Korea,China and Japan
ASEAN
未来観光戦略会議 紹介 from TOYAMA
(C) CDL 2003
(C) CDL 2003
NEW JAPAN GATEWAY
東京
富山空港
富山
京都
SEOUL
小松空港
石川
大阪
能登空港
北海道
福井
etc
(C) CDL 2003
(C) CDL 2003
目標
●「世界に開かれた観光大国」を目指す
●観光産業をわが国の真のリーディング産業に
●訪日外国人旅行者数と日本人海外旅行者数との
格差をできるだけ早期に是正
(C) CDL 2003
(C) CDL 2003
はじめに
1.観光に興味を持ったきっかけは、いかに国としてイン
バウンド観光客を増やすかという命題に対する答えの
追求
2.まず観光客数。しかし、数の追求をせずに商業的に成
り立たせることができる観光開発のあり方はないもの
か
3.訪問客数が増えても、その訪問客が地元の文化を尊
重しなければ、観光地は汚されて終わりである
4.いかにサスティナブルな観光開発を行うか
⇒日本海学にヒントがないか
5.韓国に学ぶー発展途上国時代から韓国観光公社の
活動は、韓国のイメージ向上に貢献したかは計り知れ
ない。大統領CM・WC等は観光マーケティングの先進
モデルであり学ぶことは多い。
(C) CDL 2003
目 的
経験ある学識者ネットワークを中心としたNPO的性格
シンクタンクの未来観光戦略会議は、
1.観光文化の本質を踏まえて、地域社会の創意に基
づき、地域と国、更には、環日本海諸国並びに世界各
国とを結ぶ絆として、観光の啓発と、観光秩序及び観
光文化の維持保全に尽力し、貴重な人類文化の継承、
人類の財産としての観光文化の更なる創造と発展に貢
献することを目的とする。
2.科学技術教育歴史自然文化視点、富山県が提唱
する「日本海学」を視野に入れ、国際広域知的教育観
光・知的生産(ソフト)創出する。
(C) CDL 2003
未来観光の名称について
1.インバウンドとアウトバウンドの不均衡インバランス問題
の構造的解消観光産業の裾野強化を実現する姿勢が
未来型。
2.富山県が提唱する日本海学視点に立つ観光振興と環
境保全につながるモデルの構築と日本の観光グランド
デザインを目指すことが未来型。
3.観光地の生活の匂いを独自に感じ癒される観光から
感交という即ち「生活文化を味わえる『まち』観光で
リピータを呼べることが未来型。
一例「八尾の風の盆通年滞在化型」
4.科学技術教育自然文化環境福祉健康等、様々な切り口
からの国際広域知的教育・知的生産(ソフト)創出による
観光産業化や特定顧客層のオーダーメイドプランを即対
応できる観光ベンチャー創出可能なことが未来型。
(C) CDL 2003
(事業)
本会議は、前条の目的を達成するために、シンク タンクとして次の
事業を行う。
(1) 地域社会との連携のもとに観光情報(ITによる)の提供
(2) 地域の活性化のために日本海学及び観光関連諸団体との提携事業
(3) 地域社会の自然遺産、文化遺産並びに産業遺産等の観光資源の再
発掘
(4) 科学技術を背景においた、国際広域知的教育的新観光ルートの創出
(5) 観光交通等観光事業の振興に係る方策(IT化)の検討、提言並びに支
援
(6) 観光文化及び観光環境の維持保全のモラルとマナーの啓蒙運動
(7) 産学民公官との連携事業
(8) その他、本会議の目的を達成するために必要な事業
(C) CDL 2003
活動内容
1.未来観光分野における研究・市場・ニーズの調査
2.未来観光商品に繋がる研究開発立案
3.産学民公官連携のコーディネイト・プロデュース
4.公的支援施策等の紹介及び申請支援
5.未来観光分野における事業化支援・評価請負・受
託研究
6.観光交通IT研究、日韓中未来型旅行社提携研究
日韓産学公官観光IT交流連携研究
(C) CDL 2003
未来観光戦略会議創生構想
(世界の潮流)
