3次メッシュ気温データを用いた水稲
害虫フタオビコヤガ発生時期の推定
横山克至1)・中島具子1)・佐藤智浩2)
1)山形農業総合研究センター
2)山形県病害虫防除所庄内支所
フタオビコヤガ幼虫による食害
2010年8月8日撮影
背景・目的
近年、水稲害虫フタオビコヤガが発生拡大
本種は年3~4回発生、防除適期は若令幼
虫期⇒防除適期の把握が困難
岸野・佐藤(1975):本種の発育零点・発育所
要温度を報告
気温データのみによる発生時期の推定がで
きれば1kmメッシュ気象データを活用した防除
時期の推定が可能
方 法
フェロモントラップによる発生消長調査
調査年次:2008年、2009年
調査地点:鶴岡市藤島(山形水田農試)
標高:約10m
鶴岡市中川代(現地圃場)
標高:約210m
鶴岡市海谷森(現地圃場)
標高:約310m
方 法
発育零点・発育所要温度による有効積算温
度の算出
表1 フタオビコヤガ発育諸態の発育所要温度(岸野・佐藤(1975)より)
発育段階
世代
卵
1
卵
回帰式
発育零点 発育所要温度
(℃)
(日度)
Y=0.0219x-0.2526
11.5
46
2
Y=0.0166x-0.1690
10.2
58
幼虫期
1
Y=0.00429x-0.0375
8.8
233
蛹(非休眠)
1
Y=0.01508x-0.1807
12.0
66
全期間
1
Y=0.00296x-0.0303
10.2
341
方 法
発育零点・発育所要温度による有効積算温
度の算出
①鶴岡市藤島での適合性の検討
年次:2008、2009年
使用データ:水田農試観測の1時間毎の
気温データ
⇒フェロモントラップ調査結果で検証
方 法
発育零点・発育所要温度による有効積算温
度の算出
②「三角法」の適合性の検討
年次:2008、2009年
使用データ:水田農試観測の1時間毎の
気温データと同観測の最高
気温・最低気温
⇒異なる気温データによる算出結果の
比較
方 法
M
T0
N1
N2
0
8
16
24 (hrs)
図1 「三角法」による有効積算温度の模式図(坂神ら、1981より作図)
M:最高気温 N1:最低気温 N2:最低気温 T0:発育限界温度
方 法
発育零点・発育所要温度による有効積算温度
の算出
③現地圃場での適合性の検討
年次:2008、2009年
使用データ:1kmメッシュ気象データ(東北
農研センター提供)の鶴岡市
中川代、海谷森の箇所の最高
気温・最低気温
⇒フェロモントラップ調査結果で検証
結 果
フェロモントラップ調査結果
捕獲虫数(頭)
400
海谷森
中川代
藤島
300
200
100
0
5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4
4月
5月
6月
7月
8月
図2 フタオビコヤガフェロモントラップ調査結果(2008年)
(※調査データは半旬別に変換して作図。)
9月
結 果
フェロモントラップ調査結果
捕獲虫数(頭)
400
海谷森
中川代
藤島
300
200
100
0
4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 3
4月
5月
6月
7月
8月
図3 フタオビコヤガフェロモントラップ調査結果(2009年)
(※調査データは半旬別に変換して作図。)
9月
結 果
①鶴岡市藤島での適合性
表2 有効積算温度によるフタオビコヤガ成虫の推定発生時期(鶴岡市藤島)
1時間毎気温データ
による推定発生盛期
フェロモントラップ調査
による発生盛期
1時間毎気温データ
2009年
による推定発生盛期
フェロモントラップ調査
による発生盛期
2008年
越冬世代
第1世代
第2世代
第3世代
5月2日
6月15日
7月11日
8月2日
5月1~9日
5月7日
5月8日
