公
述
千葉市
村越 啓雄
1・
河川整備計画
新利根川放水路の問題点
全国知事会ーHPから
千葉県
• ○事業の概要
印旛沼方式で進める計画 ~印旛沼方式とは~
1 水循環の視点、流域の視点で総合的に解決する計画
2 みためし計画 (見試し)
計画の実行状況、目標の達成状況を常に確認しながら、
つくったら終わりの計画ではなく、必要に応じて計画を点
検し、見直します。
3 住民と共に進める計画
市民団体・水利用者・行政が一堂に会して計画を策定し、
実践します。
• 4 行政間の相互連携による計画
流域市町村・千葉県・国が、水循環のために横断的に協
力して計画を実践していきます。
印旛沼
Inba Swamp
佐倉市
印旛沼は、江戸中期からたびたび治水工事
が行われ、昭和21年から20年あまりかけて、
ついに完成しました。 湖畔のサイクリング
ロードは、自転車に乗りながら風景を満喫でき
る絶好のスポットとして人気です
佐倉観光協会のHPから
• 成田市
印旛沼総合開発事業について
印旛沼は26km2あった水域面積を11km2に縮小して、そ
こに水田を作り、洪水防止用の堤防や排水ポンプ、利水用
の揚水ポンプを作りました。
水深を1.7mにして、水域面積が縮小しても貯水量を保つ
ようにしました。
更に高さ5mの堤防を沼の全周に築いて洪水の一時貯蔵
容積を確保すると共に、
東京湾方向に毎秒120t、利根川方向90t排水できる施設
を作り・・平成20 年までに各機場は順次改修され、能力も5
割程度増すことになります。・・
そのおかげで昭和40年以降印旛沼には1度も洪水は発生
していません。
ー 成田市 HPから
千葉市花見川区は区域を縦断するように流
れる「花見川」が緑豊かな河川空間を形成し、
釣りやサイクリングを楽しむ人々の姿が見ら
れ、自然に囲まれたのどかな風景は区のシン
ボルゾーンになっています。
恵まれた自然環境と
地理的条件を活用し、
都市と自然の調和を
図りながら、「川と
緑の魅力が活きる
心と心の通う町」の
実現をめざしていま
ー千葉市花見川区 HPから
す。
千葉市花見川区
自治体・住民は新放水路を望んでいない
ー 千葉県の姿勢 -
• 住民と共に進める計画
• みためし計画 (見試し)
• 行政間の相互連携による計画
- 自治体は、計画を精査していない ー
その中での国の決定??
• 経費ー2000億円?-は誰が負担!!
2・やん場ダム事業の実施継続
の結論は千葉県において正当
な手続きを踏んでおらず、また
住民の民意を反映していない。
厚生労働省・国土省へ誤った
報告がされている。
やんばダム建設事業の再評価
を果たしていない
• 水道施設整備事業の再評価制度は、公共事業
の効果的・効率的な執行及び透明性の確保を
図る観点から、平成11年度より国において導
入されたものであり、
• 水道事業の再評価の実施について平成16 年7
月12 日付け「水道施設整備事業の評価実施
要領」により、通知を受けている。
第三者評価の実態
第三者の評価の実態
水道水源開発等施設整備事業の再評価
平成17年2月 千葉県水道局
•事業の再評価は
•
•
第三者による評価が不十分。
費用/便益比が精査されず、比較条件が不
十分。
• など評価実施要領を満たしていない。
•
したがって、再評価を実施したとは言えず、
結論ー事業の継続が妥当ーは誤っている。
国土省は、報告書1枚で結論を評価せず、自治
体での検討経緯を把握するべきだ。
end
ダウンロード

公 述