国際交流
情報化
環境保全
(グローバリゼーション)
国際化
(日本の潮流)
情報化
環境(自然)保全
産業構造再構築
(価値観多様化)
21世紀「交流の世紀」
(観光への期待)
国際観光
多様な観光
環境共生の観光
観光産業の役割
(国際競争力強化)
新しい地域まちづくり・国づくり
方向
広域化
国際化
観光客(生活者)の多様・複雑なニーズ対応
施策展開
戦略戦術
科学技術教育
歴史自然文化視点
日本海学視点
観光地の活性化
未来型観光の推進
国際広域知的教育観光
知的生産(ソフト)創出
(話題性・付加価値)
(C) CDL 2003
日本海学視点のサスティナブル・ツーリズム(1)
• 経済的サスティナブル
– 利潤の追求、会社の存続
– 商業的に成立する産業
• 政治的サスティナブル
– 観光地とマーケットはホストとゲストの関係
– 観光は国家・地域のアイデンティティをアピールする手段
• 社会・文化的サスティナブル
– 観光地に根付く文化、伝統、歴史、風習すべてをサスティ
ナブルにしなければならないという発想
– あくまでも地元の根付いた人々の積極的な参加が優先
(C) CDL 2003
日本海学視点のサスティナブル・ツーリズム(2)
• 観光客に満足していただける観光地を作らなけ
れば観光地ではない。マーケティング活動とは顧
客のニーズとウォンツを理解しそれを満たす活動
を言う。観光地として成り立っていく最大の要諦
は「いかにリピータになってもらうか」である
• 最も大切なのは観光地に住む人々のサスティビ
リティである
• サスティナブル・ツーリズムとは、観光客、観光関
連企業、地域住民の『三方一両得』をはかりなが
ら、観光地の環境を破壊することなく長期的な展
望をもって、観光地の経済活動を持続させてくこ
とができる観光形態
(C) CDL 2003
観光開発のあるべき姿
• 観光地として成功する最大の要諦
– 「いかにリピータを増やすか」
• 一度訪れた観光客にまた訪れたいと思わせるもの
が必要である。マーケティングでいくら海外にアピー
ルしても、観光客が実際に訪れたときにその観光地
が期待外れであればリピータにはならない。リピー
タを増やすためには、マーケティングと称して大々
的にプロモーション活動を行う前に、国内の観光を
取り巻くハード及びソフトの環境整備に力を注ぐべ
きである。「研究機関建設」や「特産品開発」により
支出を傾斜すべきである。これらは一度の投資で将
来にわたって効果を生み出すことが出来る。
• 地元が自前で知的創造。
(C) CDL 2003
広域で考えた新たな「観光」戦略の構築を多様化して
いる観光客(生活者)は1回の観光で、名所、文化体
験、自然や人との触れあい、食の楽しみ、温泉など、
できるだけさまざまな観光体験や交流を行いたいと考
えている。
こうした多様なニーズには、一つの地域では対応が
困難な時代を迎えている。
そこで求められるのが「地域連携」「広域連携」「国際
連携」である。異なる体験を提供できる複数の地域が、
一つにまとまることで、観光客には行動の選択肢が
広がり、観光の目的地としての魅力が高まる。
(C) CDL 2003
雇用創出に資する観光まちづくりプログラムの策定推進事業
地方運輸局
調整・とりまとめ
地元関係者
《参画》
自治体・商工会議所・
NPO等
旅行事業者
《支援》
《支援》
企画商品の造成
海を生かした体験観光の充実
海にちなんだ特産品の開発
地域の観光まちづくりコンセプト
キャンペーン
地元の負担
観光まちづくり
アドバイザー
《支援》
田舎らいし景観と雰囲気を
醸し出す温泉街
工場等の産業資源を活用した
観光まちづくり
地域の個性的な観光まちづくり
〈自治体等地元の取り組み〉
関係する
地方公共団体
地方公共団体の観光振興計画
地方公共団体の負担
観光を活用した地域活性化という地域の意向
《支援》 地域共同観光宣伝
国際観光〈外客誘致)
《支援》
