卸向け
流通BMSファーストステップガイド
2008年3月6日
情報志向型卸売業研究会
システム研究委員会
0
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
『卸向け 流通BMSファーストステップガイド』検討チームの内容
■目的
①卸売業が流通BMSの導入を具体的に検討する際の参考資料の作成
■活動内容
①:卸研参加企業への流通BMS導入状況・意識のアンケート及び集計
②:流通BMS対応の製品パッケージ及びASP業者の詳細調査
③:自社構築型とASP型のメリット・デメリットの調査
■成果物
①『卸向け流通BMSファストステップガイド』
・『卸向け ファーストステップガイド』のコンテンツの使い方
・卸研参加卸へのアンケート結果(導入状況・意識)
・流通BMS対応パッケージ製品一覧
・流通BMS対応VAN/ASPサービス一覧
1
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
Agenda
1.はじめに
2.『卸向け ファーストステップガイド』のコンテンツの使い方
3.卸研参加卸へのアンケート結果(導入状況・意識)
4.流通BMS対応パッケージ製品一覧
5.流通BMS対応VAN/ASPサービス一覧
【注意】
これらの資料の情報は、2008年02月現在の卸研システム研究委
員会の調査結果である為、活用の際には、改めて各社・ご自身で
ご確認いただくようお願いいたします。
2
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
1.はじめに
流通ビジネスメッセージ標準は、日本の流通業界で今後使用してい
く唯一のEDI標準となっており、既に一部小売業⇔卸売業間で業務
運用されております。そして、今後も急速な普及が見込まれている
ため、卸売業が流通BMSの導入を具体的に検討する際の参考資
料として、
・先行企業の実施状況や、導入事例
・流通BMS対応の製品一覧等
を『卸向け ファーストステップガイド』としてとりまとめました。
『流通ビジネスメッセージ標準 導入ガイドライン』(経済産業省平成
18年度 流通システム標準化事業 編集)の補助資料として、卸売業
各社の流通BMSの検討・導入にお役立て下さい。
※ファーストステップガイドの個々の表現などは、経済産業
省の『流通ビジネスメッセージ標準 導入ガイドライン』に基
づいております
3
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
2.『卸向け ファーストステップガイド』のコンテンツの使い方
■ EDIシステムの形態を選択
(取引量や取引先システム形態等の条件により、自社システムの形態が変わります)
• 大手小売や大手卸・メーカである
• 中小企業、又は、取引量が少ない企業である
A : 「サーバ型」システム導入を選択
■自社導入かサービス利用かを判断
『2.ASPと自社構築(S-S型)のメリット・デメリット比較』を参
考に、自社導入かサービス利用か判断ください
自社導入と判断
『4.流通BMS対応パッケージ製品一覧』を参
考に、機能やコストを調査し導入するシステム
を選定ください
⇒A
⇒B
 システム形態詳細は、『流通ビジネスメッセー
ジ標準 運用ガイドライン』を参照ください
 他社の動向や事例をまとめた 『3.卸研参加
卸へのアンケート結果(導入状況・意識)』を
参照ください
B : 「クライアント型」システム導入を選択
■自社導入かサービス利用かを判断
導入方法には自社導入かサービス利用の2
つの方法があります。
『4.流通BMS対応パッケージ製品一覧』と
『5.流通BMS対応VAN/ASPサービス一覧』
より、「JX手順(=クライアント型)」のプロトコ
ルに対応するパッケージ、及び、サービスを
評価し、選定ください
サービス利用と判断
『5.流通BMS対応VAN/ASPサービス一覧』を
参考に機能やコストを調査し導入するシステム
を選定ください
4
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
2. ASPと自社構築(S-S型)のメリット・デメリット比較
ASP型導入時のメリット・デメリット
メリット
デメリット
・設備投資費用を抑えられる
・接続小売業の増加に伴い、通信・処理費用増となる
