Internetの普及と費用構造の変化
Yutaka Yasuda, 2003 spring term
2
インターネットの考え方
• インターネットとは何か?
– 理解するべきポイントは?
– TCP/IP? Protocol?
– Web? e-commerce? Business model?
• 考え方についての理解
– 基本技術やその詳細ではなく
– 現実のアプリケーションでもなく
– システムとしての全体構造、モデルを
3
インターネットの考え方
• そのモデルに注目
– 分散型
– End to End 原理
「通信を行なう両端のシステム(ホストコン
ピュータ)で出来るだけ多くの処理をし、
それを結ぶネットワークはできるだけ簡素
に(データを届けるだけ)」
4
従来的ネットワークシステム
• 例:電話システム
– 黒電話=端末は極めて単純な製品
– 交換機=ネットワーク構成機器は非常
に複雑
• 受話器をあげた時にどう反応するか?ダイ
アル、接続、話中処理など、すべてを制御
5
従来的ネットワークシステム
• バランスポイント
– 端末装置=単純
– ネットワークシステム=複雑
– 網の設計・運用を中央集中的な形態に
• 機能をシステム全体のどこで負担する
か
– その配分が全体の構成や機器の構造と密接
に関係
6
パケット交換技術
• インターネットはパケット交換網である
–
–
–
–
–
データを細かいパケットに分割
パケットに宛先(アドレス)を書き込み、発送
受け取り側で再度組み立て
両末端(発送元+受け取り先)の仕事が増える
末端がパワフルなPCである今では問題無し
• ルーティング
– 自分宛でなければ「より適切な相手」に転送
– これを繰り返して、いつかは相手にたどり着く
– インターネットとはそのための「網」である
7
インターネットのサービスモデル
Server
隣のマシンと、地球の裏側の
マシンとで、プロトコル(対話
の方法)が全く同じ
Internet:
IP 手順でパケットを転
送する網
Client
Server
Client
両端で各種のプロトコルに
則った対話
中間はIPプロトコルにだけ依
存した転送
Client
Client
8
インターネット
• パケットネットワークとして実現
• 機能のバランスポイント
– 末端ホスト=フルセットのコンピュータ
– ネットワーク=比較的シンプルな機器
ルータなど殆どのネットワーク機器は一般的
コンピュータより構造的に はシンプル
9
インターネット
• 端末装置=PCが多くの処理を負担
– 組み立て、再送処理などを行う
– 複雑処理大歓迎
• 網はただデータを転送するだけ
– 宛先に向けて回送するのみ
• 非集中的な、分散した構造
•余話として:
–構造だけでなく運用も非集中・分散
–ICANN, IETF, RFC
–人類にとって初のチャレンジ
10
デジタル通信網の普及
• デジタルデータの汎用性
– どのような情報でもコード化して送れる
– どのような通信路でも IP であれば使える
• 非常な発達と普及時期を迎えた
– それを可能にしたのは何か?
11
それはダウンサイジングです
• マイクロプロセッサの登場
– 4004 : ‘Announcing a new era of integrated
electronics’ , Gordon Moore, 1971
「集積回路の新たなる時代」
• 過ぎ去りし 80’s フレーズではない
– 結論としての牛丼PC 39,800 円
– インターネット構成モデルとの符合
– End to End 原理を現実に変える Power の
源泉
12
集積化の果てに
• とどまるところを知らない高密度集積
– 現在:マイクロプロセッサの技術が全ての
高速化技術を凌駕している
– 地球シミュレータを見よ
13
視点を引いて
• 新しいネットワークモデルを前に
– 機能分担構造の変化とともに
– 費用分担構造も変化する
後半は費用分担構造の変化に注目します
14
古典的費用負担構造
• ネットワークを利用した業務システム
– いわゆるオンラインシステム
– MARS-みどりの窓口- に起源 (1965 国鉄)
• 世界最初期の大規模オンラインシステム
15
古典的費用負担構造
• MARSでは
– サービス提供者(主体は国鉄)がすべてを負
担
– 各駅の専用端末の開発・製造
– 設置・保守まで
– 回線設備、敷設、保守も手放しでは無理
– すべてが単純な買い物では済まない時代
16
インターネットのインパクト
• 1995 インターネット突然の登場
– ARPAnetからの連続性を感じるのは一部のみ
– 一般人にはまさに「突然の登場」だった
• タイムリーな出会い
– 「汎用デジタル通信網が国内、世界を覆う」とい
う理想
– 各家庭ですら手元に汎用デジタル端末機がある、
という現実
• Web の登場= Break Point
– 回線と端末を意味あるものとして結び付けた
17
インターネットのインパクト
• 事例:Dell case
– 1996 から Web 直販開始
– 翌年には一日 100万ドルを売り上げる
• このWeb直販に必要だったはずの端末設備費
用は誰が?
– 購入に必要なパソコンと回線の費用を誰が?
– 1996年、パソコン 1 千万台(=大型家電商品並
み)
18
末端での費用の自己負担
• オンラインシステム
– 設備、回線、設置導入、教育などほとんどをサービス提供者
が負担
• インターネット向けシステム
–
–
–
–
–
クライアント費用のすべてがエンド負担
末端が顧客なら顧客が負担
トラブル対応も教育もなにもかも負担
それも「嬉々として負担」するという現実
提供側はシステムの片側だけを負担すればよい
• これは新しい費用分配(負担の分担)モデルである
19
活かすべき資源
• 企業では
– 企業の情報システムの一部であるPCを社員が用意
• 大学の教育情報システムでは
– 学内端末設備は大学が揃える
– 学生の自宅設備は学生自身が勝手に準備
「学内設備だけで教育システムを設計・運用するの
と、学生の投資を活かすのと、どちらが全体の投
資を活かせているだろう?」
• 二重投資してはいないか?
20
活かすべき資源
• どちらが負担すべきかを既に通り過ぎ
–
–
–
–
既成事実としての投資をどう活かすかが重要
職場・自宅にある汎用の設備(パソコン)
職場スタッフ、顧客のパソコンに対するスキル
喜んで自分で作業するという顧客・エンドユーザ
の態度
• End to End の原点に立ち戻る
– End の能力を活かす
– 負担を分担したがっているところはないか?
21
End は資源である
• 「サービス」の転換
– 顧客情報(例えば住所)の更新は誰が行う
べきか?
– 社内システムのユーザ情報(例えば連絡
先)を管理するべきなのは誰か?
– 中央で更新する労力は誰にも感謝されない
– エンドユーザに「自由」を与えるという考
え方
– End 自身に作業させた上に感謝されるとい
う事実
22
End は資源である
• 天気予報
– ユーザは天気図を見たいか?
– ひまわりの画像を今すぐ見たいか?
• 巡回バスに道路情報を収集させる
–
–
–
–
小さなデータを集めて渋滞情報を
極めてインターネット的
画像処理して統計情報を Web に出すか?
各バスのカメラ画像をそのままストリーミ
ングで出しては?
23
新しいモデルのさらなる将来
• クライアントの共有
– インターネットを間にはさみ
– 多数のサービス提供者がクライアント資源を共有
• もはや個人投資の問題ではない
– クライアント環境の構築費用は国民の投資
– 社会的な費用分配の問題
• 標準化技術を中心としたシステム
– 当然たどる道のり
– いずれこの問題が重要になるだろう
ダウンロード

ネットワーク技術の普及による 費用配分の変化