観光まちづくり施設
支援プログラム
観光関係団体
交通事業者
企画商品の造成
キャンペーン
交通環境改善
均一化した町の雰囲気・観光魅力の伸び悩み
(C) CDL 2003
未来型ツーリズム
過剰消費型観光=マス・ツーリズムから新しい観光の
形=オルターナティブ・ツーリズムへ
ツーリズムの経済波及効果、雇用効果、そしてその果
たす役割について、政府、地方自治体、経済界の認
識は飛躍的に深まり、旅行業が自ら主体的に社会的
価値を創造する、新しい時代における産業としての更
なる地位を確立する。
環境の変化に敏速に、適切に、対応してきた企業だ
けが生き残ることができる。観光産業は世界最大の
産業であり、成長産業である。
(C) CDL 2003
旅行ビジネスの機能
リサーチ
*顧客ニーズの診断
商品化
*目的達成仕様の設計
流通促進
*イージーアクセス・
チャネルの提供
消費者への
提案機能
*旅行・観光情報の検 *物語性のあるシナリオ(旅程)
*一覧性(品揃え)
索
の設計
*最適な旅行・観光素
*新しいライフスタイルの提案 *商品の手配・調達
材(商品)の選択
サプライヤー
*サプライヤーの提供
*消費者ニーズの動向 *サプライヤーの提供する機能
への提案機
する機能(サービス)の
把握
(サービス)の活性化
能
効率的な運用
*多岐にわたる旅行・観光素材 *旅行・観光素材(サー
*観光的価値の発掘 (サービス)の有機的な動員・稼 ビス)の商品化情報の
観光産業の
動
伝播
オーガナイ
*モデレーション(非日常トピッ
ザー機能
クスの観光素材化)
*旅行先におけるライフライン
(生活行動支援)の提供
(C) CDL 2003
全国地域観光情報センター体系図
基礎情報
文字情報
(18万件)
画像情報
(3万件)
道
府
県
・
市
町
村
等
位置情報(GIS対応)
(13万件)
全国地域観光情報センター
情報検索機能
地図表示機能
旅行計画支援機能
ダイレクトリンク機能
ワンストップ型予約機能
季節情報
Lモード(固定電話)
日
本
人
観
光
客
旅行会社
航空会社
文字情報
自動車会社
(1万件)
都道府県・市町村等
ホームページ(1500)
インフォゲート(携帯
情報端末)
インタラクティブ機能
マーケティング機能
位置情報(GIS対応)
(8千件)
iモード(携帯電話)
GISソフト会社
観光GIS利用促進協議会
(事務局: 日本観光協会)
ジャパントラベルアップディツ
(国際観光振興会)
気象会社
情報機関 等
外
国
客人
旅
行
(注)1.平成14年度には、文字情報を16万件から18万件へ、緯度経度情報を13万件から14万件へ、画像情報を3万件から
4万件へ拡大予定。
2.日本観光協会の資料による。
(C) CDL 2003
国際観光振興会ウェブサイトのサービス・イメージ
宿泊施設情報の検索
利用者のニーズに合った観光
情報サイトの検索/一覧表示
観光関連企業
観光情報サイトの検索
宿泊施設
●新着情報
地図情報
交通機関
●旅の基本情報
●交通
●宿泊
http://www.jnto.go.jp
●グルメ情報
●観光地情報
横
断
旅行エージェント
検
観光施設
●キーワード検索
索
●コンペンション情報
機
観光モデルルート情報
飲食施設
外部サイト
との連携
地方公共団体
北海道
能
~
・アクセス情報
・近隣観光地モデルルート
お得情報
・各種割引情報の提供
英語
http://soccerjapan.jnto.go.jp
中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、
フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、
スペイン語、イタリア語、ロシア語
沖縄
113ヵ所の観光案内所
i
SGG広場
全国80組織4,800人
W杯開催地の自治体
サッカーW杯開催地情報