・社内で開発要員を養成する必要がない
・自社に開発のノウハウが残らない
・セキュリティ証明書交換が不要となる
(ASP委託業者による代行)
・ベンダー企業でPULL型になる場合、接続小売業とタ
イムリーな情報共有とならない
・今後食品・グロッサリー以外に適用される予定であり
(生鮮・デリカ等)、標準メッセージレイアウトが変更
される可能性が高いが自社システムへの影響は少ない
・ASP業者が中間処理する時間とASP業者から受信する
時間が発生する分、自社での処理が遅れる
・ハード、ミドルウェアのバージョンアップ等はASP
業者の対応となり、費用も業者負担となる
・流通BMS未対応ベンダーが小売業から新規取引要請
を受けた場合、比較的即応できる
S-S型 自社構築型導入時のメリット・デメリット
5
メリット
デメリット
・接続小売業の増加に伴い、設備投資費用や継続費用が
吸収でき、自社のシステムにあった効果的な設備投資
が可能となる
・今後食品・グロッサリー以外に適用される予定であり
(生鮮・デリカ等)、標準メッセージレイアウトが変更
された場合、自社にて対応する必要がある
・S-S型接続方式においては、接続小売業とのタイムリー
な情報共有が可能となる
・接続小売業が少ない段階では、投資コストが割高となる
(特にS-S型接続方式)
・現行システムから処理を切り出して負荷分散をする等
の自社に効率的な形式をとれる
・セキュリティ証明書の自社管理が必要となる
・自社開発要員の育成ができる
・ハード、ミドルウェアのバージョンアップ等が自社対応
となり、テスト工程も含めて費用が発生する
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
アンケート実施日:平成19年8月
卸研会員企業向けに実施
3-①流通BMS 稼動済み企業の状況
流通BMS対応状況
(回答数:14社)
既に稼動済み企業のシス
テム形態
6
社
数
EDIパッケージ名
2
花王インフォネットワーク
(現エヌアイシー・インフォトレード)
EDIPACK
1
日立製作所
HITREDI
1
データアプリケーション
ACMS
1
富士通 Interstage
Collaboration Ring
既に稼動済み
(6社)
具体的な計画有り
(4社)
調査中、もしくは、検討中
(4社)
EDIパッケージの導入
(4社)
EDIパッケージ及びASPの導
入(1社)
ASPの導入
(1社)
接続形態
社
数
3
EDIサーバーのO
S
Windows
社
数
ASP業者
接続形態
1
サイバーリンクス
全銀TCP/IP
1
野村総合研究所
FTP
サーバー
接続モデル
2
UNIX
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
アンケート実施日:平成19年8月
卸研会員企業向けに実施
3-②流通BMS 稼動済み企業の状況
稼動迄に最も苦労した内容について
①導入するシステム形態の検討
①小売様との接続テスト
②共同実証サーバーとの接続テスト
③認証方式やスキーマのバージョンが、複数存在(各社の採用ソフトにより異なる対応が必要となった)
①現行手順(JCA)からの移行方法
②既存の基幹システムとの連携(EDIメッセージは変わるが、現場(物流帳票等)は変わらない)
③仕様の確認(現行と次世代移行後の変更点【主に運用面】)
④標準メッセージを固定長に変更する部分の仕様確認
BMS導入する卸に注意すべき事
①標準ルール、ガイドを守る(小売にも極力守ってもらうよう努力すべき)
②標準の維持推進:卸全体の為、安易な妥協をして個別対応を増やさぬよう意識すべき
①標準メッセージを固定長に変換する部分の仕様確認
②サーバモデル=PUSH型なので、データ受渡し時間については事前に当事者間で合意する
③現在のPULL型受信(卸からデータをGET)からPUSH型受信(小売側から卸への送信)に変わる
ので送受信運用の仕方を注意した方がよい。(0件時、遅延なのかデータなしなのかの判断など)
④卸側サーバのメンテナンス時間は送受信不能になるので、小売側に連絡する必要がある
①スキーマバージョンアップと世代管理をおこなうための社内の体制を整える必要がある
7
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
