大規模災害後の公衆衛生活動の重要性
Second Annual John C. Cutler
Global Health Lecture
University of Pittsburgh
29 September 2005
Eric K. Noji, M.D., M.P.H.
Medical Epidemiologist
Centers for Disease Control & Prevention
Washington, DC
Disasters and Emergencies
自然災害
交通・輸送
災害
テロリズム
生物・化学
災害
感染症
1994-2004: 自然災害の10年
100万件
10万件
1万件
数千件
雷 雨
洪 水
土砂崩れ、地震、森林火災、竜巻
台風、熱帯性低気圧、津波、
火山噴火
Sources: CDC & EK Noji, The Public Health Consequences of Disaster
自然災害の増加:
公衆衛生分野への挑戦
災害脆弱性に寄与する諸因子
• 貧困と社会的不公平による人的脆弱性
• 地球環境の悪化
• 貧困層に際立った爆発的人口増加
Sources: CDC & EK Noji, The Public Health Consequences of Disaster
人口増加による影響
• 世界の都市の住民
1920: 1 億人
1980: 10 億人
2004: 20 億人
• 2004: 20都市 ・・・1000万人以上
Sources: CDC & EK Noji, The Public Health Consequences of Disaster
国際社会の人道的援助団体
“救援団体の五里霧中”
被災国
OFDA
USG
ICRC
赤十字連盟
民間援助団体
NGO’S
国際機関
各国政府
資金援助団体
国連機関/PAHO
局地紛争の増加を伴っ
た東西冷戦後時代の政
治的不安定化
一般市民を標的とした民族間紛争の拡大
強制的移住
迷信と災害現場の真実
1) 迷信: 医療分野の外部ボランティアはその種類を問わ
ずにニーズがある。
真実 :
•
•
•
被災直後の救命のためのニーズは多くの場合その
地域住民自身により対応できる.
被災国内で対応できない技術を有する専門家のみが
必要とされるだろう.
外国救助チームに依存するのは、ごく少数の救出困難
な被災者である。
2) 迷信:
あらゆる人道的援助が一刻を
争って必要とされる
• 真実: 不正確な評価に基く性急な対応は
混乱に拍車をかけるだけである
• 要請もされていない援助物資とは、不適切、厄介
物で少ない人材を割く結果となり、整理、分類、
内容明記された援助物資よりも手間をかけること
になる
• 不必要か、ほとんど必要とされないもの
– 古着、一般大衆薬、処方済みの薬、血液製剤、
外国人医療チーム、臨時の屋外病院.
疫病、伝染病はすべての災害
で避けることができない
3) 迷信:
真実:
• 災害後の伝染病はめったに発生するもので
はない
• 遺体は風土病の蔓延を引き起こす原因では
ない
• 以下の公衆衛生サービスの適切な再開は
公共の安全を保障するものである
– 予防接種, 消毒, ごみ処理, 清潔な水の
確保 と安全な食料
• 警告: 暴力やテロ主体の災害時には特別
な配慮を要する。
被災住民は無力で立ち直れない
ほどに打ちひしがれている
4) 迷信:
• 真実: 多くの人は住民の中に新しい力強さを認識する
• 異文化間に共通した、他人を思いやる心と行動は自然災害後に
もっとも普通にみられる反応である
• メキシコシティー、カリフォルニア、トルコ地震では、数千人
というボランティアが瓦礫の下から行方不明者を救出する
活動に参加した
• 数多くの救出、重傷者への応急処置と救急搬送は近隣住民や
他の軽症負傷者の手によって行われた
災害発生前
• 想定される危険事象の分析
• 脆弱性の分析
• 訓練と教育
大規模なハリケーンは豪雨をもたらし、予告なしに
危険な洪水を引き起こす
Port Status
UNCLAS
As of 03 SEP 05
PASCAGOULA
GULFPORT
MOBILE
PENSACOLA
DESTIN / PANAMA CITY
NEW ORLEANS
HOUSTON / GALVESTON
OPEN
OPEN with Restrictions
CLOSED
洪水危険地帯マップ
迫り来る脅威を知ることも大切であるが、
それぞれの脅威が地域社会の良好な保
健環境へ与える短期的、長期的影響を
理解することのほうが災害対策のうえで
は決定的に重要である。
広範な洪水は各地の井戸水を汚染する
迅速な救済活動
公衆衛生学的介入の
優先順位
•サーベイランス(監視)と保健情報システム
•安全な水 と 衛生
•感染症対策
•予防接種
•栄 養
意思決定のためのデータ
災 害 疫 学
• 目 的:
– 現地からの要求と当局の対応能力の間の
格差を明確にする
– 不必要で進展を阻害するような援助を避ける
提供可能なサービス
被災者のニーズ
“情報を収集し、分析し、広く提供する理由は将
に眼前の災害をコントロールするためである。
情報収集と分析は、その後に適切な行動を
伴わないかぎり貴重な資源を使ってなされる
べきものではない。”
William H. Foege, M.D.
International Journal of
Epidemiology 1976; 5:29-37
緊急事態下にある住民への
保健情報システムの目的
•
•
•
•
•
•
ヘルスケアの優先順位の決定
全体の傾向の観察と優先順位の再評価
感染症発生の監視と対応
保健プログラムの効果性の評価
保健資源の目的別絞り込み
ヘルスケアの質の評価
災 害 後
• 災害から得られた教訓
• 防災計画の見直し
• 死傷者発生事態への減災策と予防
居住者の安全対策立案の例
• 緊急時の避難路
• 適切な避難場所
将来、何が実現できるか?
近未来期間
2003 – 2010
人類すべてに影響を及ぼす 生物工学、
遺伝子解析、たんぱく質解析の学問的
進化
災害危険度の増加
 人口密度の増加
 危険地域内定住者の増加
 最新テクノロジーへの過剰依存と危険性
 テロの脅威:生物、化学、核兵器?
 先進諸国社会における人口の高齢化
 新興感染症 (SARS)
 海外旅行の増大 (地球村の出現)
• 海外旅行の増加
• 大都市への迅速アクセス
• 社会安全確保への認識欠如
…大規模な被災者が同時に多発
する可能性
移民への公衆衛生学的スクリーニング,
1920
災害疫学とは
•
•
•
•
•
災害評価と監視
傷害と疾病のプロフィール
手法の研究
災害管理
地域脆弱性と危険性の評価
ありがとうございました
ダウンロード

真実 - University of Pittsburgh