでの講義について来れなかった部分等のある学生
テキストに記載している課題の再演習と作品制作
課題の名称をメールに明記すること:白熊等
提出
作品タイトル、作品概要
作品ファイル名 学籍番号.ファイル形式
提出〆切 次回授業終了時
再提出〆切 6月5日(月) 17:00(厳守) フリーワークショップ、工房G等で制作
6月6日の講義に、作品展示会を予定
皆さんで投票いたします。見せっこをしましょう
ダウンロード

ppt - 日本文理大学