アンケート実施日:平成19年8月
卸研会員企業向けに実施
3-③流通BMS 稼動済み企業の状況
今後3年間の接続先数の予想
接続先が増えた場合に要する準備期間
3ヶ月
2社
約100社との接続
1社
1ヶ月
2社
約20社
1ヶ月
約30社
2ヶ月
約100
社
3ヶ月
約30社との接続
1社
約20社との接続
4社
8
2ヶ月
2社
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
アンケート実施日:平成19年8月
卸研会員企業向けに実施
3-④流通BMS 稼動済み企業の状況
サーバーの構成
EDIサーバーの導入状況
本番機 のみ
2社
新規のEDIサーバー設置
2社
既存のEDIサーバーにアドオン
4社
本番機のみ
既存のEDIサーバー
にアドオン
本番機+予備機
新規のEDIサーバー
設置
本番機+予備機
4社
9
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
アンケート実施日:平成19年8月
卸研会員企業向けに実施
3-⑤流通BMS 未稼働企業の状況
流通BMS対応状況
(回答数:14社)
既に稼動済み
(6社)
具体的な計画有り
(4社)
調査中、もしくは、検討中
(4社)
導入予定システムの
検討状況
EDIパッケージの導入
(4社)
ASPの導入
(2社)
未定(2社)
EDIパッケージ 選択の理由
①流通BMSのみならず webEDIの自動化にも対応可能な 集配信システム
の構築を考えた為
②ASPサービスより自社運用のほうがランニングコストが掛からないと
試算した為
検討しているEDIパッケージ
1
富士通 Interstage
Collaboration Ring
2
データアプリケーション ACMS
検討しているASP業者
ASP 選択の理由
①自社投資を抑える為
②業界における流通BMS展開が未確定の為
③現段階では流通BMSを自社対応するまで普及していない(今後の普及状況を見
て自社導入を検討
1
サーバーリンクス
2
リンネット
未定 の理由
①流通BMSに関しては、どの手法が一番安価なのか等について、情報を収集して
いる
②EDIパッケージを導入で検討しているが、運用面及びランニングコストを考慮し
て、ASPの形態も検討したい。小売様からの要請を受けてから形態を決めたい為
10
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
3-⑥流通BMS 平成19年8月以降の状況について
アンケート実施日:平成19年8月
卸研会員企業向けに実施
平成19年8月以降で導入状況等に変化があった企業様の状況です。(3社)
社
数
アンケート項目
1
流通BMS導入状況及び検討状況
について
2
接続された小売様の企業数拡大
8月時点のご回答
11月時点のご回答
流通BMSを導入中
(平成19年10月稼動予定)
流通BMS稼動済
(平成19年10月稼動)
1社
4社
12社
2~3ヶ月以内
11
1~2ヶ月以内
1~2ヶ月以内
他社との接続実績がある場合
によっては1ヶ月以内
2
接続先が増えた場合に要する期間
1
流通BMS導入卸向けの注意点
現行通信手順から移行する場合は小売業様よ
り現行データとのマッピングシートを入手すると
スムーズな移行ができる
1
流通BMS導入における効果
回線スピードアップによる送受信時間の
短縮・回線費用の削減を期待している
が、ASP経由のため大幅なレコード長
増加およびスイッチング時間の追加で効
果が相殺されている。標準化に関しては、2社
目以降の取り組みに期待する。
1
GTIN対応
流通BMS導入迄に対応をした
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
3.参考:卸A社導入構成図
12
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
3.参考:卸B社導入構成図
取引先
DMZ(一部略)
DNSサーバ
ファイアー
ウォール
(予備
機)
HITREDI
サーバ
HTTP
HTTPS
XML
ebXML
社内ネットワーク
インターネット
FTP
固定長
基幹ホスト
13
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