6月19~25日 7月16~22日
6月21日
7月17日
6月20~25日 7月15~17日
8月8~11日
8月10日
-
注1.1時間毎気温データによる推定発生盛期は、山形水田農試観測のデータを用いて算出。
結 果
②「三角法」の適合性
表2 有効積算温度によるフタオビコヤガ成虫の推定発生時期(鶴岡市藤島)
1時間毎気温データ
による推定発生盛期
三角法による推定発生
盛期
フェロモントラップ調査
による発生盛期
1時間毎気温データ
2009年
による推定発生盛期
三角法による推定発生
盛期
フェロモントラップ調査
による発生盛期
2008年
越冬世代
第1世代
第2世代
第3世代
5月2日
6月15日
7月11日
8月2日
5月2日
6月18日
7月13日
8月5日
5月1~9日
6月19~25日 7月16~22日
8月8~11日
5月7日
6月21日
7月17日
8月10日
5月7日
6月20日
7月17日
8月11日
5月8日
6月20~25日 7月15~17日
-
注1.1時間毎気温データによる推定発生盛期は、山形水田農試観測のデータを用いて算出。
注2.三角法による推定発生盛期は、山形水田農試観測の最高気温、最低気温を用いて算出。
結 果
③現地圃場での適合性
表3 有効積算温度によるフタオビコヤガ成虫の推定発生時期(鶴岡市中川代、鶴岡市海谷森)
年次
地点
越冬世代
第1世代
第2世代
有効積算温度による推
5月12日
6月30日
7月28日
定発生盛期
フェロモントラップ調査
6月25日
-
7月17~29日
による発生盛期
~7月3日
有効積算温度による推
鶴岡市海谷森
5月18日
7月5日
8月2日
定発生盛期
フェロモントラップ調査
-
7月4~9日
-
による発生盛期
有効積算温度による推
2009年
鶴岡市中川代
5月11日
6月27日
7月26日
定発生盛期
フェロモントラップ調査
-
6月24~30日 7月22~28日
による発生盛期
有効積算温度による推
鶴岡市海谷森
5月16日
6月30日
7月30日
定発生盛期
フェロモントラップ調査
7月22日
-
7月1~6日
による発生盛期
~8月3日
注1.有効積算温度による推定発生盛期は、1kmメッシュ気温データ(東北農研センター提供)
の最高気温、最低気温を用い、三角法により算出。
2008年
鶴岡市中川代
第3世代
8月24日
-
8月29日
-
8月22日
-
8月27日
-
考 察
発生早期化・
年間発生回数
の増加の可能性
について
表 気温が2℃上昇したと仮定した場合の有効積算温度による
フタオビコヤガ推定発生時期
世代
生育
ステージ
ステージ別積算気温
到達日
ステージ別積算気温
到達日
(気温が2℃上昇した
場合)
越冬世代
成虫
5月2日
4月23日
幼虫
5月8日
5月2日
蛹
6月7日
5月25日
成虫
6月15日
6月4日
幼虫
6月20日
6月9日
蛹
7月6日
6月25日
成虫
7月11日
6月30日
幼虫
7月15日
7月4日
蛹
7月28日
7月17日
成虫
8月2日
7月21日
幼虫
8月5日
7月24日
蛹
8月19日
8月4日
成虫
(8月25日)
8月8日
幼虫
-
8月12日
蛹
-
8月25日
成虫
-
(8月30日)
第1世代
第2世代
第3世代
第4世代
第5世代
注.使用した気象データは2008年の山形水田農試観測の1時間毎の気温
データ。
まとめ
フタオビコヤガの発生時期については、気温
データにより概ね推定が可能であった。
近接する地区であっても標高等により気温条
件が異なる場合には防除時期も異なる場合
がある。
本種はほぼ気温により発生時期が決まること
から、温度条件の変化により、発生回数(防
除時期)や被害様相等の変化があることが示
唆された。
ダウンロード

水稲害虫フタオビコヤガの発生時期に及ぼす気温の影響について