(注)JNTOの資料による
(C) CDL 2003
北陸観光クラスターへの期待
◆観光を取りまく潮流の大きな変化
~通過見物型、物見遊山型から参加体験型、自己実現型へ ~
余暇を利用して「自分自身を見つめたい」「向上心を高めたい」
未来型観光エリア
未来観光戦略会議
ものづくり
+
サービス
高度化
未来型観光施設
(商品)
「知」の結集
BT,IT,NewET,NT
文化
FC
ソフト
未来型観光システム
(C) CDL 2003
立山黒部
北ア ゴールデンルート
新潟・長野・
飛越協・飛越能ノーベル賞鰤浪漫街道
岐阜
古川・高山
国際・広域知的教育観光モデルルート商品化調査
愛知 野依良治(化学) 2001年
白川 英樹(化学) 2000年
神岡
小柴 昌俊(物理) 2002年
大沢野
利根川 進(医・生) 1987年
東海北陸自動車道
能越自動車道
五箇山白川郷世界遺産
八尾
富山
高岡
田中 耕一(化学) 2002年
高峰 譲吉
1854年生
国宝瑞龍寺
小矢部・新湊
氷見市
能登
石川
高橋尚子が走る
シドニーオリンピック金メダリスト
白川博士の親戚岐阜県出身
科学技術教育
歴史自然文化視点
日本海学視点
高山市
高岡市
氷見市
小矢部市
新湊市
砺波市
七尾市
羽咋市
輪島市
珠洲市
未来観光戦略会議
(C) CDL 2003
アセアン+
日中韓間
国際観光フォーラム
2002.12.7 ソウル
(C) CDL 2003
日(北陸)韓中地域経済交流づくり
東北3省・山東省=4.5~5億人+日本・朝鮮半島=2億人
計6.5~7億人
北朝鮮
IT・頭脳
北京大学
清華大学
中枢
北京
科学技術
(医薬・バイオ ・ロボット・IT)
瀋陽
大連
天津
露
IT・アニメ
IT・アニメ
未来型旅行社提携
日韓・産学官
観光IT交流連携
上海
欧米
日系
韓国
科学技術
(医薬・バイオ・ロボット・IT)
未来型旅 行社提携
胃
1/100
北陸・日本海
物
広東
国際広域知的教育観光ルート
未来観光「日・韓・中+アセアン」
(科学技術教育歴史自然文化視点、日本海学視点)
(C) CDL 2003
ノーベル鰤街道国際・広域知的教育①修学旅行例
②青少年交流例
大学生・高校生・
③科学技術etc
中学生を対象に
1.北陸と連携して
ノベールロード
首都圏・中部関西圏から
2.北陸と首都圏・中部関西圏と
連携して中国・韓国から
3.中国・韓国と連携して
アセアン・欧米・南半球から
シルクロード+ノーベルロード
岐阜県
(C) CDL 2003
なぜ日韓中なのか(1)
• 文化観光に的を絞れば日本、韓国、中国を共同でプロモー
トする意味は大きい
• 多くの西洋人は中国・韓国・日本の文化に違いがあること
を知らない場合が多い
• 極東地域の文化はあくまでも中国文化であり、韓国、日本
の文化はその亜流との捉え方に過ぎない
• 中国文化で観光客を集め、韓国、日本へと誘導する方策
• 西洋人は2週間以上といった長期間をロングホール観光に
費やす
• 物価の安い中国、韓国と組むことにより、割安感とバラエ
ティとを同時に主張できる観光商品を呈示できる
(C) CDL 2003
なぜ日韓中なのか(2)
文化観光振興の重要性
• 文化観光に偏重したデスティネーション
• リゾート観光では、日常の溜まった疲れを落としに旅行
に行くため、客層も相手国の文化、歴史を理解しようとい
う意識とは程遠く、結果として環境にも配慮が足りない客
層が中心
• WTOが昨今のシルクロードツーリズムを積極的に進め
るとの政策を提示しているが、これもまさに文化観光で
ある
• シルクロードの終着点として日韓中3国が共同でプロ
モーションを行うことでシルクロードツーリズムを進める
WTOの政策協力に後押しすることができる
WTO(世界観光機関)
(C) CDL 2003
なぜ日韓中なのか(3) まとめ
• 単に3国間の文化観光振興の協調だけが目的で
はない
