~The Case of Advance Into Brunei Darussalam~
ブルネイ・ダルサラーム
 首都 バンダルスリブガワン
 面積 5,765km²
 人口 42.3万人
 公用語 マレー語(英語)
 国教 イスラム教
BRUNEI DARUSSALAM KEY INDICATORS 2011
名目GDPの推移
単位:10億ドル
18
16
14
12
10
8
6
168億ドル
4
2
0
IMF - World Economic Outlook Databases
主要貿易品目
輸出
(156.5億ブルネイドル)
メタノール
1%
その他
6%
天然ガス
45%
48%
原油
BRUNEI DARUSSALAM KEY INDICATORS 2011
主要貿易相手国
輸出
1. 日本(45.7%)
輸入
1. ASEAN(54.7%)
2. 韓国(16.8)
2. 米国(12.5%)
3. ASEAN(14.7%)
3. EU(9.9%)
BRUNEI DARUSSALAM KEY INDICATORS 2011
ブルネイ進出
エネルギーコストが安い
180
ハイオク小売価格(US-cents/L)
160
140
120
100
80
60
40
20
0
ブルネイ
中国
タイ
2010年10月時点
シンガポール
日本
giz International Fuel Prices 2010/2011
国名
電気料金
(KWhあたり)
(円)
ブルネイ
中国
タイ
0.63~7.65 ※
7.8
7.05~9.40
シンガポール
17.82~17.97
日本
17.05~22.52
※家庭の電気料金から算出
JETRO
DEPARTMENT OF ERECTRICAL SERVICES
カントリーリスクが少ない
 政情
(犯罪率統計-ICPO調査)
ブルネイの犯罪率⇒0.74%(※日本⇒2.3%)
災害
(総務省「防災システム分科会」)
過去40年間主要な災害による死者、停電が少ない
 労働者
(人間開発報告書2007~2008)
教育・医療水準は30/177位、識字率93.7%
政府の投資優遇政策
税制
所得税、輸出税、販売税、給与税、製造税なし
パイオニア産業認証
法人税の免除、部品輸入税の免除、
原材料輸入税の免除など
市場規模が小さい
ASEAN加盟国の名目GDP(2011年)
インドネシア
タイ
単位 億ドル
マレーシア
シンガポール
ASEAN最少クラスの
人口・経済規模
フィリピン
ベトナム
ミャンマー
ブルネイ
カンボジア
ラオス
0
2000
4000
6000
8000
World Bank, World Development Indicators database
10000
人件費が高い
公務員が労働者の60%以上を占めている
東南アジア最高水準の給与
民間企業で働くインセンティブが低い
産業基盤の偏り
天然資源依存の経済構造
輸出の90%以上を石油と天然ガスに依存
国内産業を支える企業
BMC、ロイヤルブルネイ航空
ブルネイ進出
現地調査の目的
ブルネイにおける
ビジネスの可能性を探るため
• 訪問日(2012年 8/21~25)
澤田コンサルタント、在ブルネイ日本国大使館、
三菱商事、元駐日ブルネイ大使、王宮
工場進出のパターン
原料立地型
良い原料を安く
調達できる
市場立地型
良い販路がある
工場進出
現地調査で分かった問題点
<ブルネイへの直接投資の難しさを痛感>
宗教厳格
高人件費
少人口
資源依存
→コスト高
日本から東南アジア諸国への直接投資額
3500
3000
2500
ブルネイ
2000
インドネシア
マレーシア
1500
シンガポール
フィリピン
1000
500
0
2006
2007
2008
2009
2010
出所:外務省( http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asia.html)
日系企業の参入
2004
伊藤忠商事・三菱ガス化学
出資のメタノール製造事業
→プラント建設に飛島建設
大企業向けのビジネスチャンス
国家開発
5カ年計画
682の
65億ブルネイドル
65億ブルネイドル
プロジェクト
石油化学装置
製油所の建設
アンモニアと
尿素関連製品
ヘリコプター
訓練ハブ 他
日系企業の参入
2011
三井物産と三井化学出資の
アンモニア製造販売事業
※アンモニアはメタンを原料とする
今後期待されている事業
2012
ブルネイで採れる
珪砂(ガラスの原料)の
コンサルタント業務の入札が発表
ブルネイへの工場進出
原料立地型
良い原料を安く
調達できる
市場立地型
良い販路がある
工場進出
成功の条件
ニッチ
高付加価値
教育水準の高い労働者の活用
電気
政府の支援
ハラル製品とは
イスラム教徒にとって
許された製品のこと
例)食品、医薬品、化粧品などがある
イスラム市場拡大の傾向
イスラム人口は2030年に約22億人になる
→世界人口の4人に1人がイスラム教徒に!
