4月度御書学習会
阿仏房御書
**支部
背景と大意
55歳ごろ 在・身延 と推定
対告衆 阿仏房(佐渡の門下)
別名 宝塔御書
阿仏房が宝塔の意義を質問
法華経を持つ者こそ宝塔である
使命の地で広布に励むよう激励

宝塔
•法華経見宝塔品11で出現
•七宝に飾られた巨大な塔
•塔内に釈迦・多宝が並び説法
宝塔こそ虚空会の象徴
宝塔とは何を表すのか?
宝塔とは自身の姿
法華経を持つ、私達の姿が宝塔
•誰の生命にも尊極の仏界がある
•妙法により仏界を表し宝塔と輝く
人間には無限の可能性がある
信仰の実践で我が境涯を拓け
貴賎上下をえらばず
貴賎上下を
えらばず
究極の平等
真の人間主義
僧・俗の上下は差別主義
創価の思想で真の平等を実現
妙法の実践で我が身を宝塔に
自身と他者の宝塔を確信せよ
法華経の題目・宝塔なり
南無妙法蓮華経
こそ宝塔
宝塔を拓く
根本法
大聖人は修行の根本として
御本尊を顕す
我が身・我が友に宝塔を見る
我が地域を宝塔の林立で荘厳
五 大
地水火風空
万物の構成要素
宇宙・自然
地球・人間
地:骨肉 水:血液
火:体温 風:呼吸 空:生命
人身=五大=題目の五字
阿仏房さながら宝塔
阿仏房さながら宝塔
あなたが
宝塔ですよ
自身を離れて存在
するものではない
我が命の中に厳然と存在する
それを信じる以外の知識は無益
苦悩の現実で自身の宿命転換に
人々のために戦う姿こそ宝塔
七宝
聞・信・戒・定
進・捨・慚
自身の宝塔を
飾る七つの宝
仏道修行の七要件 聞法・信受
持戒・禅定・精進・捨離・慚愧
七宝は信心の二字に納まる
自身の生命を磨き宝塔を荘厳
我が身を供養
宝塔への供養はそのまま
我が身への供養となる
御本尊への信心により自身
の仏界が涌現し宝塔と輝く
我が身を飾る仏道修行の
七宝は人間革命の実践
指導から
 広布に生き抜く我ら会員の生命が尊い
 皆様の生命が尊極で偉大な宝塔である
 自身の尊極・偉大な可能性に目覚め
他者の存在の尊さにも気づけ
 一切は我が身の内なる革命で決まる
自身を宝塔と拓き
地域に偉大なる勝利の宝塔を
ダウンロード

平成24年4月 阿仏房御書