• サスティナビリティとは未来永劫に持続するとい
う意味だけでなく、普段から乱高下なく安定的に
持続するという意味を持つ
• マルチラテラルな組織作り、その効用を通貨圏
や安全保障の分野などに広く知らしめることがで
きれば観光が真の「世界平和へのパスポート」と
なりうる
(C) CDL 2003
国 名
人口
GDP
中 国
13億人
1兆ドル
日 本
1.3億人
4.8兆ドル
韓 国
0.5億人
0.5兆ドル
(C) CDL 2003
未来観光の役割例 文化交流の仲介者の役割
中国・韓国+
アセアン
欧米・南半球
欧州- 本物の伝統文化
近くにある先進国
米国- 多彩で刺激的で気
観光関連企業
軽な異文化の国
四季のある国
自治体
国
文化の
三方一両得
仲介者
観光客
地域住民
プロデューサー
日本海学視点
From 日本・北陸・富山
サティスナブル・ツーリズム コーディネーター
(C) CDL 2003
音声翻訳システム
海外旅行への障壁
①言葉の壁の問題
メールアドレスを通知する
音声を記録
②社会人は仕事のため忙しい
言葉の壁を取り
払い、楽しい観
光を行うために
観光者
電話による
問合せ
わからないことや調
べたいことがあれ
ば・・・
メールに翻訳された
内容が送られる
文字と画像
サーバー
オペレーター
母国語⇔外国語
翻訳情報
1人の海外旅行も
母国語なら安心
(C) CDL 2003
Webページ自動翻訳システム
調べたい現地の情報を指定の
言語に置き換えて観光者へ通知
既存のホームページ
→現地の言語
言語指定
DB
観光者
翻訳したページが
かえってくる
自動翻訳システムが
DBと連動
ホームページ
◆現地の情報が母国語
で容易に取り出せる ◆
地元の文化や慣習が
理解できる
(C) CDL 2003
地域情報提供システム
旅行者・観光者
1.利用目的を入力
旅行者の移動や
観光をサポート
観光者
2.交通機関の位置が閲覧可能。
地域内
乗車駅を選択(DBに格納)。同
時に、アクセス時の時間を取得
1.入力された目的にあったカテゴ
し、30分以内の時刻表を出力
リを降車地区の中から選択し通知
する
する
3.メールにて到着予告通知
GPSで携帯画面
から自分の位置
を確認
現在地の通知・報告
個人情報
2.通知された情報をもとに配信さ
れた人のみ買い物やサービスを受
けるができる
例:お店→お土産、お買い得品
飲食店→本日のメニュー
DB
DB
目的地
地区情報の格納
発車まであと0:38
位置情報
商店
駅(JR・バス)
飲食店
商店
福祉施設
飲食店
最寄のバス停・駅
体育施設
病院
福祉施設
バス、(市内)電車
病院
駅(JR・バス)
A地域
体育施設
B地域
地域内の回遊促進・支援
(C) CDL 2003
携帯システムを用いたユビキタスe-賑わいまちづくり支援イメージ図
(C) CDL 2003
背 景
1.人口減の時代
2.産業構造の変化 ー 雇用創出
3.日本周辺国の経済 ー アジア市場
4.大学と観光 ー 産学公
観光立国・県・市町村
1.観光のとらえかた - これからの観光業
2.広域・国際観光推進のまちづくり
3.サービス業のものづくり化
4.ものづくりのサービス業化
最大の自動車産業例 ⇒ 質の高い拡がり
(C) CDL 2003
未来観光戦略会議 観光地再生構想例:
高岡南北一体化
1.何をやるか
テーマ・コンセプト 確信を持てること ⇒ プロジェクト化
中心地の観光地化、中心地賑わい
①主役は、商い人。
②市民は、もてなし案内人。
③行政は、サポート。
④会議所や組織は、コーディネータ。
2.
①ハード・建築・再生整備
②歴史再生 宝・ストーリー化
③商品再生 オンリーワン商品
④人づくり再生 志、魅力、集客、行きたい・住みたい
3.リピート化による交流人口・定住人口増
(C) CDL 2003
2003.8.8
北日本新聞
(C) CDL 2003
ダウンロード

Document