QE
専修大学
経済統計学・経済の世界
作間逸雄
GDPと輸出・輸入
生産勘定(結合)
生産勘定(連結)
Y
C←国内の所得・支出勘定へ
D
I←国内の蓄積勘定へ
P
MP(中間
財輸入)
MF(最終財
輸入)
P←国内の生産勘定へ
X(輸出)←海外へ
海外の勘定から
 GDPは、居
住者である
生産者の付
加価値の合
計
 C、I、Xは、
輸入品を含
む
QE(四半期別GDP速報)とは
 QE=Quarterly Estimates
枠組み=連結生産勘定、等式のかたちで書くと
GDP=C+I+X-M
C+Iが「内需」。
X-Mが「外需」
CおよびIは、民間・公的に分類されている。
※公的資本形成は、公的部門の資本形成であり、政府
資本形成より広い。たとえば、政府が株式の大半を保有
している公的法人企業の資本形成を含む。
 生産勘定借方からは雇用者報酬だけ。





『日本経済新聞』2007年5月17日付(夕刊)1次QE
『日本経済新聞』2007年6月11日付(夕刊)2次QE
QEと確報

1次QE→2次QE→確報→確々報
2007年1-3月の数字が5/17に1次QE、6/11に2次QEとし
て発表された。
平成17年度国民経済計算(確報)が平成19年5月までに
(通常は、前年末から時間をかけて、少しずつ)公表された。
また、それらがまとめて掲載される平成19年版の『国民経
済計算年報』が6月12日に刊行された。1年後の確報で同
年度の確々報が発表されるはずである。
法人企業統計が6月4日に発表されてから、1週間で2次QE
が発表される。
名目・実質・年率
 成長率は、実質ベースで。実質化のふたつの方式がある。
 GDPやその内訳等の伸び率を計算するには、季節調整済
みの前期比を計算するか、(季節調整が行われない場合な
どは足元の動きではなくなるが)前年同期比を計算する。
 瞬間風速(年率換算):同じスピードで1年間成長が続いた
とすれば、どのくらいの成長率になるか?
y  (1  x)  1
4
 問:実質GDPの季節調整済み前期比が1.5%のとき、瞬間
風速はいくらか?
寄与度・寄与率
 寄与度とは。
GDP C  I
C C
I I



GDP
GDP
GDP C GDP I
 寄与度の合計は、GDPの成長率になる。
 内需の寄与度、外需の寄与度などがよく話題になる。
 寄与率は、寄与度を合計が100になるように定数倍したもの。
 この説明は、2つの実質化方式のうち、「固定基準年方式」の
もので、「連鎖方式」の場合は別。
ゲタ
 「ゲタ」(1-3月期=年度の最終四半期のQEで話題にな
る)とは、07年度の経済成長に向けた発射台。
 問:2004年度のGDPが534,002.2(単位は10億円)、
2005年1-3月期のGDPが538,799.1とする。2005年度の
日本経済がもっていた「ゲタ」を計算せよ。
年率(1年分)として推計されて
いる。
ダウンロード

QE - 専修大学