公債費負担の軽減
下水道事業会計
公的資金補償金免除繰上償還制度(H19
~H21)により、下水道事業債の一部につ
いて、低金利債への借換を実施しました。
旧資金運用部資金
実施年度
平成19年度から平成21年度
単位(千円、%)
旧資金運用部資金
平成19年度
▼繰上償還額
▼借換前利率
平成20年度
333,352
7.1%~8.5%
▼借換前利息
543,196
6.0%~6.6%
平成21年度
331,063
合計
1,207,611
5.1%~5.5%
146,899
225,720
101,259
473,878
▽借換資金
0
542,700
330,800
873,500
▽自己資金
333,352
496
263
334,111
▽借換利率
▽借換利息
★借換等効果額
0.952%~1.295%
0.98%~1.06%
0
38,300
17,471
55,771
146,899
187,420
83,788
418,107
※ 借換等効果額は、平成20年度から平成33年度までの期間における累計額を示す。
【繰上償還実施効果】
効果① 公債残高334,111千円減少
効果② 公債費利息418,107千円の費用軽減(H 20~H 33年度)
旧地方公営企業金融公庫資金
実施年度
平成19年度から平成20年度
単位(千円、%)
旧地方公営企業
金融公庫資金
平成19年度
▼繰上償還額
▼借換前利率
194,749
6.7%~7.4%
平成20年度
平成21年度
362,181
合計
0
556,930
5.55%~6.3%
▼借換前利息
71,219
126,607
0
197,826
▽借換資金
43,300
361,600
0
404,900
▽自己資金
151,449
581
0
152,030
▽借換利率
2.40%
2.45%
▽借換利息
2,427
50,728
0
53,155
68,792
75,879
0
144,671
★借換効果額
※ 借換効果額は、平成20年度から平成32年度までの期間における累計額を示す。
【繰上償還実施効果】
効果① 公債残高152,030千円減少
効果② 公債費利息144,671千円の費用軽減(H 20~H 32年度)
旧簡易生命保険資金
実施年度
平成21年度
単位(千円、%)
旧簡易生命保険資金
平成19年度
平成20年度
平成21年度
合計
▼繰上償還額
71,972
▼借換前利率
6.00%
▼借換前利息
28,696
28,696
▽借換資金
71,900
71,900
▽自己資金
72
72
▽借換利率
1.06%
▽借換利息
4,382
4,382
24,314
24,314
★借換効果額
71,972
※ 借換効果額は、平成22年度から平成32年度までの期間における累計額を示す。
【繰上償還実施効果】
効果① 公債残高72千円減少
効果② 公債費利息24,314千円の費用軽減(H 22~H 32年度)
公的資金総括
実施年度
平成19年度から平成21年度
単位(千円、%)
繰上償還総括
▼繰上償還額
▼借換前利率
▼借換前利息
平成19年度
平成20年度
528,101
6.7%~8.5%
905,377
5.55%~6.6%
平成21年度
403,035
合計
1,836,513
5.1%~6.0%
218,118
352,327
129,955
700,400
▽借換資金
43,300
904,300
402,700
1,350,300
▽自己資金
484,801
1,077
335
486,213
▽借換利率
0.024 0.952%~2.45%
▽借換利息
2,427
89,028
21,853
113,308
215,691
263,299
108,102
587,092
★借換効果額
0.98%~1.06%
※ 借換効果額は、平成20年度から平成33年度までの期間における累計額を示す。
【繰上償還実施効果】
効果① 公債費残高が486,213千円減少
効果② 公債費利息587,092千円の費用軽減(H 20~H 33年度)
年度別借入先別効果額
(H20~H33年度)
年度別借入先別公債費利息の軽減額
千円
90,000
80,000
70,000
旧簡易生命保険資
金
旧地方公営企業金
融公庫資金
旧資金運用部資金
60,000
50,000
40,000
30,000
20,000
10,000
0
H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33
ダウンロード

公債費負担の軽減