2005年度特許戦略工学分科会報告
オーガナイザ 片岡 敏光
発足:2003年10月
2006年2月19日現在
メンバー数は72名、公開名簿記載者数は39名
特許戦略工学分科会の目的は、特許戦略工学を研究し、特許戦略論の普及
および特許戦略システムの構築の引き金になることです。
オーガナイザ: 久野敦司,片岡敏光 ,赤間淳一
WG1: PCML研究ワーキンググループ
WG2: Patent Claim Drafting Cup
ワーキンググループ
WG3: 特許戦略論研究ワーキンググループ
PCMLコンソーシアムでは、オントロジーの上に
PCMLを構築し、標準化する活動を、企業、大学
、公的研究機関などが中心となって行ないます。
1
請求項記述言語とは:
人間にとってもコンピュータにとっても明瞭で理解しやすい構
造を持つように請求項を記述するために用いる言語である。
英語表記
PCML:
Patent Claim Markup Language
本分科会では、オントロジー上の請求項クラスとして言語定義
することで、拡張性と汎用性の高い請求項記述言語PCMLの
標準を構築しようとしていますので、皆さんの標準化作業への
参加を歓迎いたします。
2
請求項記述言語の位置付け
請求項記述言語は、
知的創造サイクルを
マンパワーだけで回す
状態を、コンピュータを
活用してもっと高度に速
く回す状態に変える。
請求項記述言語と他の技術やシステムとの関係
請求項記述言語は、トップダウン指向設計支援システムと非常に親和性が高い。
請求項記述言語はTrizと結合することで、知的創造サイクルの全範囲をカバーできる
日本語解析技術の利用は、請求項記述言語を用いたツールの機能の高度化や
使いやすさ向上に役立ちます
3
請求項は構成要素と、構成要素を結合するリンクからなるグラフ構造である。これをPCML
で記述できる。
K
請求項の構造のイメージ
リンク
B
入
力
D
出力
そして、他の構成要素との接続に使用
されるリンクがその構成要素の性質に
適合し、外部からの入力と請求項の構
構成要素 成要素およびリンクの作用で出力が形
成される過程が定性的に説明可能であ
る場合、その請求項は、人間またはコ
概念展開
ンピュータに、発明の構成と作用・効
リンク
果の関係が理解可能に記述された請求
項であると言える。
A
C
C3
C1
請求項を理解するために用いる「請求
項の構成要素やリンクを記述した用語
定義情報」が、請求項の外部で、理解
の主体者に利用可能に保持されていな
ければならない。
C2
C
請求項の理解可能性を支えている
階層構造
構成要素やリンクの意味
を定義した概念辞書
請求項を理解する主体である人間またはコ
ンピュータが保持している。
4
注) 本分科会はボランティア活動であるので、特許戦略システムソフト
全体イメージ
に関する本分科会の活動の成果・知的財産権は本分科会の名で一般
に無償開放することに、メンバーは予め同意するものとする。
SMIPS 特許戦略工学分科会
メンバーによるボランティア活動
特許戦略論
(著作権者:分科会の
執筆メンバー)
PCMLシステムソフトの
構造、仕様、要望、コメント
本分科会の活動の成果
出版社
書籍
大学および
公的研究機関
ソフトウェア開発企業
PCMLコンソーシアム
可能なら、
外部資金
「特許戦略論」
PCML関連ソフト
(無償開放版,有償開放版)
PCMLの標準
5
2005年度活動目標
(1) PCML標準化および製品開発の支援
PCML標準化および製品開発推進および支援する活動
産学連携プロジェクトのコーディネーション,補助金獲得支援,PCML言語
仕様改善,PCMLシステムに対するユーザの立場からの提言
(2) Patent Claim Drafting Cupの実行
優れた請求項の作成技術を競う競技大会。Webベースの予備戦と、予備戦を
