東京西地区大学図書館協議会
2009年度研修セミナープログラム
アンケート結果に基づいたシステム事例発表
実践女子大学図書館: 伊藤
3つの目標(伊藤案)
1. 3段階の利用者
①図書館自身 ②構成員 ③外部
*第一の利用者である当館自身の業務を助けるのを目指す
2. 金はないので、小さな改善で大きな効果を出す
3. 場合によってはデータは自作する
事例1 2次情報DBからILL申請
• MyLibrary内の横断検索
・医中誌
・マガジンプラス
・JDreamII
・PubMed
事例1 2次情報DBからILL申請
・書誌の自動流用が可能 (ILL申請ができるのは教職員と院生のみ)
・エンドユーザーによる書誌入力を想定 (書誌入力は一度だけでいい)
<総括>
・マイライブラリーにログインしないと使えないという制約はやはりネック
・ILL担当者が、他館申込時にやはりチェック (うーん・・・)
次の図書館システム更新では、図書館スタッフ支援を優先して、ILLシ
ステムと2次情報DBの自動連携を求める
事例2 電子ジャーナルの書誌情報をOPACデー
タとしてTSVコンバート
• OPACを利用した「電子ブック」「電子ジャーナル検索」
• 有料・無料の約10万タイトル
事例2 電子ジャーナルの書誌情報を
OPACデータとしてTSVコンバート
・EXCELで、電子ブックと電子書籍の書誌23項目(必須:資料番号、和洋区分、
タイトル)のリスト作成
・TSV(タブ区切りテキストファイル)で保存し、E-Catsに一括登録(一括削除可)
・MARC取込ではないので、どんなものでも目録対象にできる
事例2 電子ジャーナルの書誌情報を
OPACデータとしてTSVコンバート
• 冊子体雑誌と電子ジャーナルの書誌間の相互
参照可能 (登録時にISSNで自動チェック)
• 登録は短時間だが、キーワード切り出しに時間
がかかるのが難点(万単位だと・・・)
質疑応答 雑誌コードの利用
巻号取得できるかと考え
ていたらできませんでし
た。別のことに使えるか
もしれません。
現在の状況
質疑応答
雑誌:リンクアウトと資料同士の関連付け
電子ジャーナル書誌へのリンク
外部へのリンクアウト
質疑応答
雑誌:リンクアウトと資料同士の関連付け
原紙・原誌
縮刷版
マイクロ版
復刻版
CD/DVD版
Web版
総目次・総索引・索引・抄録
図示すると
書
誌
情
報
(
縮刷版書誌はこちら
書
誌
)
表紙集成(外部リンク)
マイクロ版書誌はこちら
CD/DVD版書誌はこちら
NII
EJ版書誌はこちら
総目次(外部リンク)
索引(外部リンク)
抄録(外部リンク)
Webcat Plus
JAIRO
冊子体の総目次・索引・抄録情報: ・・・
(名称と当該収録書誌・索引(図書)へのリンク)
所蔵情報
Google
メ
デ
ィ
ア
間
リ
ン
ク
外
部
リ
ン
ク
質疑応答
図書:リンクアウトと資料同士の関連付け
例:源氏物語
刊本
印刷本
版本
現代語訳
紀州家河内本(写本)
注釈・評釈
翻案
原典
翻訳
目録でこの関係を表現する。毎年決まって、
「『○○物語』の<××本>の現代語訳を
探しています」という質問があるため
しかし最低、海外文学とその翻訳を書誌間の
リンクで表現できればよいと考える
メディア問わず
ダウンロード

ILLシステムと2次情報DBの自動連携を求める