いきいき公衆衛生の会 自由集会 in 札幌
地域保健を取り巻く情勢分析
三位一体改革・社会保障制度改革と地域保健
高知県健康福祉部
田上 豊資
経済規模に見合った社会保障に向けて
(経済財政諮問会議の4委員の意見:H17.2.15)
健康高知
牛尾(ウシオ電機)、奥田(トヨタ自動車)、本間(大阪大学)、吉川(東京大学)
社会保障制度の最も重要なことは、給付の
手厚さではなく、制度の「持続性」である
積み上げで給付費を捉えるのではなく、名
目GDPの伸び率を指標に、総額の伸びを
管理すべき
本年中に2010年(H22)までの5ヵ年
計画を策定(以下を組み合わせた改革工程
を明示)
 医療サービス向上プログラム
 名目成長の伸び率とリンクするマクロ経済スライド方式の導入
注)マクロ経済スライド
: 賃金・物価スライドに加え、人口構成など社会全体の負担能力の変動に見合ったスライド率で将来の給付額を調整すること
 公的保険でカバーする範囲の見直し
(例)少子化が進展したり、平均余命が伸びれば、将来の給付水準を引き下げる
三位一体の改革と厚生行政への成果主義(目標管理)の導
入
社会保障費用の増大
と財政危機
高齢化の進行と
社会保障負担の増大
社会保障制度改革
①適正化、予防(疾病・介護予防)、自立・就労支援
②負担と給付の見直し(ホテルコスト等)
③都道府県単位の保険者の再編統合
健康フロンティア戦略
総合政策として推進
都道府県の役割強化
(厚労省対案)
①地方提案に基づく税源移譲
850億
②国保、(生保、児扶手)への県負担導入
6850億+α
③成果主義の導入(交付金化と統合補助金化) 3300億
健康増進計画
生活習慣病予防
介護予防
適正化
予防
自立就労
低経済成長時代
失業、雇用不安
三位一体の改革
(持続可能性がキーワード)
健康高知
医療計画等
介護保険事業支援計画
医療費の適正化
保険者の再編統合
地域密着型サービス
住み替え住宅
入院→介護→在宅(居宅)までの「連携パス」
生活保護、母子家庭の自立就労支援 等
厚労省の飴と鞭
実
態
把
握
計(
数
画値
策目
定標
)
実
施
に数
よ
る値
評目
価標
成果
統
合交
補付
助金
金
厚生行政への成果主義・目標管理の導入(PDCA)
・高まる自由度(補助基準の緩和)
(主体的、弾力的な事業運営を可能とする)
・計画内の自由な箇所付け
・事業間経費使用の弾力化 等
・透明性の高い客観的指標に基
づく交付額の算定
法改正の動きと地域保健への影響・・・?
• 介護保険法改正と老人保健事業
市
町
村
– 地域支援事業と老人保健事業
– 地域包括支援センターと市町村保健センター(保健師)
• 障害者自立支援法と保健事業・介護保険
• 健康保険法改正と健康診査、保健指導
• 国民健康保険法改正
都
道
府
県
– 財政調整交付金
– 保険者協議会(国保法と健康保険法に基づく保健事業の指針)
• 老人保健法
– 老人医療費の伸びを適正化するための指針 ⇒ 医療費適正化計画
• 医療法改正と医療計画
• 地域保健法改正と地域保健計画
– 健康危機管理+各種健康課題に関する計画
目標管理と交付
金、統合補助金
健康高知
他律的計画(目標管理)か
自律的計画(目標管理)
か
健康高知
今
これまで
これから
金
補助金・負担金
交付金・統合補助金
一般財源化
計 画
計画のための
計画
交付金獲得の
ための計画
地方自治の
品質向上
目標管理
曖昧な目標設定
他律的目標管理
自律的目標管理
キーワードは、
インセンティブ
ゴールのイメー
ジが大切!
自助、共助、公助とヘルスプロモーション
むかし
いま
共助
共助
公助
小さな政府
★サービスの効率化と重点化
による公助の拡大の抑制
制度の持続可能性??
★自助・共助、特に共
助の拡大が鍵!
・予防重視(ポピュレ
ーション戦略)
・地域支え合いの仕
組
みづくり・まちづくり
公助
制度の持続可能性
大きな政府
★自助の拡大(自己負担↑)
厚
生
労政
働府
省
★公助が、共助を弱体
化させてきた!
自助
自助
健康高知
アウトソーシング・ダウンサイジング時代の
公衆衛生(地域保健)行政
個人技術の向上
健康高知
二次予防と三次予防は、保険制度主体へ?
⇒ 民間へのアウトソーシングも・・
パーソナル・ヘルスケア・サービス
パーソナル・ケア・サービス
住民組織活動の強化
健康を支援
する環境づ
くり
(島内 1987 ,吉田・藤内 1995を改編)
ダウンロード

Power Point 158Kb