保健指導の具体的な進め方の事例
(武見副大臣)
「武見ができるなら、誰に
でもできる」という気持ちを
お伝えしたいと思います。
(石田副大臣)
克服した暁には、その
快適感を様々な場で
お伝えしたいと思います。
厚生労働副大臣のメタボ退治
(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo/index.html)
アセスメント
対面により、腹囲の測定及び対象者自身による生活習慣の振り返りを行う。
○腹囲の計測
○食生活状況の振り返り
○運動状況の振り返り
(武見副大臣)
(石田副大臣)
管理栄養士による腹囲測定の様子
現在
(平成18年11月)
体重84Kg
腹囲100.5cm
体重88Kg
腹囲101.5cm
プランニング
対象者自身による行動目標や評価時期の設定を支援する。
○プランニングシートの作成
(武見副大臣)
現在
(平成18年11月)
体重84Kg
腹囲100.5cm
(石田副大臣)
体重88Kg
6か月後には
目標
(平成19年5月)
体重79Kg
(-5kg)
腹囲95.5cm
(-5cm)
腹囲101.5cm
6か月後には
体重82Kg
(-6kg)
腹囲95.5cm
(-6cm)
プランニング
生活習慣の状況を踏まえ、対象者が主体的に取り組む行動計画の策定を支援する。
○生活習慣チェックリストの作成
(武見副大臣)
プランニング
生活習慣の状況を踏まえ、対象者が主体的に取り組む行動計画の策定を支援する。
○生活習慣チェックリストの作成
(石田副大臣)
モニタリング
生活習慣の改善状況の確認、新たに確立された行動の維持のための支援を行う。
○体重・腹囲の変化を確認
○生活習慣チェックリストを確認
管理栄養士・保健師からのコメント
開始3週間で、確実に体重と腹囲の数値に成果が現れています。
甘い飲み物や菓子類に関しては、ほぼ毎日目標を達成していますね。
今まで間食として食べていた菓子類をやめ、果物を食べるようになったことで、摂取
エネルギー量を減らすことにつながっています。
しっかり食べて、低いエネルギー量にするという工夫が大切ですね。
ダウンロード

厚生労働副大臣のメタボ退治