勝ち抜いてきた人たちによる競技本大会。SMIPSの2005年9月のワークショ
ップでの本大会開催を目指す。
請求項の重要性への認識の強化、良い請求項を作成する技術をもった人
の名誉と社会的地位の向上、請求項記述言語(PCML)普及を目指し、
日本の知財立国のインフラとなる行事を目指す。
(3) 特許戦略論に関する創造的研究
(2005.3.12)
6
特許戦略工学は、特許戦略論と特許戦略システムから構成
特許戦略工学
特許戦略論
特許戦略システム
請求項記述言語
PCMLツール
7
2005年度の特許戦略工学分科会の例会発表内容と主な成果
2005年04月
2005年05月
2005年活動計画発表&討議
PCML共同調査研究の産学連携覚書締結
「PCML産学連携実行ワーキンググループの活動報告」
WG1オーガナイザ 片岡敏光氏
「特許戦略論研究ワーキンググループ 」
WG3オーガナイザ 久野敦司氏
2005年06月
第4回産学連携推進会議にてPCML展示
「第4回産学官連携推進会議への出展について」
WG1オーガナイザ 片岡敏光氏
日経BP知財アウェアネスにてPCML紹介
2005年07月
「第4回産学官連携推進会議への出展報告」
WG1オーガナイザ 片岡敏光氏
特許戦略論発表
「パテントポートフォリオマネジメント」
アーウェル国際特許事務所 弁理士 立石琢也氏
「排他権明細書」 渡海堅氏
8
2005年10月
2005年11月
2005年12月
2006年01月
2006年02月
2006年03月
「特許流通オークションサイトについて」
日本技術貿易(株)IP総研 平沼氏
「日本IT特許組合の特許戦略」
日本 IT 特許組合事務局長 生野糧作氏
「特許文構造解析技術による請求項視覚化機能の実現」
NTTデータ(株)技術開発本部 小西一也氏
「歯ブラシに関するPCML適用例」
(NPO)海外植物遺伝資源活動支援つくば協議会 鈴木茂氏
「MC法によるやさしい発明提案書・明細書の書き方」
佐野国際特許事務所 長谷川公彦氏
PCMLドラフティングハウス の発足 (http://wiki.a-dos.com/PCML/)
「特許請求項テキストの知的自然言語処理プラン」
株式会社アドス XMLソリューション事業部 赤間淳一氏
PCML オントロジー基盤環境に移転
「セマンティックコンピューティングと特許情報」
産業技術総合研究所 情報技術研究部門
副研究部門長 橋田浩一氏
「特許戦略における数量的法則」
オーガナイザ 久野敦司氏
2005年度分科会活動総括 オーガナイザ
片岡敏光氏
9
2005年5月21日、特許戦略工学分科会の会合参加者と共に記念写真撮影
10
第4回産学官連携推進会議出展パネル (SMIPS特許戦略工学分科会、政策研究大学院大学、東京工業
大学、金沢工業大学、エム・アール・アイシステムズ(株)、インパテック(株)、(株)アドス共同出展)
11
第4回産学官連携推進会議出展パネル全景 (SMIPS特許戦略工学分科会、政策研究大学院大学、東京
工業大学、金沢工業大学、エム・アール・アイシステムズ(株)、インパテック(株)、(株)アドス共同出展)
12
第4回産学官連携推進会議出展説明員一同 (SMIPS特許戦略工学分科会、エム・アール・アイシステムズ
(株)、インパテック(株)、(株)アドス)
13
コンピュータ言語によって特許請求項を構造化・電子文書化
「特許戦略工学分科会」を中心に産学連携で研究推進
[2005/06/29] 特許請求
範囲をコンピュータ言語(XML)によって構造化,電子文書化する「請求項記述言語(Patent
Claim Markup Language:PCML)」の実用化に向け,産学連携プロジェクトを通じた共同調査研
究が実施されることになった。
PCMLは,政策研究大学院大学の助教授・隅蔵康一氏らが主催する知的財産マネジメント研
究会(SMIPS)の特許戦略工学分科会が開発している技術であり,同分科会に加えて東京工業
