1
民間研究費獲得の実際
ー作業療法ジャーナル研究助成の場合ー
日本保健医療社会学会定例研究会
2011年3月19日(土) 15:10-15:50
於:龍谷大学大阪梅田キャンパス研修室
田島明子(吉備国際大学保健科学部作業療法学科/
立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
2011/3/19
2
2011/3/19
「作業療法ジャーナル研究助成」について
• 三輪書店が出版している「作業療法ジャーナ
ル」という雑誌内で行われている企画
・月刊誌
・作業療法に関わる特集を組み、
主に依頼原稿で成り立っている
・「作業療法ジャーナル研究助
成」はこの雑誌のなかで募集が
行われる
・作業療法士はみんな読んでい
る。
3
三輪書店について
2011/3/19
・事業内容:医学・看護およびその周辺領域における書籍・雑誌・ビデオ・DVDの出版
・設立:1991年9月19日
・資本金:3000万円
・従業員数:18名
・社長:青山智
【雑誌】
・脊椎脊髄ジャーナル
・地域リハビリテーション
・脳神経外科ジャーナル
・心身医学
・ターミナルケア
【書籍】
・「在宅医療チームスタッフのための必携薬剤手帳!」
・「研修病院選びかた御法度」
・「最速!聖路加診断術」
・「楽楽研修術―即戦・臨床力を高める名言・迷言・記憶術」
・「知ってるつもりの内科レジデントの常識非常識 第2版」
(HPからの情報、平成23年3月9日現在)
4
募集要項
•
•
•
•
•
•
•
•
•
2011/3/19
対象研究:作業療法の発展に寄与する研究
助成額:賞金30万円
給付の時期:年1回、4、5月頃(募集締め切り1月末)
申請者の資格:作業療法士の国家資格所有者、代表研究者が
有資格者なら、他職種との協同研究も可
研究の期間:3年を上限
助成の要件:科学研究費補助等公的研究助成および他民間団
体・企業からの研究助成を受けていない
助成対象者の義務:最終の研究結果を「作業療法ジャーナ
ル」で報告すること(ただし、原著論文としての投稿先は規
制しない。その際、当研究助成を受けた旨は論文に明記する
こと)
選考方法:「作業療法ジャーナル編集委員会」が審査を行い、
助成対象として1研究を選出
応募方法:申請書をWebからダウンロードして、メールで申
請
5
2011/3/19
編集委員の構成(2008年当時)
•
•
•
•
•
•
•
•
江藤文夫(医師)
香山明美(OT):現日本作業療法士協会常務理事
澤 俊二(OT)
長尾哲男(OT):現日本作業療法士協会監事
中村春基(OT):現日本作業療法士協会会長
野中 猛(医師)
宮崎明美(OT)
山本伸一(OT) :現日本作業療法士協会常務理事
6
2011/3/19
申請書に記入する内容(資料1)
1.申請者について
氏名、年齢、略歴(国家資格取得後の職歴)、所属
機関、役職、所属機関所在地、自宅住所、連絡先
2.共同研究者について
氏名・所属機関
3.研究の大要(研究テーマ、目的等、400字以
内)
4.研究計画(800字以内)
達成目標、研究の流れ、所要時間、倫理的な配慮
5.研究の準備(研究の進捗状況、準備状況、40
0字以内)
6.国内外における類似研究の有無
7
選考基準
2011/3/19
• 「作業療法ジャーナル」編集委員が審査員
①オリジナリティ
②臨床的にみて意義があるかどうか
----------
③若い人の方が有利(とはいえ、研究をまとめる
力は審査対象)
④その他
8
これまでの受賞者
2011/3/19
第1回
(2006
年)
高島千敬
大阪大学医学部付属病院
リハビリテーション部
パーキンソン病におけるADL
/IADL トレーニングの有
効性に関する研究
第2回
(2007
年)
田島明子
東京都板橋ナーシング
ホーム
介護老人保健施設入所認知症
高齢者のQOLに関する文献
的考察
第3回
(2008
年)
梶直美
株式会社アドバンテッジ
キャリア部コーディネー
タ
就労支援作業療法モデルの開
発-就労準備訓練と作業分析
第4回
(2009
年)
近藤智
目白大学保健医療学部
復職準備期にあるうつ病休職
者のプログラム開発およびプ
ログラム介入による有効性の
検討
第5回
(2010
年)
大寺亜由美 北里大学東病院リハビリ
テーション部
筋委縮性側索硬化症患者にお
ける福祉用具導入の実態調査
及び介入効果の検討
9
2011/3/19
「メリットはない」
→投資と同じでリターンがあるか考えると「ない」
では一体なぜ、このような研究助成を始めたか?