3.参考:卸C社導入事例
14
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
3.参考:卸D社導入事例
15
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
4.流通BMS対応パッケージ製品一覧
流通BMSに対応したパッケージ製品一覧を別紙にまとめております。
各ベンダーの提供する付録情報と併せて参照ください。
流通BMS対応 EDIパッケージ
2008/2/22 現在 卸研調べ
* 50音順
#
1
開発元
(株)アルゴ21
製品名
(Ver)
対応プロトコル
CollaboLink
ebXML-MS
for
AS2
Retail/Stand
JX手順
ard
対応
メッセージ
基本機能
特徴/セールスポイント
・データ交換
・フォーマット変換
流通
・運用管理
BMS 他
・ジョブ管理
・スケジューラ
【注意】
・データ交換
2008/4/1に
CollaboLink ★クライアント型
流通
・フォーマット変換
「キヤノンITソ
for
BMS 他 ・運用管理
リューションズ
Retail/Lite JX手順
・スケジューラ
(株)」に社名変
更
ebXML-MS、AS2、JX手
順に対応したサーバーアプリ
ケーション。JCA等のプロトコル
拡張が可能。
2
eBASE(株)
3
(株)インテック
eB-forBMS
JX手順
税別
保守情報
(千円)税別
2,250千円
~
プロトコルをJX手順クライアント
に絞ったクライアントパッケージ。 298千円~
JCAとの共存が可能
注意事項
開発元問合せ先
販売代理店/SI
(企業名順)
付録NO
備考
部署名 : EDIソリューション事
業部
TEL : 03-5548-4853
担当者名 : 流通BMS担当
汎用トランスレー
代理店契約なしに
メールアドレス : nts別途見積 ター等は別オプショ
取扱可能
付録-P01
[email protected]
ン(別売り)
(直販あり)
自社HPの問合せページの
URL :
http://www.argo21.co.jp/co
ntact/cf_edi.html
別途見積
別紙サンプル
UMLaut/J-XML(クライアントモデ
ル)
+
※ EDI通信機能に以下の業務機
能を追加
★クライアント型
流通
・受注・出荷
eB-forBMS
BMS 他 ・追加発注・手書き伝票・分荷・代
JX手順
替対応
・代替・一部変更・追加等の臨機
応変な出荷に対応
・受領
・請求・支払
★クライアント型
参考価格
汎用トランスレー
【注意】
代理店契約なしに
ター、業務パッケー
2008/4/1の社名変更に伴い 取扱可能
ジ等は別オプション
変更の可能性あり
(直販あり)
(別売り)
推奨稼働環境
・CPU:Intel
Celeron 2.5GHz
・EDI機能と商品マスター機
(UMLautを 82.5千円/ 以上
能(eBASE(eB含む)
年
・メモリ:1Gbyte以
foods/eB-goods))連携で
上
業務プロセス改善
※2008/3末 (UMLautを ・HDD空き容
・イオン、CGC等の取引先
まで特別価 含まない) 量:40G以上
に展開
格(150千
・
円)
OS:WindowsXP,VI
STA
492.5千円
210千円 ■初年度保
※ eBASE(株)の項目を参照
流通
(2008年3月 守込
(eBASE(株)、(株)インテック、ウルシステムズ(株)との共同開発。
BMS 他
末までの特 ■導入支援
開発元はeBASEのため)
別価格) は別途
製品内容:
http://www.ebase.co.jp/com
pany/nw_07_08_001.html
TEL : 06-6486-3915
email:[email protected]
URL :
https://www2.ebasejp.com/support/seminar/inf
o_001/index.html
多数とのEDI、また
B2B-ix事業推進部
は大量件数取り
03-5665-9792
扱いには、サーバ
[email protected]
型を推奨
eB-forBMSは
㈱インテック
ウルシステムズ株)
(補足)
その他のeBASE
製品の代理店は
多数
未公開
付録-P02
ウルシステ
ムズ、イン