大学・奥村研究室,金沢工業大学大学院・中沢研究室,企業3社(エム・アール・アイシステム
ズ,アドス,インパテック)がプロジェクトに参加し,PCMLの確立と支援・応用ソフトウェアなど実
用化に向けた取り組みを主に推進する。
2005年6月25・26日に京都市で開催された「第4回産学官連携推進会議」にPCMLエディタの
プロトタイプ・システムが出展された。特許戦略工学分科会は「会場では大きな反響があり,企
業数社から研究推進コンソーシアムへの参加希望が伝えられた。今後も共同研究への参加を
積極的に募りたい」との考えを示しており,研究の拡大を期待している。
「請求項をグラフィカルに可視化し,高度な特許戦略を実現」
特許戦略工学分科会は,2003年にPCMLの研究を開始して,PCMLの基本仕様の設計と
PCMLエディタのプロトタイプの開発を進めてきた。同分科会のオーガナイザーでPCMLの基本
概念を提唱した久野敦司氏は,特許請求項の現状について,「複雑な技術に関して,公知の技
術と区別しつつできるだけ権利範囲を広くなるように記述するために,抽象的な用語や文章表
現を使用することが多い。こうした『読みにくく分かりづらい請求項』は,権利範囲の解釈に争い
「http://chizai.nikkeibp.co.jp/chizai/biz_univ_tlo/20050629.html」より抜粋
14
産学連携プロジェクト検討結果 : PCMLシステムの体系の構想
特許業務ワークフロー
PCMLサービス
レイヤー
・技術提携/事業提携の仲介サービス
・検索サービス
・評価サービス
その他
特許教育サービス
科学技術教育サービス
特許審査サービス
特許明細書
CAD
PCMLアプリレイヤー
比較マップ
請求項
CAD
クレーム分析
技術展開マップ
PCML-
概念設計
レイヤー
PCML
コアレイヤー
インハウス
DB
(設計)
既存PATの
PCML化シ
ステム
パブリック
DB
問題解決システ
ム
PCML表現の
PATクレーム
DB
概念辞書生
成システム
概念辞書
(シソーラス付)
機能と
製品の
対応辞書,
CADデータ
ライブラリ
概念設計
CAD
PCML
エディタ・ブラ
ウザ
15
2005年12月17日 佐野国際特許事務所 長谷川公彦氏講演「MC法によるやさしい発明提案書・明細書の書き方」より
16
2005年12月17日 佐野国際特許事務所 長谷川公彦氏講演「MC法によるやさしい発明提案書・明細書の書き方」より
17
産業技術総合研究所 情報技術研究部門 副研究部門長 橋田浩一氏講演 「セマンティックコンピューティングと特許情報」より
18
産業技術総合研究所 情報技術研究部門 副研究部門長 橋田浩一氏講演 「セマンティックコンピューティングと特許情報」より
19
特許を企業経営、日本の知財立国に活かすための
実践的で体系的理論を、特許戦力の概念を中心に
構築する。
特許戦略論のイメージ
特許戦略論
事業戦略、技術戦略
と特許戦略の統合理論
産業政策、科学技術政策と
特許戦略の統合理論
特許戦力の
比較の理論
特許戦力の
活用の理論
特許戦力の
管理の理論
特許戦力
人材論
特許戦力の
概念
特許戦力の
計測の理論
特許戦力の
創造の理論
特許戦力の
配置の理論
孫子の兵法
など
ゲーム理論
ソフトウェア工学
、発想法
特許戦略の
実践経験
特許法
20
2006年度活動予定
2006年度の本分科会の活動は、特許
戦略システム構築の一助として、人間にと
ってもコンピュータにとっても明瞭で理解し
やすく請求項を記述するための請求項記
述言語をオントロジー上の請求項クラスの
標準として実現し、明細書および特許請求
の範囲の作成にも活用できるセマンティッ
クオーサリングツールおよび各種のツール
の開発を予定しております。
21
ダウンロード

PSE_REPO_013 - Patent Island