年間のハラル製品国際貿易額
約2兆1000億ドル
アグロテクノロジーパーク
ハラル食品企業や製薬会社、化粧品会社などを
誘致して形成される一大工業団地
港から2km
ワンストップでの操業が可能
ハラルサイエンスセンター
世界のハラル製品市場
加工食品だと・・・
・ブルネイは食料の8割が輸入
・農林水産業の対GDP比…0.7%
ブルネイには加工食品の製造に
必要な原料がほとんどない
ハラル食品に
マレーシアが力を入れている
→加工食品で市場を狙うのは厳しい
出所: Euromonitor reports; FAOSTAT
ハラル医薬品の市場動向
(億ドル)
14000
12000
10000
8000
6000
4000
2000
0
2006年
2013年
2020年
出所:Frost & Sullivan Market Insight ,PricewaterhouseCoopers Report
2010年=100
(2010年=100)
医薬品市場成長率
250
200
新興国
(BRICsなど)
150
100
日本
50
0
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
生物資源利用の可能性
約5000種の
ボルネオ島
植物種が生息
6000種の固有種を含む
15000種もの植物が
確認されている
世界で最も生物多様性に
新たな微生物
恵まれた地域の一つ
発見の可能性?
エネルギー
農業
生物資源
食品
医薬品
微生物利用の医薬品のメリット
• 短期間で大量に製造が可能
一度収集してしまえば大量に培養できる
• 長期間の保存が可能
医薬品は研究・開発~製造まで時間がかかる
• 多様な化学構造
人間の知識を超える可能性
医薬品の優位性
電力
• 製造過程において機械を多用
政府の支援
• パイオニア産業の優遇措置
教育水準が高い
• 優秀な労働者を雇うことができる
ハラル
• 医薬品の製造ガイドラインが整備済み
高付加価値
• 一つ一つが高価なので利益率が高い
データセンター
Keyword
「クラウド」
個人用
法人用
データセンター
3つのメリット
① •電気料金
② • 良質な労働者
③
•リ ス ク
① 電気料金
ブルネイでは
電気料金が安い
電気料金が安いと何がいいのか?
サーバー
データ
• “24時間、365日”
動かし続けなければならない
• 大量の電力を使用する
センター
重要!
②良質な労働者
サーバー数百台を
1人で管理可
出所:パナソニック エコソリューションズ電路株式会社
②良質な労働者
データセンター事業は
教育程度の高い
資本集約的な産業である
現地エンジニアの活用
③ リスク
大地震
停電
国内情勢
データ消滅などの
リスク対応のコストが
リスクが少ない
安く済む
データセンターの優位性
電力
人件費
• 大量の電力の安定供給が不可欠
• 人件費は問題にならない
教育水準が高い • 良質な現地のエンジニアと教育
リスク
政府の支援
• リスクが低い⇒コスト低下
解決しなければならない課題
通信インフラ
海底通信ケーブル網
Brunei
Darussalam
出所:ブルネイ経済開発庁
ブルネイは国際ケーブルで
世界と繋がっている
通信面での心配も
ないように思われる
回線速度比較
200分の1
0
200
400
600
800
1,000
出所:TelBru, NTT西日本
1,200
Mbps
ブルネイ国内の通信事情に課題
この課題を解決しなければ
データセンター事業の成功は見込めない
データセンター
通信インフラ整備
データセンターの優位性
電力
人件費
• 大量の電力の安定供給が不可欠
ブルネイは
• 人件費は問題にならない
情報のハブに
なりうる
教育水準が高い • 良質な現地のエンジニアと教育
リスク
政府の支援
• リスクが低い⇒コスト低下
• インフラ整備が必要
他にも政府のインフラ整備により
ブルネイが「ハブ」となりうる産業がある
航空産業
(空港整備事業)
現在のブルネイ国際空港
14都市に就航
インフラ整備が整うと・・・
チャンギ国際空港(シンガポール) ↓
↓ ブルネイ国際空港
未来のブルネイ国際空港
このような可能性もある!
60カ国220都市に就航
まとめと提案
短期
•ハラル医薬品事業
中期
•データセンタ事業
長期
•空港整備事業
~The Case of Advance Into Brunei Darussalam~
End…
ダウンロード

日本企業の海外進出