発生段階別標本を用いた
ウニの発生の観察
MENU
項目をクリックしてください。
観察の準備
観察のポイント
画像集
スケッチ例
MENUへ戻る
観察の準備
1.ウニ胚の発生段階別標本を入手
(クリックすると写真)
2.発生段階別標本の調整
・水または1~3%程度の食塩水で薄めます。
3.プレパラート作成
・ホールスライドガラスを用います。
・できるだけ気泡が入らないようにカバーガラスを
かけましょう。
発生段階別標本
MENUへ戻る
観察のポイント
項目をクリックしてください
• プレパラート作成…気泡に注意
• 観察倍率…100~150倍で
• ピンとあわせ…微妙に調節
• 絞りの調節…適当に絞ったほうがよい
• 見ている方向…同じ胚でもかなり違います
プレパラート作成
• ウニ胚(卵)の大きさは0.1mm弱→肉眼でも。
• ホールスライドガラスを用います。
• 気泡をできるだけ入れない。
• スライドグラスはきれいな状態で…。
観察のポイントに戻る
観察倍率
• 倍率は100~150倍が適当。
• 40倍の対物レンズでは、ピントが合いません。
(ホールスライドガラスのため)
観察のポイントに戻る
ピント合わせ
• ウニ卵は立体です。
• 微妙にピントを変えるだけで見え方が変わっ
てきます。
①
②
スライドガラス
どちらも同じ胞胚期です。
①付近に
ピントが合っています。
観察のポイントに戻る
②付近に
ピントが合っています。
絞りの調節
• 絞りの開け具合によっても見え方が変わりま
す。
しぼりを
絞ると
8細胞期
8細胞期
明るすぎます
ピントの合う範囲が
観察のポイントに戻る 広がります
見ている方向
• 原腸胚以降の胚では、見ている方向も重要になります。
観察のポイントに戻る
MENUへ戻る
画像集
クリックすると拡大します。
未受精卵
受精卵
2細胞期
4細胞期
8細胞期
16細胞期
胞胚期
原腸胚1
原腸胚2
幼生
未受精卵
2つ並んでいます。受精膜がありません。
画像集へ戻る
戻る
次へ
受精卵
受精膜があります。真ん中にぼんやり核が見えます。
画像集へ戻る
戻る
次へ
2細胞期
割球
第一分裂は、両極を結ぶ面上で起こります。
画像集へ戻る
戻る
次へ
4細胞期
第2卵割も両極を通る面で起こるので、この写真は
極面観になります。
画像集へ戻る
戻る
次へ
8細胞期
第3卵割は、赤道面で起こります。割球の大きさは
まだ等しいです。(=等割)
画像集へ戻る
戻る
次へ
16細胞期
中割球
大割球
小割球
第4卵割では不等割が行われ、16細胞期には、大・
中・小の3つの大きさの割球が生じます。
画像集へ戻る
戻る
次へ
胞胚期
卵割腔
内部に腔所(卵割腔)が生じます。
画像集へ戻る
戻る
次へ
原腸胚(初期)
植物極
植物極側の細胞が陥入しはじめています。
画像集へ戻る
戻る
次へ
原腸胚(後期)
口ができるところ
原腸
原口
陥入がすすみ、反対側に口ができます。原口は肛門
になります。
画像集へ戻る
戻る
次へ
幼生(プルテウス)
プリズム形幼生を経て、プルテウス幼生となります。
消化管が開通し、えさをとり始めます。
画像集へ戻る
戻る
MENUへ戻る
スケッチ例
スケッチは点と線で描くようにしましょう
未受精卵
受精卵
2細胞期
4細胞期
8細胞期
16細胞期
胞胚期
原腸胚1
原腸胚2
幼生
未受精卵
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
受精卵
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
2細胞期
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
4細胞期
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
8細胞期
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
16細胞期
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
胞胚期
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
原腸胚(初期)
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
原腸胚(後期)
スケッチ例へ戻る
戻る
次へ
幼生(プルテウス)
スケッチ例へ戻る
戻る
ダウンロード

発生段階別標本を用いた ウニの発生の観察