施用当作の窒素肥効を
考慮した家畜ふん堆肥の利用
石岡厳1)5)・ 棚橋寿彦2) ・小柳渉3) ・
村上圭一4) ・平栁恵子3) ・加藤直人1)
1) 中央農研 2) 岐阜県農技セ 3)新潟県農総研 4)三重県農業研究所
5) 現 近中四農研
実用技術開発事業(旧高度化事業)課題番号18053
「農業環境規範に適合する家畜ふん堆肥の肥効評価システムの確立」
ナレーション: 渡邉 佳奈(JA全農みえ)
プレゼンテーションの内容
家畜ふん堆肥の圃場利用での問題
家畜ふん堆肥の中の窒素の効き方
家畜ふん堆肥中の窒素の効き方を考
慮した化学肥料との協調利用
普及への取り組み
現物 1ト ン あたり の量( kg)
家畜ふん堆肥には肥料成分が含まれる
40
全窒素
全リン酸
20
全カリ
0
稲わら
堆肥
牛ふん
堆肥
(乳牛)
豚ぷん
堆肥
鶏ふん
堆肥
(採卵鶏)
畜産環境整備機構「堆肥の品質実態調査報告書」(2005)より作成
雨ざらしは禁止に
「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関
する法律」(H16年11月完全施行)
畜産農家の素掘り投棄・野積み禁止
副資材・敷料不足~戻し堆肥増加
副資材
家畜ふん尿
敷料
%・ 乾物あたり
牛ふん堆肥の副資材とカリ含量
4
2
0
無
し
オ
ガ
ク
ズ
モ
ミ
ガ
ラ
バ
|
ク
戻
し
堆
肥
そ
の
他
全
体
畜産環境整備機構「堆肥の品質実態調査報告書」(2005)より作成
肥料成分量のばらつきが大きい
全窒素
6%以上
鶏ふん
堆肥
豚ぷん
堆肥
牛ふん
堆肥
5~6%
4~5%
3~4%
2~3%
1~2%
1%未満
0
100
点数
200
山口ら「主な家畜ふん堆肥に含まれる肥料成分の階級別分布」(家畜ふん尿処理利用研究会資料 1996)
より作成
肥料成分量のばらつきが大きい
全リン酸
10%以上
9~10%
8~9%
7~8%
6~7%
5~6%
4~5%
3~4%
2~3%
1~2%
1%未満
0
鶏ふん
堆肥
豚ぷん
堆肥
牛ふん
堆肥
100
点数
山口ら「主な家畜ふん堆肥に含まれる肥料成分の階級別分布」(家畜ふん尿処理利用研究会資料 1996)
より作成
作物にとって利用可能なのは一部分
窒素の形態
作物が利用可能な肥料
・硝酸態窒素
成分は全量の一部分
・アンモニア
態窒素
全量 x 肥効率
・タンパク質
= 作物が利用可能な量
・リグニン etc.
肥効率は栽培試験での
作物の吸収量から算出
‥‥
その割合を
肥効率と呼ぶ
よく使われている肥効率の値
窒素
リン酸
牛ふん堆肥
30%
60%
豚ぷん堆肥
50%
90%
70%
鶏ふん堆肥
70%
カリ
各地での圃場試験結果からの窒素肥効率
牛ふん堆肥の窒素肥効率
91~100
81~90
71~80
%
61~70
51~60
41~50
31~40
30%
21~30
11~20
1~10
0
5
10
15
20
25
30
点数
渋谷ら「公立試験研究機関における有機質資材の施用試験とその窒素肥効」(土壌肥料学会関東支部会
2003)より作成
各地での圃場試験結果からの窒素肥効率
豚ぷん堆肥の窒素肥効率
91~100
81~90
71~80
%
61~70
51~60
50%
41~50
31~40
21~30
11~20
1~10
0
5
10
15
20
25
点数
渋谷ら「公立試験研究機関における有機質資材の施用試験とその窒素肥効」(土壌肥料学会関東支部会
2003)より作成
肥料成分のバランスは
作物の吸収と合っていない
牛ふん堆肥
作物の
吸収割合
窒素
キャベツ
カリ
リン酸
水稲
田中明編「作物比較栄養生理」
(1982)より作成
トマト
畜産環境整備機構「堆肥の品質実態調査報告
書」(2005)に肥効率をかけて作成
肥料成分のバランスは
作物の吸収と合っていない
豚ぷん堆肥
作物の
吸収割合
窒素
キャベツ
リン酸
水稲
田中明編「作物比較栄養生理」
(1982)より作成
カリ
トマト
畜産環境整備機構「堆肥の品質実態調査報告
書」(2005)に肥効率をかけて作成
場合によっては生理障害が発生
トマト(ハウス桃太郎)のカリ過剰
により引き起こされた苦土欠症
状(三重県農業研究所)
スイートピーのリン酸過剰
(神奈川県農業技術センターより)
家畜ふん堆肥利用の問題点
安心して利用するには、
肥料成分の個別評価が必要
窒素・リン酸・ カリ:含有率表示あり
リン酸・ カリ:含有率から判断(暫定)
窒素:作物を栽培し、吸収量から肥効率を算出する
のは、非常に煩雑
もうひとつの大きな問題: 腐熟度
コマツナポット栽培・21日目
未熟な堆肥を
使うと
生育に悪影響
生
未熟
中熟
麦わら牛ふん堆肥
牛ふん
バーク堆
肥
見た目では
判断できない
佐藤康司 投稿未定
家畜ふん堆肥の圃場利用での問題点
家畜ふん堆肥には
肥料成分が含まれ、その量は
堆肥ごとにさまざまである
見た目では、肥料成分の量や
腐熟の程度が分からない
という問題がある
ダウンロード

全リン酸 - 新潟県農業総合研究所