10
2011/3/19
いきさつ①
1967年創刊-1988まで
『理学療法と作業療法』(医学書院)
『作業療法ジャーナル』
(三輪書店)
『理学療法ジャーナル』
(医学書院)
11
2011/3/19
いきさつ②
1967年創刊-1988年まで
『理学療法と作業療法』(医学書院)
PTとOTジャーナル賞
『作業療法ジャーナル』
(三輪書店)
OTジャーナル賞(~2005年)
OTジャーナル研究助成(2006年~)
『理学療法ジャーナル』
(医学書院)
PTジャーナル賞
12
2011/3/19
『OTジャーナル賞』から『OTジャーナル研究助成』へ
--時代的影響
1.大学院教育の開始
→1996年に広島大学にて開始したのが最初
2.2000年代中半頃まで、科研費に「作業療法学」がなかった
(系)総合新領域系-(分野)総合領域分野-(分科)人間医工学
-(細目)リハビリテーション科学・福祉工学
〔リハビリテーション科学〕
(A)リハビリテーション医学、(B)障害学、(C)理学療法学
(D)作業療法学、(E)言語聴覚療法学、(F)医療社会福祉学
(G)人工感覚器、(H)老年学、(J)臨床心理療法学
〔福祉工学〕
(K)健康・福祉工学、(L)生活支援技術、(M)介護予防・支援技術
(N)社
13
募集要項
•
•
•
•
•
•
•
•
•
2011/3/19
対象研究:作業療法の発展に寄与する研究
助成額:賞金30万円
給付の時期:年1回、4、5月頃(募集締め切り1月末)
申請者の資格:作業療法士の国家資格所有者、代表研究者が
有資格者なら、他職種との協同研究も可
研究の期間:3年を上限
助成の要件:科学研究費補助等公的研究助成および他民間団
体・企業からの研究助成を受けていない
助成対象者の義務:最終の研究結果を「作業療法ジャーナル」で
報告すること(ただし、原著論文としての投稿先は規制しない。その
際、当研究助成を受けた旨は論文に明記すること)
選考方法:「作業療法ジャーナル編集委員会」が審査を行い、
助成対象として1研究を選出
応募方法:申請書をWebからダウンロードして、メールで申
請
14
これまでの応募数
• 6~8件/1回応募につき
2011/3/19
15
受賞者の感想
2011/3/19
• 受賞者4名にメールで質問紙を送付し、メールにて回
答いただいた。
• 質問項目
1. 応募理由
2. 30万円の使途
3. 受賞したことのメリット、デメリット
4. 原著論文の投稿先に規制がないことについて
5. 年1度の経過報告について
6. 研究助成を受け研究を進めることの意義・大変さ等
について感じたこと
梶
直美氏(第3回)
大寺亜由美氏(第5回) 16
2011/3/19
応募理由
企業における障害者雇用に、OT
として関われることは何かを明確
にしたいが、コストが必要だった。
30万円の
使途
目標としたような具体的な研究は、 文献費20%、物品購入費(研究用のコ
会社の方針が変更となり、新たに ミュニケーション関連用具)30%、学
できなかった。
会出張費50% (使用予定内容含)
メリット/
デメリット
特にない
海外学会へ自己負担少なく参加が出
来たこと
投稿先に規
制がない
未記入
作業療法ジャーナルの助成金である
ので、作業療法ジャーナルに投稿す
る必要性はある
経過報告
未記入
研究の質向上のために、年一度の経
過報告よりも、作業療法ジャーナル
に論文として投稿を規定する方が良
い
意義・大変
さ
未記入
研究を進めるにあたり、作業療法
ジャーナルの読者(作業療法士、作業
療法学生)が有効に活用出来るような
結果をまとめる必要性を強く感じな
がら研究を行うことが出来た
大学院(修士課程)の研究を進めるに
あたり,研究資金を獲得したかった
17
田島の場合
2011/3/19
応募理由
臨床に働きながら研究を進めてきたので、これま
で取材にいくにもお金がかかっていたので、とに
かく研究のための資金がほしかった
30万円の使途
研究テーマが文献考察だったので、文献の取り寄
せ、書籍購入、文献のある図書館等への移動旅費
等で使用
メリット/デメ
リット
次に説明
投稿先に規制がな
い
作業療法ジャーナルへの投稿が望ましいとは思っ
ていたが、助成を受けたことを明記して、大学院
紀要、大学紀要に投稿した。
経過報告
これだけも作業療法士に自分の研究内容を知って
もらう機会になるので、有効に活用しようと思い、
投稿先の出典を書き入れたりした。
意義・大変さ
最初の受賞報告で顔写真付きで大きく取り上げて
いただいたので、それがプレッシャーになって、
やらなければと強く思った。
18
最大のメリット
2011/3/19
立命館大学大学院先端総合学術研究科
における博士予備論文(修士論文)を
『地域リハビリテーション』で連載
(13回;2007年7月~2008年7月)
単行本化
19
まとめ
2011/3/19
• 出版社側
作業療法という職域とコミットし、その価値や
意義を見出す出版社が、「出版社の見識」とし
て専門性の発展のために行ってきた取り組み
• 受賞者側
研究の進捗状況もそれぞれであり、受け止め方
もそれぞれ。研究意欲をかきたててくれる良い
機会になっていることは共通。
ダウンロード

パワーポイント - Arsvi.com