CG(03) 補足資料
Hiroki Takahashi
[email protected]
.
.
.
.
.
.
算術演算子
.
四則演算
..
算術演算子: +(和算), -(差算), *(乗算), /(除算)
e.g. 3 + 5, 8 * 2
2 つの被演算子 (オペランド;operand) に対して演算
⇒ 二項演算子
.
..
.
正弦・余弦
..
sin(),
cos() ... 弧度 (rad) を渡す
.
..
.
マクロ ... 定数値が指定されている
..
PI,
. HALF PI, TWO PI
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
変数
.
変数
..
.
変数 ... データの入れ物,型 ... データの種類
int(整数), float(浮動小数点), char(文字), boolean(論理)
変数を利用するには仕様前に宣言が必要
変数名;
e.g. int a;
.
.
型指定子
.
..
.
変数への値の代入
..
変数 = 式;
e.g. a = 10;
.
.
..
.
値の計算
..
差分を利用する考え方
.
..
.
.
= ... 右辺の式の結果を変数に代入 (assignment)
等しいという意味ではない... 処理の進行で中身が変化
e.g. x = x + 10; // 今の x の値に 10 を加えた結果を x に代入
.
.
.
.
.
.
.
.
.
繰り返し制御構造
.
for 文, while 文
..
繰り返し数既知: for(初期設定; 評価式; 更新式) 文
.
繰り返し数未知: while(評価式) 文
.
.
.
.
.
.
.
.
..
while 文の前で条件式で使う変数の初期値設定
while 文中で条件式を満たさなくなるように変数が変化
変数がどのブロック (“{ ” と “} ” で囲まれる範囲) で変化するか注意
.
繰り返し制御構造
.
関係演算子
..
>,
. >=, <, <=
..
.
真理値
..
命題の真偽
: 真 (true),偽 (false)
.
..
.
複合代入演算子
..
x
. += d ⇐ x = x + d の省略形
..
.
演算子
..
剰余: %
.
.
.
.
.
.
.
.
.
increment, decrement 演算子: ++, -.
..
.
HSB 表色系
..
H:
. 色相,S: 彩度,B: 明度 ... 人間の知覚に近い
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
メソッド
.
メソッド
.
..
一連の処理をブロック (“{ ” と “} ” で囲まれる範囲) でまとめ名
前を付ける
メソッド = 名前a + ブロック
メソッド宣言
戻り値型 メソッド名 ([型 仮引数, . . .]){ ブロック }
メソッド呼び出し
メソッド名 ([式, . . .])
戻り値: メソッドを宣言した際の型と同じ型の値
return 式;
a 名前は処理の内容が分かるものを付ける.予約語以外の名前
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
ダウンロード

Document