テックと共
同開発
付録-P03
①・A02①
【注意】
これら資料の情報は、2008年02月現在の卸研システム研究委員会の調査結果であ
り、また、全ての製品を網羅するものではありません。活用の際には、改めて各社・
ご自身でご確認いただくようお願いいたします。
16
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
5.流通BMS対応ASPサービス一覧
流通BMSに対応したVAN/ASPサービス一覧を別紙にまとめております。
各ベンダーの提供する付録情報と併せて参照ください。
流通BMS対応 VAN/ASPサービス
2008/2/22 現在 卸研調べ
* 50音順
#
1
提供元
(株)サイバーリ
ンクス
サービス名
対応
対応プロトコル
(Ver)
メッセージ
EDI-ASP
サービス
基本機能
特徴/セールスポイント
参考価格
(円)税別
【初期費】
1,200千円
~
保守情報
(千円)税別
注意事項
開発元問合せ先
【従量費】
・基本料金
50千円/
・安価で簡単な流通BMS導
・プロトコル変換
月~
入
ebXML-MS
・データ変換
・接続先基
流通BMS
・マルチプロトコル対応
左記費用に含 明細件数により月
EDIINT-AS2
・インテリジェンスルーティング
本料
他
・短期間での構築が可能
む
次料金変動あり
JX手順 他
・メッセージバージョン3世代
10千円/
・独自フォーマットに対応(オプ
対応
月~
ション)
・データ処理
料
0.6円/件
~
別紙サンプル
販売代理店
(企業名順)
部署名:事業推進本部
TEL:03-5285-3711
担当:武内
Email(お問い合わせフォーム):
https://www.cyberlinks.ad.jp
/cyberlinks/inquiry.html
自社のみ
付録NO
備考
付録-A01
サービス案内url:
http://www.cyberl.co.jp/service/edi/index.ht
ml
※卸向けに
別途ボリュー
【初期費】
1,200千円
~
WEB-EDI
ebXML-MS
流通BMS
EDIINT-AS2
・受発注管理
他
JX手順 他
・流通BMS対応のWEB-EDI
・webブラウザを使っての受発
注管理
【従量費】
・基本料金
50千円/
月~
・接続先基
左記費用に含 明細件数により月
本料
む
次料金変動あり
10千円/
月~
・データ処理
料
0.6円/件
~
自社のみ
※卸向けに
別途ボリュー
【注意】
これら資料の情報は、2008年02月現在の卸研システム研究委員会の調査結果であ
り、また、全ての製品を網羅するものではありません。活用の際には、改めて各社・
ご自身でご確認いただくようお願いいたします。
17
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
終わりに・・・
● 経済産業省 流通システム標準化事業 取り組み状況につい
てはこちら・・・
http://www.dsri.jp/scmpjt/about_project/business_message.html
● 情報志向型卸売業研究会のHPはこちら・・・
http://www.dsri.jp/society/oroshi_ken.htm
本資料に関するお問
い合わせは・・・
財団法人 流通システム開発センター 内
情報志向型卸売業研究会 システム研究委員会 事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂7-3-37 プラース・カナダ
Tel 03-5414-8515
Fax 03-5414-8514
URL http://www.dsri.jp
◆2007年度 情報志向型卸売業研究会システム研究委員会 参加企業
旭食品㈱、㈱大木、貝印㈱、花王カスタマーマーケティング㈱、加藤産業㈱、カナカン㈱、国分㈱、㈱コバショウ、㈱サンエス
㈱種清、㈱トーカン、ヤマエ久野㈱、 ヤマキ㈱、㈱山星屋、㈱菱食、㈱アスコット、伊藤忠テクノソリューションズ㈱、富士通㈱、日本
電気㈱、日本ユニシス㈱、㈱プラネット
(順不同) 以上21社
Page 7
卸向け 流通BMSファーストステップ 検討チーム
ダウンロード

卸向け ファーストステップガイド - 一般財団法人 流通システム開発センター